« 金木犀のかおり | トップページ | りんご巻き巻き~♪ »

2004/10/05

今日も金木犀のお話

昨日の記事「金木犀のかおり」に、木犀が大好きという「すずめの巣」さんから
トラックバックをいただきました。木犀のことに興味をもたれた方は
ご覧になってみてくださいね。素敵な詩も紹介されていましたよ。

今日も一日雨模様との天気予報。それも強く降るとか。
せっかく咲き始めた金木犀の花が、雨に打たれて落ちてしまわないかしら。
昨日出かけたときは、あちこちのお宅の庭から、
雨の中でもしっかり存在感をアピールしていましたが。

今のわが家の狭い庭には、金木犀を植えるスペースは残念ながらありません。
ですからもっぱらよそのお宅の木で楽しませていただいていますが、
実家の庭には1本植えてありました。
その家を新築したとき、ヒマラヤスギを兄の、ソメイヨシノを私の木として
記念に植えてくれたのですが、ソメイヨシノは毎年ひどい毛虫の害に悩まされ
とうとう切られてしまいました。
そのとき代わりに私の木、ということにしてくれたのが金木犀。
私が金木犀に思い入れ深いのにはそんなエピソードも関係しているのかも
しれません。 もちろんソメイヨシノの淡いピンクの花も大好きよ。

|

« 金木犀のかおり | トップページ | りんご巻き巻き~♪ »

コメント

わーありがとう。


金木犀が咲くと、しとしと雨降りということが
多いですね。しんみりします。
落ちた花が黒く濡れた地面で
空に帰りそびれたように光って香っているのが
不思議な感じですね。

 桜もこんな雨の日には側を通ると
甘い優しい樹の香りがします。
この香りが良くするのは若葉の梅雨の頃とか、
葉が紅葉する、秋雨の頃のようで、
傷のあるところなどから
樹液が出てますね。その匂いなのかな?

桜の樹は小学校に通う道筋に植えられていたので
懐かしいです。

投稿: ひょん | 2004/10/05 11:35

雨の日には、晴れの日に感じられなかった草木の匂いが
急にふわっと香りたつこと、ありますね。
ひょんさんのおっしゃるように傷のあるところなどから
出ている樹液が湿気で拡散するのかも。
そういう香りをかぐと、郷愁というか
とても懐かしい気持ちになります。
雨に濡れた落ち葉の湿った匂いや、
草刈のときの匂いなども結構好きです。

投稿: ポージィ | 2004/10/05 13:12

こんばんは。
金木犀の匂いは私も好きです。
香りの強い代表選手の1つですよね?
あんなに小さな花の集まりなのに。

先週沖縄に遊びに行って戻ってきたらマンションの
入り口に垣根として植えられている金木犀から
いい匂いがして、ああ、今年もその季節になったんだなあ
と思いました。
金木犀の命はただでさえ短いような気がするのに、
この天気ではと気をもんでいました。
昨日の朝、小雨がぱらつく中、写真を撮りました。
いい絵は撮れませんでしたが・・・。

投稿: すう | 2004/10/10 01:16

すうさん、また来てくださってありがとうございます。
私も時折訪問させていただいています。いつも綺麗なお写真に
心満たされる思いでいます。

うちの近くの金木犀は台風の雨で地上の星と化してしまいました。
今年は香りを楽しめた期間が短くてちょっと残念です。
金木犀の花が終わると秋はぐんぐん深まっていきますよね。
寒さが大の苦手な私にとっては、世間の秋色が深まっていくのを
楽しみつつも憂鬱な季節の到来となります。

投稿: ポージィ | 2004/10/10 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/1594226

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も金木犀のお話:

« 金木犀のかおり | トップページ | りんご巻き巻き~♪ »