2018/07/11

夏椿 - 2018 -

わが家の 「ナツツバキ」 は、今年のいちばん花は昨年より1週間早い 5月28日に
咲きました。 今年の春は芽吹かなかった枯れ枝が例年より増え、蕾は大量だった
昨年と比べるとだいぶ少ないように感じました。
昨年は7月下旬までかけて順々に咲いていったのが、今年は7月中旬で
ほぼ咲き終わった様子です。 庭の環境、気象の影響を色々受けているのでしょう。
 
 
大好きな 「ナツツバキ」 の花、今年は西日本の豪雨でお亡くなりになった方々へ
手向けます。 お辛かったでしょう… 安らかにお眠りください。
そして、大変な生活・思いを強いられている皆さまに、一日も早く平穏な日常が戻り
ますことを心よりお祈りいたします。 どうぞお気をつけてお過ごしください。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180528natutubaki4
 
            5月28日に咲いたいちばん花三輪の内の一輪
 
 
 
 
 
 
    180530natutubaki2
 
 
 
 
 
 
    180604natutubaki2
 
 
 
 
 
 
          180604natutubaki5
 
 
 
 
 
          180607natutubaki3
 
 
 
 
 
 
    180607natutubaki5
 
 
 
 
 
 
          180613natutubaki6
 
 
 
 
 
一斉に咲いて木全体が花に覆われるような咲き方ではないですし一日花ですから、
昨日はあちらの枝、明日はこちらの一輪と、ぽつりぽつりと咲いていきます。
そんな風情も 「ナツツバキ」 の魅力だと思っています。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。
 
 
               clover 今回はコメント欄を閉じさせていただいています m(_ _)m
 
 

| | トラックバック (0)

2018/07/04

歩けばアジサイの彩り

関東甲信越では早々に梅雨明けが発表され水不足が心配ですが、一方では
大雨・洪水・台風・竜巻などの被害に見舞われる地域もあり、今年の夏も色々と
思いやられますね。
 
晴天と暑さが続いた関東も、今日から4日ほどはcloudrainがちの予報。
強風はもうずーーーっとで、植物たちが揉まれっぱなしでかわいそうです。
「オニユリ」 の蕾が5つも、風に揉まれねじれてダメになってしまいました。
今日明日さらに強まりそうで、そのうち茎ごと折れるかもと気が気じゃありません。
 
さて今日は「アジサイ」を。 雨が似合う花 梅雨どきの花 などと言われますが、
多くの花が平年より早く咲き始める今年は、梅雨入り前から咲き始めた株が
たくさん見られました。 いちばん早くに咲き始めたものは、梅雨入りした頃には
咲き終わっていたものもありましたよ。 急ぎすぎでしょ~
それでも、たまに株の陰の方でやっと色づきつつあるものもあって、暑い中に
爽やかさを感じさせてくれます。
 
アジサイの有名どころ や アジサイ祭り などには出かけていませんが、
幸い、用事の外出で近所を歩くだけでも、様々な アジサイ が見られます。
アジサイの人気に感謝ですね。
 
そんな用事外出ついでに、スマホで撮ったアジサイを並べてみました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnail
 
 
 
          180525azisai2
 
                    色づき始めのころ
 
 
 
 
 
 
          180529azisai1
 
               様々な色づき具合のミックスが綺麗
 
 
 
 
 
 
    180529azisai3
 
                   小さな公園の植え込み
 
 
 
 
 
 
    180529azisai2
 
  装飾花の萼片が内側にまるまっているのが特徴的な ウズアジサイ (咲き始め)
 
 
 
 
 
 
    180529azisai4
 
                       ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180525azisai3
 
              色づきスピードの差は 日照量の差かしら?
 
 
 
 
 
 
          180614kasiwabaazisai
 
              重たげに頭を垂れる カシワバアジサイ
 
 
 
 
 
 
          180614annabelle
 
           淡いグリーン ⇔ 白 の色変化が爽やかな アナベル
 
 
 
 
 
 
          180617gakuazisai1
 
    紫の装飾花と 濃いブルーの両性花の取り合わせが美しい ガクアジサイ
 
 
 
 
 
 
              5月下旬から6月中旬にかけて撮ったアジサイたちでした。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/06/27

ツルニチニチソウ

梅雨前線が北の方にいて、南関東は梅雨明けしたような天気が続きそうな今週です。
5月のころの晴天と明らかに違うのは湿度。 高湿高温は不快感もupですね。
今日は強い南風が吹いて風が通るのでまだ凌ぎやすいかな。
洗濯物は吹っ飛びそうですが~
熱中症と、東北や北海道では大雨にも要注意ですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さてさて、今日は、これまた‘いまは観葉中’の 「ツルニチニチソウ」 を。
  
この冬は、南関東でもかなり低温になる日が繰り返されましたから、
常緑で耐寒性・耐暑性・耐陰性にすぐれ丈夫な(わが家の環境にぴったり)
「ツルニチニチソウ」 にも、さすがにダメージがあり、冬の終わりには枯れ枝と枯葉が
目立っていました。 でも私の心配をよそに、春暖かくなってきたらどんどん新芽が
伸びてきて、いつしかわさわさと元通りに茂って花も咲きましたょ。 さすが!
嬉しかったので記念写真をパチリパチリ camera happy01
アップさせていただきますね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    180419turunitinitisou2
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou5
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou6
 
 
 
 
 
          180419turunitinitisou4
 
 
 
 
 
    180419turunitinitisou1
 
 
 
 
 
似た写真ばかり並べてすみません。 4月19日撮影の花たちですが5月頃まで
楽しませてもらいました。 初々しいグリーンに柔らかな紫色の花が落ち着いた趣で、
見ていると穏やかな気持ちになれるようでした。
 
今の家に引っ越してきた4~5ヶ月後からわが家の仲間になった
「ツルニチニチソウ」。 鉢から這い出たあとは自由奔放に野生化しています。
庭や庭向こうの細い空き地(暗渠)のものは夏の間に何回か切り戻しをしますが、
お隣空き地に進出してグラウンドカバーのように広がった分は放置~ sweat01
クズ、ヤブマメ、ヤブガラシ、スギナなどと共生しております。
 
ネットで情報見ると、『日向の方が花付きが良いが、白い縁取りの斑入りの葉には
半日陰が向く』 といった記述が見られますが、わが家のものは斑入りだった葉が
いつの間にか99%緑一色の葉に変わりました。 日当たり悪い所でも良い所でも
みんなです。 先祖がえりしたのかしら??
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/20

わが家の ローズ

一昨日の朝は大阪で大きな地震の報にドキリと!しました。
前日の群馬での強い地震に続いての強い揺れでしたし、
亡くなられたり(補強などの無い違法なブロック塀でだなんて!)、怪我をされたりと、
被害も大きいだけにショックです。 余震の終息と、亡くなられた方のご冥福、
お怪我や生活の一日も早いご回復をお祈りいたします。
今日の雨にもお気を付け下さい。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
皆さまのお庭やバラ園の素適なバラたちをたくさん拝見した後で気が引けますが、
わが家のローズちゃんたちにも日の目を見せてあげましょぅ confident
 
この春は、「蔓アイスバーグ」が思いのほかたくさん咲きました。
せっかくたくさん咲いたのに写真はほとんど撮れず残念‥。
強風に散々翻弄されて傷めらつけれたのも可哀想でした。
 
そして、意外だったのが、庭の「ずぼバラ」(ずぼっと挿してついた・品種名不明)が、
これまででいちばんたくさんの数の花を咲かせたこと。
それもちゃんとした大きな花が。 ついにこの環境に適応してきたのかしら。
 
花後、みるみる黒星病で葉を落としつつあるのは、蔓アイスバーグも一緒。
それでも枯れてしまわないのは病気に強い性質ということなのでしょう。
 
鉢植えの「ノイバラ」は元気だけど花数はさっぱりで、結実もダメでした。
同じく鉢植えの「ずぼバラ」(品種名不明)は6月に入ってから3輪さきました。
 
 
 
    180506cl_iceberg3
 
                      蔓アイスバーグ
 
 
 
 
 
 
    180506noibara2
 
                        ノイバラ
            全部でこれだけしか咲かず しかも貧弱な花でした
 
    180506noibara3
 
 
 
 
 
 
          180508rose_yatude
 
                      庭の ずぼバラ
            風でへし折れたヤツデの新芽と一緒に投げ活け
        ヤツデとバラは 珍しい取り合わせ? でもお似合いでした
             もうちょっと 整えてから撮ればよかった‥
 
 
 
 
 
 
    180523california_rose_fiesta1
 
                そして 今年新しく購入したローズ
 
                        んん?
 
    180523california_rose_fiesta2
 
          実は 「カリフォルニアローズ・フィェスタ」 といいます
              インパチェンスの園芸種で バラ咲き品種
                ほんと バラの咲き始めのようです
 
           このピンク↑は ‘スターダストピンク’ という品種
      もうひとつ ごく淡いピンクの ‘アップルブロッサム’ と3株植えました
 
 
180619california_rose_fiesta1 180619california_rose_fiesta5
 
  
               ということで、こちらはローズ違い smile
 
 
 
 
 以上、わが家のささやかなローズちゃんたちでした cute cute cute
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/06/13

ニオイスミレ 今は観葉中

昨日は予定通り人間ドックを受けてきました~。 肺活量も腹部超音波も、転んで
痛いと申告しつつ何とか。胸部レントゲン写真では、見えるような骨折がないことも
確認できたのでホッとしました。
鼻から胃カメラは3回目の体験ですが、慣れませんねぇ。口からよりは楽とはいえ、
麻酔のかかった喉の異物感についついウゲウゲ。 血圧が180近くまで上がって
看護師さんに「緊張しちゃってる?」 と聞かれましたが、緊張しますとも~!
緊張しすぎかもですが、緊張が敏感に血圧上げてしまうのはコントロール不能です。
帰宅したら肩や首は凝りまくり、頭が痛くなり、脇腹痛で寝不足が続いていたことも
あって眠くてたまらず半ダウン状態でした。 ともかく終わってヤレヤレです。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
さて、今日はどの花の思い出にまいりましょうか bleah
 
この冬の厳しい寒さの繰り返しで、葉がほとんど枯れてしまった、わが家の鉢植え
「ニオイスミレ」 。 枯れてしまった株も少なくない…? と思っていましたが、
春になって日光が降り注ぎ、気温の上がる日も出てくると、次々と新芽を出し、
いつの間にか初々しい葉が出揃っていました。
そして、数は少ないものの(なぜ少ないのかは??)、キリリとした紫色が美しく
愛らしい花も咲いてくれました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    180312nioisumire4
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire3
 
 
 
 
 
 
          180312nioisumire2
 
 
 
 
 
 
    180312nioisumire5
 
 
 
 
 
よく耐えてくれました。 苗を衝動買いしてきてから何年になるかしら?
株が増えてきて、そろそろまた植え替えが必要そうです。
 
・・・と、記事を書き起こしたのが3月下旬。あれから2ヶ月半経った6月中旬現在。
植え替えはしないまま放置中ですが、ちょっぴり肥料をあげたら、
まぁ~葉っぱが元気にもりもり生い茂りました。 みすぼらしかった真冬とは段違い。
もりもりわさわさ茂った葉を見て楽しんでいます。
そして、その元気な葉っぱたちの陰で、まだたまーに花も咲いています ( ´艸`)
 
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2018/06/06

春の思い出 ぶら下がって咲きました

しばらく爽やかな晴れが続きましたが、今日は朝から雨です rain
関東地方も梅雨入り発表になるかしら??
 
ところで、私事ながら一昨昨日、日曜に家の中でコケちゃいました。
ちょっと足場の悪い所で方足立ったらよろけ、手をつこうとしたけれど良い場所に
つけなくてそのままバランス崩して あぁぁ~~ sweat01 impact
どういう体勢で何にぶつかったのかよくわかりませんが、色々なものにぶつかり
引き倒しながら派手な音を立てて。 でも、ストレートにドスン!とコケたんじゃ
なかったのが幸いしたのか、大したケガなく(多分)すみました。
右あごと首の境目と、右脇腹(肋骨にヒビくらい入ったかな?)と
右膝下が痛いけれど。 寝返りのたびに脇腹が痛くて寝不足だけれど。
来週予定している人間ドックの肺活量と腹部超音波の検査(プローブでぐりぐり)に
耐えられるかちょっと心配です。 あと1週間で痛みが消えてくれないかな。
ぼーっと考え事しながら動くのはダメですね。 動作に集中しないと think
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
さて、まだまだ続いております、春・思い出の花たち‥今回もお付き合いください。
今回は、ぶら下がるようにして咲いていた花をまとめました。(未掲載写真より)
 
ぶら下がるようにして咲いて、風にふるふる揺れる花を見て、 可愛い~ ♡ と
感じる方が多いと思いますが、花にとってはそうやって咲くメリットは何でしょね?
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
       今回写真枚数が多いですから、適当に流してご覧くださいませ。
 
 
 
    180218snowdrop1
 
                 ( 2/18 撮影  スノードロップ )
 
      ちょっと離れたところから見つけて きゃぁ~会えた~ カワイイ! と
    突進したところ 先客の小父さまカメラマンが這いつくばるようにして撮影中
    地面と馴染んでいらしたので すぐ近くに行くまで気づかなくて焦りました sweat01
 
 
 
 
 
 
          180325hyuugamizuki4
 
                ( 3/25 撮影  ヒュウガミズキ )
 
     初めて出会ったのは ころころした球形の小さな蕾の付いた枝ものとして
  繊細で柔らかな枝を活かして フラワーデザインなどに使われることが多いのです
        その時の残った枝から花が咲いた時の感動は今も忘れません
       以来ずっと大好きです♪ 花業界では‘姫水木’と呼ばれることも
 
 
 
 
 
 
    180325tosamizuki3
 
                  ( 3/25 撮影  トサミズキ )
 
           ヒュウガミズキ より 花房も樹高も大きい トサミズキ
        こちらも可愛いですね 花房が長くなる分花もよく目立ちます
     ヒュウガミズキ より トサミズキ の方が綺麗 と感じる方も多そうですが
         私は ヒュウガミズキ に先に惚れちゃいましたから happy01
 
 
 
 
 
 
          180325kibusi2
 
                   ( 3/25 撮影  キブシ )
 
                    久し振りで会いました~
       目にすると決まって かんざし と 縄のれん が頭に浮かびます
                 現実ではどちらも縁がないのにです
 
 
 
 
 
 
    180325momiziitigo1
 
                 ( 3/25 撮影  モミジイチゴ )
 
                     こちらも お久し振り!
      かっては 近所歩きでも見られたのですが 開発で消えてしまいました
 
 
 
 
 
 
    180327suzuransuisen_snowflake
 
                ( 3/27 撮影  スズランスイセン )
 
            お隣空き地で自生 ずいぶん大きな株に育ちました
                  スノーフレーク とも呼びますね
         わが家の庭に植えてあるものは 今年は咲きませんでした
          こんなに丈夫な植物でも日照不足には勝てないのでしょう
 
 
 
 
 
 
          180415suzuran3
 
                  ( 4/15 撮影  スズラン )
 
                  わが家の鉢植え スズラン です
            スズランの花って この丸っこさが可愛いですよね
        たぶん ドイツスズラン と思うのですが ちょっと肥料をあげたら
          葉がすくすく育って 花を見るのに葉をかき分けることに‥
        4月上旬に咲き始め ずいぶん長いこと楽しませてもらいました
 
 
 
 
 
ぶら下がって咲いていた花たち。 この春ポージィが出会った子たちは以上です。
多少思いの強弱はあっても、どの花も見つけるとみんな きゃぁ~♡ という気持ちに
なります。 こうなったのはいつからでしょ??
子供時代や若者時代は、同じ綺麗・可愛いでも、ここまで強い気持ちでは
なかったような・・・ happy01
 
 
今回もお付き合いいただきありがとうございました♪ 
 
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2018/05/30

春の思い出 足元を彩りました

今年は桜の開花から平年より早く、他の花たちもみな早め早めの開花ですね。
初夏の現在、アジサイもわが家のナツツバキもしかり。梅雨入り発表も早まりそう。
 
駆け足で通り過ぎていった春ですが、可愛い花たちの姿もっと長く楽しみたかったな。
記憶にもしっかりとどめておきたい…。
ということで、まだまだ春を引っぱらせていただきますょ smile
たくさんの春の花たちのほんの一部ですけれど、ご一緒に振り返ってくださいね。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
          180314hananira1
 
                毎年楽しみにしている ハナニラ
 
         香りはともかく(触れるとニラ臭が‥) 花姿や色が大好き
      わが家の庭でも 日照不足にめげずひょろひょろと咲いてくれました
 
            写真はよそのお宅の 生垣の足元のものです
          お日様の光をたっぷり浴びて 気持ちよさそうでした
 
                    ( 3/14 撮影 )
 
    180314hananira2
 
 
    180314hananira4
 
 
 
 
 
 
    180323suisen2
 
                    ラッパ咲きのスイセン
 
            大きすぎず小さすぎず しっとり咲いていました
 
                    ( 3/23 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180325fukkisou1
 
                    フッキソウ(富貴草)
 
           この何年か 蕾の姿ばかり見てきた気がしますが
             ついに花咲いた様子を見ることができました
 
       高さ20cmくらいで草花のようですが ツゲ科の常緑小低木です
  富貴草 という良いことありそうな名前は ‘常緑でよく茂る’ことからきているそう
 
                     ( 3/23 撮影 )
 
 
 
 
 
 
    180401nirinsou
 
                     ニリンソウ(二輪草)
 
                 これも大好きな花のひとつです
             可愛いスプリング・エフェメラル(春の妖精)
 
       ご近所のものですが年々縮小中 今年も会えたことに感謝です
 
                     ( 4/1 撮影 )
 
 
 
                                         今日はこの辺で
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018/05/23

春の思い出 草むらで その2

『春の思い出 草むらで その1』 の続きをもう少しだけ。
 
 
その1 で登場の 「ヒメオドリコソウ」 と同じシソ科・オドリコソウ属で
花形が似ているのは 「ホトケノザ」
 
    180323hotokenoza1
 
          しっとり 「ヒメオドリコソウ」 より 陽気で明るい雰囲気
 
 
 
 
 
 
賑やかに歌っておしゃべりを楽しんでいる 「ホトケノザ」 の手前では
 
    180323nazuna_hotokenoza2
 
               「ナズナ」 たちがしなやかに風に揺れて
 
    180323nazuna2
 
             「ペンペン草」 の愛称で呼ぶ方も多いですね
 
    180323nazuna5
 
              真上から  放射状にまぁるく… 花火の形
 
    180323nazuna4
 
         いっしょに 春の風に吹かれていたくなります いつまでも
 
 
 
 
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover

                                  しつこいかしら (´ー`)
 
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2018/05/16

春の思い出 草むらで その1

はや思い出となった今年の春の光景、アップさせていただきます。
 
................................................................................................................................................  
 
 
田んぼの脇の草むらに、動くもの発見!
 
    180323mukudori
 
               見えますか? ムクドリがお食事中でした
               草むらには 「ヒメオドリコソウ」 が見えます
 
 
 
 
 
 
別の所では 「ヒメオドリコソウ」 が群れ咲いていました
 
    180323himeodorikosou1
 
 
 
 
 
 
こちらの 「ヒメオドリコソウ」 のお隣さんは 「トウダイグサ」
 
     180323himeodorikosou2
 
 
 
 
 
 
こんもりと小山のような 「トウダイグサ」
 
    180323toudaigusa2
 
            明るく初々しいグリーンは ひときわ目立ちます
 
 
 
 
「トウダイグサ」 上から見てみましょ
 
    180323toudaigusa6
 
                      面白い花ですね
            放射状に枝をだし それぞれの枝先に2〜3個の
                小さな杯状花序がつく という形
 
       ころんとした球形のものは 受粉後杯状花序から伸びてきた果実
                 だんだん大きくなっていきます
 
         詳しくは → こちら のページを見せていただいてくださいね
 
 
 
 
 
ハエ(?)が来ていましたよ  蜜をなめに来たのかな
 
    180323toudaigusa4
 
 
 
 
 
 
小さいながらマメ科らしい花形に綺麗な花色、繊細な巻きひげも美しいのは‥
「カラスノエンドウ」 こと 「ヤハズエンドウ」
 
          180325karasunoendou
 
         天ぷらにすると美味しいそうですよ 食べたことありませんし
              あまり食べてみたいとも思いませんが…
         アブラムシたちがよってたかってご馳走にあずかっていました
 
             もう豆の莢もすっかり真っ黒に熟していますね
 
 
 
 
 
 
さて最後に、大好きな野草の花ひとつ 「キュウリグサ」
 
     180325kyuurigusa2
 
                        可愛い♪
         咲き進みながら花茎が伸び 草丈が20cmくらいになった
          キュウリグサ たちが群れなしている様子も好きですョ
 
 
 
 
 
 
今年は撮りそびれた「オオイヌノフグリ」「タチイヌノフグリ」も大好き。
「ノミノフスマ」や「ムシクサ」「ツメクサ」「ハコベ」などの、小さな白い花たちも大好き。
あ、「ナズナ」もね♪ だんだん見るeyeglassも撮るshoeも難儀になってきてしまいました。
 
 
                   春の草むらに咲く 小花たちが大好きです clover
 
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018/05/09

今年の春休み

ご無沙汰しました。春休み終了です~。 皆さまはいかがお過ごしでしたか。
 
4月の終わりから始まった今年のわが家のG.W.は、文字通り あーっ といってる間に
飛び過ぎていきました。 夫はのべ3日は家で仕事をしてましたし、病院に行ったり
体のメンテナンスに行ったりも。 私は家にいる間ほとんどなんだかんだと細々した
用事を片付けたり作業をしていた気がします。
 
真ん中の3日間は、4ヶ月ぶりに山口の義父母のもとへ顔を見に行き、少しばかり
手助け作業をしてきましたよ。義母は、退院したばかりだった1月よりだいぶしっかり
してきていてホッとしました。義父は特に変わらず。でも、義母が入院していた間より
運動不足になっているのが気がかりです。
山口から戻って1日置いて、今度は東京で独り住まいの義叔母(義母の妹)を訪問し、
網戸の張替え作業。材料を買いに行ったり、予想以上に時間がかかり半日仕事。
夕食をご馳走になって帰りました。
 
自宅では予定通りハナモモの剪定など庭作業に、室内の鉢物の植え替え、衣替えに、
それから… あれやこれや etc.
 
最終日に河原でのランチとコーヒーの2時間デイキャンプが唯一の遊び時間で、
公園散歩へもご近所散歩にも一度も行かずじまいでした。 グスン weep
おまけに、私はずっと心がささくれ立っていてイライラ続きの血圧上昇状態。
なんだかなー なんだかなー という、いつになく楽しくない連休になってしまいました。
 
そんな中、往きの飛行中、並行して飛ぶ飛行機が見えたのが面白かったですゎ♪
もうずいぶん何度も飛行機に乗っていますが、初めてのことで、急いでスマホを
取り出して写真を撮りました。
 
 
    180501_2
 
 
ほんの一時のことでしたけれどね。 あの飛行機はどこへ向かったのかしら。
 
 
 
 
 
ついでにもう1枚、河原でランチしながら撮った空写真もアップしておきますね。
雲が面白いなーと撮ったものです。
 
 
          180506sky3
 
 
春休み前にアップした写真の雲と似た雰囲気でした。
 
 
 
 
次回からは、また季節をぐーんとさかのぼって、春の思い出写真をアップさせて
いただきますね。 立夏も過ぎたというのに相も変わらずのスローテンポですが
ご容赦のほどを。
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/05/02

クリスマスローズ ~春の思い出~

夫の連休に合わせての、ブログ春休みに入らせていただいております。
よってこちらの記事は予約投稿での更新。
記事がアップされる頃、ポージィは山口県にいる予定です。
コメント欄も久し振りに開いたばかりなのに、また閉じてしまってごめんなさい。
連休終了し再開しましたら、またよろしくお願いいたします。
 
 
さて記事は、3月の初めまでぐーんと季節を遡って「クリスマスローズ」を
取り上げさせてくださいね。
 
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「クリスマスローズ」 というお花は、とても人気がありますね。
はい、私も好きです。 物静かで気高いレディという雰囲気を感じています。
そんな雰囲気に畏れを感じたか、わが家に迎え入れて枯らしでもしてはいけないと、
(大好きで気に入って買ったものをよく枯らすのです sweat02
園芸コーナーで苗を見てもじっと我慢を長年続けてきたのですが、昨春、とうとう
ふらっと魔が差して買ってしまいました。 地植えする場所はないので鉢植えに・・・。
一緒に寄せ植えにした草花苗は夏場の環境に音を上げ枯れてしまいましたが、
クリスマスローズは夏を生き延び、ろくろく見てもあげられなかった秋も乗り越え、
寒かった冬も乗り越え、なんと、蕾をつけました♪
感動しました、嬉しかったです ヽ(´▽`)/
 
ちなみに日本ではヘレボラス属全体を 「クリスマスローズ」 と呼んでいますが、
本来は、ちょうどクリスマスの頃・冬に咲く 「ヘレボラス・ニゲル」 の英名が
「クリスマスローズ」。 早春から咲き始める 「ヘレボラス・オリエンタリス」 の英名は
「レンテンローズ」、ということだそうですょ。 何度説明を読んでも覚えられませんが。
 
ということは、私達がよく目にするのは 「ヘレボラス・オリエンタリス」 こと、
「レンテンローズ」 の方かもしれませんね。
そして、現在広く市場に出回っているのは、交配種の 「ガーデン・ハイブリッド」 と
呼ばれるものが主かもしれません。 私が買った苗にも 『ガーデンハイブリッド
シングルピコティ系
』 と書かれたタグが付いていました。
 
前置きが長くなりましたが、記念すべき??わが家の 「クリスマスローズ」 一番花を
アップさせていただきますね。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますvirgo
 
 
 
          180302christmasrose_helleborus_orie
 
                    顔をのぞかせた蕾 3/2
 
 
 
 
 
 
          180306christmasrose_helleborus_orie
 
                     開き始めました 3/6
 
                   記念すべき1輪目なのに
          強風でこすれて一部傷んでしまったのが ちょっぴり残念
 
 
 
 
 
 
          180309christmasrose_helleborus_orie
 
                      咲いたよー 3/9
               白に細いワインレッドのライン 綺麗です♪
          ピコティ というのは どうやら縁取りラインのことのようです
 
                 その後 3月中に もう2輪咲きました
 
 
 
 
 
 
 ここからは、よそで撮ってきた 「クリスマスローズ」 です。
 
    180121christmasrose_helleborus_orie
 
                      真っ白 清楚です
 
 
 
 
 
 
    180218helleborus_orientalis2
 
 
                  大輪でたくさんの花付きが見事
                  落ち着き感のある綺麗な色です
 
 
    180218helleborus_orientalis1
 
 
 
 
4月下旬現在、わが家の‘クリスマスローズ’は、大きな葉っぱを茂らせています。
展開してきたばかりは柔らかですが、けっこう硬くごわごわした葉になりますね。
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018/04/28

春休み

 
今日 4/28 より 夫の連休に合わせてブログも春休みに入らせていただきます。
時間のある時、皆さまのブログへもご訪問はさせていただくつもりですが、
コメントはお休みさせていただきますね。 当ブログへいただいたコメントへの
お返事も遅れると思いますがご了承くださいませ。
 
春休み中の予定は、山口の両親の顔を見に行くことと、庭作業が2大項目かな。
その他の空いた時間で、夫にはリフレッシュもして貰わないと。
このところずっとストレス過多状態で不調なのです。
ハナモモ剪定だけは手伝ってもらわなくちゃいけませんけれど。
その他にも色々‘やらなくちゃいけないことリスト’が頭の中をグルグルしています。
長いお休みも、いつも通りあっという間に過ぎ去ってしまうことでしょう。
 
あ、記事更新は1回予約投稿を入れておく予定です。(内容は期待しないでね)
 
それでは、お休みの方もそうでない方も、お元気でお過ごしくださいね。
 
 
    180317cloud1
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018/04/25

ジューンベリー 2018

ザンザン降りのrainの朝です。 長らくrvcar運転していませんでしたが
(ブレーキをグッと踏み込んだ際に膝の状態が悪化して以来)、今朝は夫を駅まで
送って行ってきました。 さすがに可哀想だなーと思って。
 
さて、当ブログの‘季節はどんどん進むけれど、のんびり季節振り返り’は変わらずで、
当分春の振り返り・思い出が続きますが、よろしければお付き合いくださいませ。
 
 
今回は、昨年はチラッとアップしただけだったわが家の 「ジューンベリー」 の花を。
今年は昨年より5日早く 4月4日に咲き始めました。
一昨年より8日も早まりましたよ。 けれど、咲き始めてから風の強いこと強いこと。
『今年も写真は無理ね』 と思っていたのですが、ふっと止んでいる半日が訪れまして、
ちょっとピン甘ながら撮ることができました。
というわけで、2018年の 「ジューンベリー」 見てやってください。
花桃の濃いピンクの花の後の真っ白の花は、清涼感いっぱいでした。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherry
 
 
 
    180410june_berry1
 
           2階から見下ろして  背景はよそのお宅の外壁です
 
 
 
 
 
 
          180410june_berry5
 
               つぼみ   葉の展開前に花が咲きます
 
 
 
 
 
 
    180410june_berry3
 
                 周囲を白っぽく加工してみました
 
 
 
 
 
 
          180410june_berry4
 
                こちらは 周囲を黒っぽくしてみました
 
 
 
 
 
 
          180410june_berry8
 
               ラストは 青空背景に見上げてみました
 
 
                   ( いずれも 4/10 撮影 )
 
 
 
 
 
「ジューンベリー」 : バラ科・ザイフリボク属のいくつかの種を指す通称で、
              日本産の「ザイフリボク」と海外産の「セイヨウザイフリボク」や
              「アメリカザイフリボク」などを掛け合わせたものも
              「ジューンベリー」と呼んでいるようです。
 
 
わが家の「ジューンベリー」は樹形がめちゃくちゃですが、よそのお庭に
植えられている株立ちのものは、綺麗に整った樹形にたくさんの白い花が
ふわ~っと咲いて、それはそれは素適で、かって‘エルフ’を重ね見たことを
思い出すものでした。
 
 
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018/04/18

花桃おとめ - 2018 -

今年もやってまいりました。 当ブログの恒例 「花桃まつり cherryblossom」。
今年もお披露目させていただきますね。
といっても、もう花は散り、葉モモへの変身途上なのですけれど smile
 
今年の‘いちばん花’は、3月26日に咲きまして、ここ5年のうちで最も早く、
遅めだった昨年よりは9日も早い開花となりました。 1週間後の4月2日には満開に cherryblossom
わが家の庭が一年の中で最も華やぐ期間です。 今年は晴れ続きで花桃たちも
気持ち良く咲いているようでした。 ときおりハチの仲間たちが訪れていましたよ。
メジロも来ていましたっけ。小さな甲虫の仲間や、何の幼虫か小さなイモムシも‥。
みんな楽しんでくれたようです。
 
それでは、花桃おとめちゃんたちの花の様子、見てやってくださいませ。
        ※ 花桃おとめ はポージィが勝手に呼んでいる愛称です。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
          180330hanamomo
 
              咲き始めて4日目(3/30) スマホで撮影
 
 
 
 
 
180329hanamomo2 180331hanamomo7
 
 
 
 
 
   180331hanamomo3
 
 
 
 
 
180329hanamomo6 180331hanamomo9
 
 
 
 
 
          180402hanamomo
 
               咲き始めて丸1週間 ほぼ満開 (4/2)
 
 
 
 
 
満開に近づくころから葉芽も次々と出てきて、順に展開してきます。
現在は、芽吹いた葉がのんびり生長中といったところです。

 
さぁて、今年もまた連休中には素人剪定を頑張らなくちゃ。
夏前に終えないと、来年の花芽を切り落とすことになります。
でも剪定した後もすごく枝が伸びるんです。そこが悩みの種。
 
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2018/04/11

さくら さくら 2018

今春の桜の季節は各地で駆け足で通り抜けていくようですね。
津軽海峡を渡るのも例年より早まるんじゃないでしょうか。
 
当地では、この記事を書いた4/6、八重桜も咲き始めていましたが、見に行けないまま
散りそうということで八重桜は諦め、この春カメラにおさめた桜たちをまとめて記録して
おくことにしました。
 
今年の桜は、2月に見た 「カワヅザクラ(河津桜)」 を筆頭に、どの種も花盛りを
ちゃんとは見られず写真も少数。 でも、そこかしこで折々楽しませてもらいました。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
    180323oosimazakura2
 
                3/23 多分 「オオシマザクラ」 です
      この日 すでに満開を少し過ぎた状態ながら 綺麗に輝いていました
 
    180323oosimazakura1_hiyodori
 
        たくさんのヒヨドリが来ていて 盛んに花蜜を食べていましたよ
 
 
 
 
 
 
 
          180323yokohamahizakura1
 
            3/23 「ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)」 ‥かなぁ?
 「横浜緋桜」 は 「ケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)」 と 「カンヒザクラ(寒緋桜)」 の
            交配により 昭和47年(1972年)頃生み出された
           横浜生まれの桜 だそうですが 確信はありません~
 
    180323yokohamahizakura3
 
                      ゴージャスでした
 
 
 
 
 
 
 
          180325sidarezakura1
 
                3/25 「枝垂桜」 繊細でたおやか
 
 
 
 
 
 
 
    180325someiyosino4_2
 
             3/25 咲き始めの 「ソメイヨシノ(染井吉野)」
 
    180325someiyosino2
 
 
 
 
 
 
 
    180401sakura4
 
               4/1 散りゆく 「ソメイヨシノ(染井吉野)」
 
    180401sakura9
 
 
 
    180401sakura11
 
 
 
 
桜たちにも、繁殖力旺盛な外来種のカミキリムシに枯らされる問題があったり、
改正河川法により川の堤防の桜が老木となっても植え替えることができなかったり、
温暖化がうんと進むとソメイヨシノが咲かなくなってしまう可能性があったりと、
この先もずっと今と変わらない桜を楽しめるのか、心配の種が色々あるようです。
 
できればずっと 種々の桜の花を愛でられる春が巡ってきますように cherryblossomcherryblossomcherryblossom
 
 
 
 
今回、久し振りにコメント欄をオープンにしてみました。
これからも、お返事が遅れたり、皆さまのブログへ伺ってのコメントが不定期だったり
になると思いますがお許しくださいね。 ゆるりんとお付き合いくださいませ clover
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

«作品展