2016/08/22

真夏のアジサイを楽しむ

皆さま、夏休み延期でご無沙汰しました。皆さまのブログへのご訪問も再開していた
のですが、コメントを残す元気が出なくて素通り、失礼させていただいていました。
今日からは元通り再開できるかしら。 記事は季節の振り返りにますます拍車?が
かかっていると思いますがご容赦ください~
 
 
リオ・オリンピックが閉幕しますね。たくさんの楽しい時間を楽しませてもらいました。
その間にも自然災害被害やテロは止まず、でしたね。 残念です。
 
今日は、台風9号が昼前後に関東~東海地方に上陸でしょう。 その後北日本を
縦走しそうですね。 わが家辺りのほぼ真上を通っていく感じかな??
大きな被害が出ないよう祈っています。
皆さまくれぐれもお気をつけて、決して無理をなさいませんように。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
さて、それでは夏休み前に起こしてあったストック記事より、季節の振り返りです。
 
6月の初めに見た アジサイたち は、こちら の記事にまとめましたが、7月半ばの
「花菜ガーデン」では、こんな 「アジサイたち」の姿 を楽しむことができました。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclub
 
 
 
    160717_58
 
 
                最初に目に飛び込んできたのはこれ
                    ちょうど 咲き初めでした
 
         ノリウツギ‘グランディフロラ’ (=ミナヅキ でいいのかな?)
                   別名 : ピラミッドアジサイ
 
          すべて装飾花からなり 花穂がピラミッド型をしています
 
 
    160717_62
 
 
 
 
 
          160717_64
 
 
 
 
 
 
 
 
    160717_67
 
           咲き終わった手毬型のアジサイのガクの色が褪せて
          いわゆる 『秋色アジサイ』 と呼ばれる色になったもの
              独特の趣のある渋い色合いがステキです
 
         このタイプのアジサイは 今年伸びた枝に花芽が付くため
     来年も花を楽しむには 7月頃には剪定を済ませなくてはいけませんが
      色変化を楽しめるよう この一群れは剪定を遅らせてあるようでしたョ
 
 
 
 
 
 
 
    160717_65
 
            手前に 花後赤く変色した 「カシワバアジサイ」
        奥に グリーンに変色した 「アナベル」  これらも綺麗でした
 
 
 
 
 
 
          160717_70
 
            こちらも  花後に変色した 「カシワバアジサイ」
             重たげに垂れた 八重の花穂が豪華でした!
                 葉も紅葉して味わいが出てますね

 
 
 
 
 
 
咲き始めたばかりの ノリウツギ の瑞々しさと、咲き終わってガクの色が変化した
アジサイたち の渋い色合いとが、お互いに引き立て合い、どちらもより美しく
感じられた、7月半ばでした。
 
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2016/08/18

夏休み中に

皆さま、こんにちは。 ご無沙汰しています。
連日、オリンピックで、甲子園で、熱い闘いが繰り広げられていますね。
嬉し涙に悔し涙に、興奮で胸を熱くしています。
 
さて、夏休み中の私は、山口県は宇部の夫の両親のもとへの帰省からも無事帰宅。
今日からいつもの日常が戻ってきました。
が、自分でもびっくりするくらいエンジンがかかりませぬ (´д`;)トホホ…
いろいろな疲れが溜まっているのかしら。
そんなわけで、あと少しだけ夏休み延期させてくださいね。
 
今日は、夏休み中に撮った2枚きりのスマホ写真を添付させていただきます。
 
 
 
 
    20160814
 
            宇部滞在中にご馳走になった 「フルーツカレー」
 
               カレールーに 生のフルーツがゴロゴロ
                  こんなの初めて食べました
 
    桃・リンゴ・オレンジ・メロン・スイカ・イチジク・柿・ブドウ・プラム・パイナップル
              これで10種類 他にも入ってたかしら??
 
                美味しい & 楽しい カレーでした
                 「 Curry House NEW OX 」 にて
 
 
 
 
 
 
          201608152_mozi
 
              久し振りに飛行機窓から見られた富士山
 
             今回の 東京羽田←airplane→山口宇部 間は
             往復とも ほとんど雲海の上の飛行でしたが
        帰りに見た 雲海からちょこんとてっぺんを覗かせた富士山は
                今回もまた新たな感動をくれました
 
 
 
          

| | トラックバック (0)

2016/08/11

ひっそりと マンリョウの花 & 夏休み

まだ先のことですが、秋が深まると赤い実をつけた植物が目に留まるようになります。
「マンリョウ」 もそのひとつですが、花は目立たずひっそりと咲きますね。
数年前、鳥の落し物から生えてきたわが庭の「マンリョウ」も、気をつけていないと
知らない間に咲き終わってしまっています。
今年は蕾に気づいてから咲くのを待って何とか写真を撮りました。
『位置が低い・下向き・日陰で暗い・蚊がわんさか寄ってくる』 という4重苦(?)
の中でのそそくさ撮り。 証拠写真でしかありませんが、せっかくなのでUPさせて
いただきますね。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    160627manryou_tubomi
 
                   もう咲きそう  と撮った 蕾
 
            でも 咲き初めまでは 結構日数がかかりました
 
                      ( 6/27 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    160708manryou1
 
              やっと 1輪 咲いているのを見つけたのは
 
              蕾を撮った日から 12日後 のことでした
 
                     ( 7/8 撮影 )
 
 
 
 
 
    160708manryou2_cut
 
            こんな花  花や花柄などに黒い点々がありますね
     葉も 光に透かして見ると 黒い点が見えるそうです (自分では未確認)
 
        中央に集まった雄しべの中から 雌しべが長く伸びていました
 
      この後 いつ満開になったのか 花の様子に変化があったのか否かは
 
                  観察せずじまいでした (^^;)
 
 
 
 
 
 
 
    160805manryou_mi
 
 
               そして いちばん花撮影から 約1ヵ月後
 
       こんな小さな緑の実ができていました  緑の実にも 黒い点々が
 
                      ( 8/5 撮影 )
 
 
    160805manryou_mi_cut
 
 
      これから少しずつ大きく丸くなって やがて赤く色づいていくのですね
 
                       楽しみです
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 clover clover clover clover clover
 
 今日~ 夫の休みに合わせて、当ブログも恒例の夏休みとさせていただきます。
 その間いただいたコメントへのお返事が遅れますこと、皆さまのブログへの
 ご訪問もお休みとさせていただきますこと、ご了承くださいませ。
 
 とても暑い日が続きます。皆さまもどうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
 お休みの方もそうでない方もお元気で。 再開しましたらまたよろしくお願いします。
 それではまた (^^)/
                                    clover clover clover clover clover
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/08/08

オニユリ

オリンピックが開幕し、広島の原爆の日の式典があり、高校野球も開幕、
今日は天皇陛下のお気持ち表明の放送があって、明日は長崎の原爆の日…と
盛りだくさんな週末~週明けです。  あ、イチローおめでとう!
 
今日も暑くなりそうですが、関東は台風接近に伴って風が強めに吹いていますから
少し凌ぎやすくも感じます。
 
 
さて、今年も 「オニユリ」 が綺麗な花を見せてくれました。 一昨年、新たに適当に
埋めておいたムカゴからの株も、30~40cmに育った何本かが、ムカゴをつけました。
来年辺りひょっとしたら1輪くらい花が咲くかもしれません。
 
毎年代わり映えのしない写真ですが、今年のオニユリさんも、見てやってください。
       (sun写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          160712oniyuri_tubomi
 
                      開花前日の蕾
           斑点も透けて見えて 羽化直前の蝶の蛹のようです
 
 
 
 
 
 
          160713oniyuri7
 
                        開 花 ~
 
 
 
 
 
 
160713oniyuri3 160713oniyuri6_2
 
          下からのアップ                強い反り返り
 
 
 
 
 
 
          160713oniyuri8_2
 
                      花粉いっぱいの葯
 
 
 
 
 
 
          160712oniyuri_mukago
 
                      葉脇のムカゴたち
 
 
 
 
 
 
          160719oniyuri2
 
 
 
 
 
 
雌しべもあり、花粉たっぷりの雄しべもあるのに、「オニユリ」は結実せず、代わりに
葉脇にできる「ムカゴ」が地面に落ちて殖えていく…
 
これが一般に言われていることですが、 『自生地の「オニユリ」は2倍体で結実する
ものが存在する』 という記述を見かけました。 真偽や現存するのかは不明ですが、
そうであったらイイナと感じましたよ。
わが家の「オニユリ」は結実せずムカゴで繁殖するタイプ。
新しい株も元気に育ち、長く咲いていって欲しいと願っています。
 
ちなみに、わが家の「オニユリ」の親株は、生えていた場所の開発にともない、
消滅してしまいました。
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2016/08/04

ハスの花に会いに

今夏、ニュースやブログ記事で「ハス」を目にし始めたのはいつ頃からだったかしら‥
『今年は見に行けなさそう』と諦めていましたが、思いがけなく見ることができました。
し・あ・わ・せ confident heart 神奈川県立花菜ガーデンの小さな蓮田でのことでした。
アグリゾーンの中の田んぼの一部にハスが植えられているもので、今年は7月頭には
見ごろを迎えていたようです。
 
その日、園内に入ったのは9:30過ぎ。 天気は cloudsun
最盛期ではなかったかもしれませんが、十分雰囲気を楽しめました。
花期は7~9月頃ですが、今年はすでに咲き終わった所も多いかもしれませんね。
ご覧になった方もなれなかった方も、見てやってくださいね。 こんな感じでした♪
       cute(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    160717_3
 
 
 
 
 
 
    160717_7
 
 
 
 
 
 
          160717_16
 
           開く前の丸まった葉っぱと  まだちっちゃな蕾 です
 
 
 
 
 
 
          160717_11
 
                     大きく膨らんだ蕾
 
 
 
 
 
 
    160717_14
 
           ぷるるん ハスの葉は水を弾きます (ロータス効果)
 
 
 
 
 
 
    160717_12
 
 
 
 
 
 
          160717_10
 
 
 
 
 
 
          160717_9
 
            シャワーヘッドのような 花托(かたく)=ハチス
               この点々ひとつひとつに実ができます
 
 
 
 
 
 
    160717_5
 
            蕾からハチスまで いろいろな姿が楽しめますね
 
 
 
 
 
 
    160717_8
 
 
            なぜか分かりませんが ハスの花に向き合うと
    綺麗~ 可愛い~ と思うと同時に 心が落ち着いていくような気がします
 
 
 
 
 
    「ハス(蓮)」 : ハス科 ・ ハス属  温帯アジア原産の多年生水生植物
 
 
    Wikipedia のハスのページに書かれていた 「花言葉」 は 「雄弁」 でした。
    なるほどねー と納得です happy01
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2016/08/02

今年の ネジバナ

皆さま、こんにちは。
週末~週明けに、色々重なっていたうちの一つは一泊遠出でした。
土・日がポージィのふるさとの夏祭り(国府祭り)でしたので、日曜に1泊で行って
来ました。 楽しいひと時を過ごし、月曜夕方帰宅。 楽しさと遠出の疲れは別口で、
昨日は疲れから眠くて眠くて… なのに雷雨thunderに何度も起こされ、まだ眠い sleepy
そんなわけで、今日もコメント欄閉じたままでゴメンナサイ sweat01
 
 
さてさて、「ネジバナの」はご覧になったことがおありの方が多いでしょうね。
花後の果実や種はいかがでしょ? 私は、花後の茎にポコポコ膨らんでくる
緑の果実は見ていますが、やがて完熟して茶色くなった中に入っている種子は
見たことがないままです。 検索してみると、はわずか 0.4 mm 程なのだそうです。
小さいですね! 翼(?)が付いていますョ。 すっかり枯れ色になったネジバナの実を
振ってみると、うっすら煙のように粉が舞い散ります。 小さくてたくさんの種たち…
風に乗って遠くまで運ばれていきそうですね。
 
わが家にやってきた 「ネジバナ」 も、そうやってどこからか旅してきたのでしょう。
最初は庭に2株生えました。 その内1株は消えてしまいましたが、その代わりの
ように鉢植えに1株、翌年さらにもう1株生えてきました。(自然に任せています)
今年は、庭の2本と鉢植えの中の3本、計5本を楽しませてもらいました。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
          160627nezibana1_cut
 
                   こちらは 庭に咲いた2本
                      淡いピンクです
 
 
 
 
 
 
          160627nezibana5
 
                  鉢植えの 3本中の内の 2本
                   庭のものより濃いピンク
 
 
 
 
 
 
          160627nezibana6_cut
 
              接近して撮って さらにトリミングしました
                     どうにかこうにか
 
         ざらりとした質感の ガラス工芸のような ラン科らしい花
                    きらめきが美しいです
 
 
 
 
 
 
          160627nezibana7
 
              7月上旬には 花序の上まで咲き終わり
            果実熟成後 下旬には種が舞い散り始めました
 
          来年また近くの鉢の中で 新たな芽生えがあるかしら?
             楽しみですが 同時に植え替えするときには
            どうしたもんじゃろうのぉ~‥ と 悩み中です
 
 
 
 
 
 
   「ネジバナ(捩花)」 : ラン科 ・ ネジバナ属   別名 「モジズリ」  多年草
                  花器 6~9月 ころ
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/07/28

ピカピカに光って

6月の初め、アジサイを見に行った公園の一角には、ラベンダーもひとかたまり
咲いていました。 ちいさな花たちがちょうど満開で、その小さなステージを紫色に
染めていました。 ステージでは白い衣装をまとったモンシロチョウが独り芝居。
紫に白が映えて綺麗でした。
 
ステキ♪ とカメラを向けましたが、観客がお気に召さなかったようで、すぐに幕が
下りてしまいました。 かろうじてカメラに納めた3枚きりの写真です。
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    160603lavender1
 
 
 
 
 
 
    160603lavender6_monsirotyou4
 
 
 
 
 
 
    160603lavender3_monsirotyou1_cut
 
 
 
 
 
ラベンダーは イングリッシュラベンダー かしら?
いつの日か富良野のラベンダー畑を見てみたいものです… confident
ちょうど今頃は見ごろでしょうか…
 
ピカピカのお日さまの下、ラベンダーもモンシロチョウもピカピカに光って、
浮かんできたのが
  「今のキミはピカピカに光って あきれかえるほどとてもステキ ♪」
という懐かし~い歌。 ということでのタイトルでした shineshineshine bleah
 
 
 
clover clover clover clover clover
 
 この週末~週明けは色々重なっていますので、コメント欄を閉じさせていただいて
 います。 明日からのご訪問もしばしお休みさせていただきます m(_ _)m
 8月には恒例夏休みも予定していて、この先こんなことが多くなりますがご了承
 くださいね。
 
 久し振りに雨の心配のない今日、まずは庭作業をしましょ。長袖・長ズボンに
 ゴム手袋・ネット付き帽子・虫除けスプレーの完全防備で蚊を防ぎながら~
 この姿で作業をしていても、ネットの向こうには常に蚊が5~6匹何とか隙を
 ついて血を吸おうとふよふよしています。ジーンズの上からでも刺しますよ bearing
 なにしろ、お隣空き地の藪が深いですから。 それでは頑張ってきまーす happy01
 

| | トラックバック (0)

2016/07/25

佳麗に たくましく

5月の終わり頃から、そこかしこで 「コヒルガオ」 の花を見かけるようになりました。
淡いピンクと白の美しい花。 朝の内だけでなく、昼間も咲いていて、慌てなくても
花を楽しめるのも嬉しいです。
 
花は佳麗で儚げでもあるけれど、逞しい生命力をもつ植物でもあります。
結実は滅多にしないそうで、繁殖はほとんど地下茎で。 土中で千切れた地下茎が
運ばれた先で芽を出し…拡散されていくようです。 この性質は 「ヒルガオ」 も一緒。
 
あまりに地下茎が逞しくなったので、受粉して結実することをやめたの?
それとも、結実がなかなか上手くいかなくて、地下茎が頑張ったの? 謎ですね。
 
初夏 6/1 に出会った 「コヒルガオ」 見てやってください。
ちなみに、とてもよく似ている 「コヒルガオ」 と 「ヒルガオ」 のいちばんの違いは、
花柄に小さな翼があるかないかだそうです。 あれば 「コヒルガオ」 (やっと覚えた)
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    160601kohirugao2
 
              ちょっと濃い目花色の2輪 仲良く並んで
 
                翼があまりに小さかったけれど…
 
         検索していると 「アイノコヒルガオ」 なる名前が出てきます
             ヒルガオ と コヒルガオ の交雑種とされる と
         結実しにくい同士の間の交雑って 相当確率低そうですが
   一株でも生まれれば やはり地下茎でどんどん殖えていくのかしら? 不思議
 
           個人的には みんな ヒルガオ でいいんだけどな smile
 
 
 
 
 
 
          160601kohirugao7
 
                 こちらは淡い花色 寄りそって
 
 
 
 
 
 
          160601kohirugao4
 
                   お馴染み 螺旋状の蕾
 
                  蕾には 小さな蟻がいました
 
 
 
 
 
 
    160601kohirugao8
 
                重なり合った 横顔と 細い蔓と…
          花びらの透明感も感じられ 美しさに強く惹かれました
 
                 まだまだ 夏中楽しめる花ですね
 
 
 
 chick 先日は慌てふためいた文をば、失礼しました。
    補聴器は片方ドック入りしていますが、代品を貸していただけて ホッ です。
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2016/07/21

ナンテン 蕾の情景

6~7月が花期で、今年の花はもう咲き終わったと思われる 「ナンテン」ですが、
今年は蕾の情景につよく心惹かれました。
梅雨入り前の爽やかな風の中、レースのような美しさに感じましたよ。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
          160601nanten1
 
                米粒のような 蕾 がいっぱいです
 
                ハエが1匹 翅を休めていました
 
 
 
 
 
 
          160601nanten3
 
              ほんの 1~2輪 咲いた花がありました
                   パイオニア? 先遣隊?
 
       花弁状の花被片はすでに散り 黄色の雄しべが目立っています
             そこに向かって トンでいく小さな虫の影あり
        (黄色の雄しべ左上方 白っぽいゴミみたいな点がそれです)
 
 
 
 
 
 
          160601nanten4
 
              風に揺れながら 咲くときを待っていました
 
 
 
 
 
 
  「ナンテン(南天)」 : メギ科 ・ ナンテン属
                 中国原産で古い時代に渡来した栽培種が野生化したと
                 されているそうです。
 
 
 
 pencil pencil pencil
 
  急用ができてしまいましたので、コメント欄閉じさせていただくことにしました。
   (!?補聴器が故障!? 緊急事態です~ sweat01 )
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016/07/19

初夏 こま撮り その2

17日の日曜に、今年は見られないかな‥と半ば諦めていた「ハス」の花を見てくる
ことができました。 記事にできるのはだいぶ先のことになりそうですが。
 
さて、前記事の続きになります。 
梅雨入り目前の6月初旬、ご近所散歩のときに パチリ camera 切り取ったシーンたち
その2 は、草花系でまとめて並べさせていただきました。
今も現役で咲き続けている花もあれば、次の季節のお花たちにバトンタッチした
花もありですね。
 
 
 
    160601hirubanayuugesyou2_2
 
                    アカバナユウゲショウ
 
             可愛い♪  でも撮るのは久し振りだったな
 
                  少しまとまって咲いていました
 
 160601hirubanayuugesyou3
 
          160601hirubanayuugesyou4_2
 
 
 
 
 
 
 
    160601katabami1
 
                        カタバミ
 
        庭や畑では厄介者扱いされることも多いけれど 可愛い花です
 
                  葉っぱが 綺麗なハート型 heart
 
       160601katabami2
 
 
 
 
 
 
 
    160601yaedokudami
 
                       ヤエドクダミ
 
       わが家の鉢植えのもの  今年は花つきが少なく寂しかったです
 
                お客さんは チビ・カマキリちゃん
 
    160601yaedokudami_kamakiri1
 
 
 
 
 
 
 
160601tatiaoi1 160601tatiaoi3
 
                       タチアオイ
 
            梅雨入り前から もうかなり咲き進んでいたもの
 
    その後通りかかったら 梅雨明け前に 天辺まで咲いてしまっていました
 
 
 
 
 
 
 
    160601rakkasei1
 
                       落花生畑
 
                 黄色の花が咲くのは 7月ころ
        地中で育った落花生が収穫できるのは 9~10月ころ ですね
 
 
   160717rakkasei_hana
 
    見え辛い写真ですが
 
    7月半ば
 
    咲いていましたョ
 
 
    花後 子房柄という部分が
    地中にもぐっていき実となります
 
 
 
 
 
 
 
ただただ並べた 初夏のこま撮りシーン。
その1 の「枇杷」と「柿」に始まり、その2 の「落花生」にておしまいです。
( 食べ物に始まり食べ物に終わる…  だから何? ぃぇ意味はありませんsweat01 )
 
 
この後、用事やら雨やらで、またしばらくお散歩できない日が続いてしまいました。
次にこま撮り camera するのはどんなシーンになるかしら。
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2016/07/14

初夏 こま撮り その1

まだ梅雨入り前だった6月初旬、ご近所を一巡りしてみました。
その時目を留めてパチリ camera 切り取った初夏の植物たちを、2回に分けて並べさせて
いただこうと思います。 カレンダーは7月も半ばにさしかかっていますが、
ちょっぴり懐かしんで下さいませ。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
160601biwa_mi 160601kaki_mi
 
      だいぶ色づいた「枇杷の実」  と  まだ青くて小さな「柿の実」 baby
 
            果実を見つけるとなぜだか嬉しくなりませんか?
 
 
 
 
 
 
          160601himesyara2
 
                ヒメシャラ  花の直径は 2cm ほど
 
       ツバキ科・ナツツバキ属 で 「コナツツバキ」の別名もあるそうです
 
 
 
 
 
 
          160601zakuro3
 
 
          ザクロ の花は 初夏のころ緑にとても鮮やかに映えます
 
               花びらの外側の 肉厚部分はガクです
     花後 実を結ばずガクが落下している様子は タコさんウィンナーそっくり
 
           今は グリーンの果実が だいぶ膨らんできています
 
 
    160601zakuro1
 
 
 
 
    160601zakuro5
 
 
 
 
 
 
 
          160601soyogo1
 
             白い小さな花も咲いていました  ソヨゴ です
 
        晩秋~初冬の 赤い実は見ていましたが 花は初めて見ました
           花が咲き終わったものは さっそく緑の実に変身中
 
              今は 緑の実がぶら下がっていますよ~
 
 
 
 
                    その2 では草花系をアップさせていただきますね。
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016/07/11

ナツツバキ 2016年

毎年の初夏の恒例アップとなっております、わが庭の 「ナツツバキ(夏椿)」 。
今年はちょうど6月1日~咲き始めました。 昨年より少~し蕾の数が少ない?
でもたくさんの蕾が付き、いちばん花開花後は次々と貴婦人然とした美しい花を
咲かせ続けました。
 
例年だと7月半ば頃に咲き終わりますが、今年はこの週末(7/10)に最後の花が
咲き終わった‥かな? 少し早めの咲き終わりです。
一日花なので最盛期には落花が地面を埋めます。
花の形ごとポロリと落ちるのは、春を中心に咲く 「ツバキ(椿)」 と同じですが、
「ナツツバキ」の花は落ちるとすぐにくったりし、みるみる変色しとろけていきます。
 
それでは、今年の 「ナツツバキ」 の色々な表情を見てやってください。
撮影は 5/31~6/14 にかけて。 例によってずらっと並べさせていただきました。
お目に留まったものがありましたら、クリックで大きめ写真もご覧くださいませ。
 
 
 
    160531natutubaki_tubomi2
 
                       たくさんの蕾
          5月下旬から 咲き始めたかな? と眺めるのが日課に…
 
 
 
 
 
 
    160605natutubaki10
 
                  2階ベランダから見下ろして
       下寄り中央付近 枝と枝の間に見える白っぽいものは 落花です
 
 
 
 
 
 
    160607natutubaki9
 
 
               いちばん花は 6/1  梅雨入りは6/5
         梅雨入り後は 雨に濡れて咲く姿を見る日が多くなりました
 
 
    160607natutubaki8
 
 
 
 
 
 
    160609natutubaki1
 
      それぞれの花は一日きりの花  どこから先に咲くかもわからない
         この日は 珍しく ライン状に並んで咲く姿を見られました
 
 
 
 
 
 
          160613natutubaki1
 
                株立ちの幹の1本といっしょに
 
 
 
 
 
 
          160609natutubaki3_2
 
 
          毎年  美しい なんてステキ  と惚れ直しています lovely
 
 
    160613natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    160614natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    160614natutubaki1
 
    蜂たちに人気で 雄蕊の中にもぐりこむようにしているのを よく見かけます
                この写真でも いちばん左の花に
 
 
 
 
 
たくさんご覧いただきありがとうございました。今年2016年のお披露目はこの辺で。
 
 
 
          「ナツツバキ(夏椿)」 : ツバキ科 ・ ナツツバキ属
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2016/07/07

贈る花

今日は七夕ですね。 当地の今のお天気は晴れ sun このままいけば、織姫と牽牛の
night 逢瀬を見届けられるかもしれませんが、午後からは大気の状態が不安定になって
thunderrain のところも…という予報。 はて、どうなりますか。
 
さて、今日は久し振りにフラワーアレンジメントの習作をアップさせていただきます。
贈る花 ということで、織姫と牽牛に捧げることといたしましょ present
 
近年の私のフラワーアレンジメントの勉強は、様々な造形や異素材との組み合わせ、
吸水スポンジなしでの花の留め方などを教わることが多いのですが、
ときにはシーズナブルなものやギフトも教えていただきます。
そうした作品のときは、気持ちもいつもよりちょっぴり華やぎウキウキします♪
       (night写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
その1. 花束
 
          201604074
 
 
         作ったのは春 ということで春の小花いっぱいの花束です
             若草色のラッピング紙も 一役買っていますね
       そのラッピング紙の外側を 今回ドラセナの葉で包んでいますが
           もっと大きな ウチワヤシの葉などでくるりと包むのも
                  より 雰囲気あり だそうです
 
      小花たちのほとんどは 先生がお庭のものを摘んできてくださいました
 
 
    201604077
 
                   クールでカッコイイ雰囲気も
 
 
 
 
 
 
 
その2. キャリー ギフト
 
    201605122
 
 
                   持ち手つきのアレンジメント
 
           バスケットなど 持ち手つきの器にアレンジすることは
          珍しくありませんが これはオリジナルの持ち手付きです
 
                  器にしているのは なんと 紙筒
                   サ○○ラップの芯のような形
        切込みを入れた中に セロハンを敷いて給水スポンジをセット
 
              切込みを複数ヶ所にいれたり 縦に使ったり
                    使い方はアイデア次第
            ちなみに紙筒の両端は折り込んで塞がれており
              刷毛で白い塗料を塗って 変化をつけました
 
      ひとつ難点かなと思ったのは 筒状のため置くとコロリンと倒れること
              そこで 石を転がり留めにして置いています
           まぁ この石も 雰囲気に一役買っているのですけれど
 
 
 
 
アレンジ自体が手作りなのですが、メインのお花の部分以外にも手の跡が見えると、
さらに手作りの温もり感が増すかもしれませんね。
 
 
 
  present clover present bud present
 
     今回は都合によりコメント欄を閉じさせていただいています。
 

| | トラックバック (0)

2016/07/04

紫陽花 を楽しむ 2016

いやいやいや 梅雨前線がグッと北上して、急激に暑くなりました!
一気に梅雨明けして真夏が来たかのよう。 汗が止まりませんゎ。
もしやこのまま梅雨明けになってしまうのかしら???
 
梅雨時の花として大人気の 「アジサイ」 。 今年は咲き始めも咲き終わりも早目と
感じます。 まだ北側のものはのんびり色づき中のものもありますが、多くが
色褪せてきていますね。
 
「アジサイ」 たちがいちばん注目されるのは色づいてきてからですが、
冬芽・芽吹き・蕾の登場と生長・色づき始め・開花・色変化・葉の季節・ドライの花…
と、四季を通して楽しみがあります。
 
私も、ご近所に咲く様々な 「アジサイ」 から楽しみをいただいています。
今年は、徒歩15分ほどのところにある公園で少しばかりカメラに納めてきました。
皆さんより遅いアップに、もう見飽きた~と思われるかもしれませんが sweat01
気が向かれましたら見てやってください。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          160601azisai1
 
           小振りの ガクアジサイ  ヤマアジサイ かなぁ…
 
      これだけは前述の公園ではなく 造園屋さんストック場のものです
 
 
 
 
 
 
    160603azisai3
 
              まだグリーンの残る 色づき途中の姿
                   初々しくて大好きです
 
 
 
 
 
 
    160603azisai4_2
 
                  斑入りの葉の ガクアジサイ
        白い装飾花 青色の両性花 白い斑入りの葉  お洒落です
 
 
 
 
 
 
    160603azisai11
 
            ピンクの装飾花 紫色の両性花の ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
    160603azisai5_2
 
           花の上の 光と影のコントラストが とても綺麗でした
 
                     紫色のガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
    160603azisai9_2
 
                   大きな 桜の木の下で ♪
 
                      ブルーの 手毬型
 
 
 
 
 
 
          160603azisai7_2
 
                  スカシユリ の 蕾の向こうに‥
 
 
 
 
 
 
          160603azisai6
 
              木漏れ日踊る あじさい小道  ミニミニ版
 
                     良い雰囲気でしたよ
 
 
 
 
 
 
          160603annabelle3
 
           アナベル も グリーンから白へと 色づき中でした
 
            アナベル は アメリカノリノキ の園芸品種ですね
 
 
 
 
 
今シーズン、私が撮った 「アジサイ」 は以上です。 撮影は 6月1日と3日 。
当時、咲き始めているものはまだ一部でしたが、ちょうどいちばん好きな頃合いと
向き合えて嬉しかったです。
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2016/06/30

風薫る公園で

前記事の続編です。
 
長袖1枚でちょうどいい気温に爽やかな風の吹く、5月下旬のある日の公園。
水辺近くの木陰でのんびりしていても、蚊に刺されることもなく(これ重要 ^^)、
心地よいひとときを過ごすことが出来ました。
 
先日、「トキワツユクサ」 はご紹介しましたが、その他にちょっぴり撮ったものを
並べさせていただきましょう。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    20160522_16
 
              みな 思い思いに自然と触れ合うひととき
 
 
 
 
 
 
          20160522_6
 
               ぽつりと咲いていた 「ハナショウブ」
 
               濃い紫色が 緑に映えて鮮やかでした
                   すっきりした姿も魅力的
 
     このときは咲き始めのころ  時は移り今はほぼ咲き終わりだそうです
 
 
 
 
 
 
          20160522_7
 
                      「コヒルガオ」
 
               巻きつかれていたのは 「ハンゲショウ」
 
 
 
 
 
 
    20160522_8
 
          「ナナホシテントウ」 が休憩していたのも 「ハンゲショウ」
      「ハンゲショウ」 葉が白く変色して花を咲かせるのは7月初旬ころかな?
                  ( 今年の半夏生は7月1日 )
        と思っていたら 6月半ばにはすでに白化 花も咲き始めました
 
             艶やかな緑に 赤!  これまた鮮やかですね
 
 
 
 
 
 
    20160522_20
 
 
                     「クマシデ」 の 果穂
 
          果穂(かすい) = 小さな果実が穂状に多数集まったもの
 
                 たっくさん ぶらさがっていました
 
 
    20160522_23
 
 
 
 
 
 
      椅子に掛けて、コンビにおにぎり食べて、ちょっとだけ写真を撮って、
          穏やかな風に吹かれながらぼーっとして… 1時間余
              じゃ そろそろ帰ろうか と引き上げました
 
             帰り道 夫はしきりにくしゃみをしていたなぁ
             イネ科の草たちの花粉に反応したようでした
 
           あれからひと月余 ゆったり時間は持てていません
                    次はいつ持てるかしら 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

«トキワツユクサ の 星空