« 小さな秋見つけた その2 | トップページ | 小さな秋見つけた その3 »

2004/09/09

重陽の節句

今日、9月9日は重陽の節句(菊の節句)です。

中国では月の数と日の数が同じ数字になる日を、
おめでたい特別の日(重日)とする考えと、
「9」を縁起の良い陽の極まった数とする考えがあります。
9月9日は「陽の極まった数の重なる日」=「重陽」ということで
大変おめでたい日とされてきたのだそうです。
この日には菊酒を飲んで長寿を祈り、
菊錦の露で体を拭いて運を呼び寄せるのだとか。

旧暦の9月9日は、今年の場合10月22日にあたるようです。
10月のその頃の気候を考えると、菊の花は盛りですし
季節の大切な節目として、この非常におめでたい日が
別名「菊の節句」と呼ばれるのがよくわかる気がします。
新暦が使われるようになった明治以降、重陽の節句は
日本では馴染みが薄くなってしまったようですね。
私も花の関連で初めてこの節句を知りましたが、
それ以前はまったく知らずにいました。

|

« 小さな秋見つけた その2 | トップページ | 小さな秋見つけた その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重陽の節句:

« 小さな秋見つけた その2 | トップページ | 小さな秋見つけた その3 »