« クックもサイクリング | トップページ | よみがえったフリース! »

2004/11/29

ツバキ科3種

突然ですが、次の写真は何の花でしょう?

041124tubaki_hayazaki.jpg 041110sazanka.jpg 
 
041110sazankayokogao.jpg 041126tyanohana.jpg 
 
左上は早咲きの椿、右上と左下は山茶花、右下は茶 です。
椿は、薄暗い場所でひっそりと透き通るような白さで咲いていました。
山茶花は11月の初め頃満開となっていたもの。
以前nanbuさんに「毛」のあるなしでの椿との見分け方を教えていただき
手に取ってためつすがめつ眺めたのですが、結局子房や葉柄の「毛」の存在すら
わからずじまい。花の落ち方も、一般的に椿は花が塊でぽっとり落ち、山茶花は
花弁が1枚1枚はらはらと散るということになっていますが、早咲きの椿の中には
1枚1枚散るものもあるとか。 (上の写真の花は塊ぽっとり落ち)
綺麗なんだからどっちがどっちでもいいや、って思ってしまいました。
お茶の花は椿・山茶花よりぐっと小さく地味です。直径3~4センチといったところ。
でもかわいらしいですね。秋から初冬にかけて開花します。
生垣になっているお茶の木の花が咲いたのを撮影してきました。

|

« クックもサイクリング | トップページ | よみがえったフリース! »

コメント

密かに期待していたのですが、ポージィさんにもわからなかったということは・・・。(笑)
然るべき方がお書きになったと思うので、それだけ見分け方が難しいという事にして下さい。(^^;)

それにしても、お茶の花だとは思いませんでした。侘助椿より「わび・さび」を心得たような花ですね〜。

ところで、私とっても失礼な事をしていました。ポージィさんって、最後を「ー」でのばさないんですね。先日初めて気がつきました、(迂闊な私…。)ごめんなさい。思い込みって恐ろしゅうございます。(汗)

P.S. 前回のクックちゃんの写真。ホントに写真嫌いのようで、不承不承といった顔が可愛くてナイスです!(^.^)

投稿: nanbu | 2004/11/29 15:09

nanbuさん、ありがとうございます。
そういう見分け方もあるんだ、と新たに知ることができただけでも嬉しかったですよ。もしかしたら、花が終わった後とか、見分ける時期が限定されるのかもしれませんね。
あ、名前のこと気にしていませんから大丈夫。HP立ち上げたばかりの頃、自分でも「ポージィー」「ポジィー」って間違えていたくらい。もう少し打ちやすい名前にすべきだったんじゃないかとちょっぴり後悔も。
クックはどうして写真嫌いになったのやら。変なもの向けられてマテをさせられるからでしょうか...

投稿: ポージィ | 2004/11/29 15:53

こんにちは。

ネット泳いできた所、
ポージィさんのおっしゃるように
「散りかたの違いで見分ける」と言うのが
多かったみたいですが、
茶せんのような雄しべ?
「椿の雄しべは、根元でくっついている」
というのが散る前に見分ける目安になるらしいです。

投稿: ひょん | 2004/11/30 18:41

毛について・・・画像がありました。
山茶花の実には毛が生えてますね。
http://www5.ocn.ne.jp/~marugo/sazanka.html

椿はつるつるでした。
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsubaki_large.html

なるほど!!私も観察してみよう。
流石にもう居ないとは思うけど、
秋にも毛虫は発生ますので、皆さん気をつけて。

投稿: ひょん | 2004/11/30 18:59

ひょんさん、ありがとうございます。
ほんとだ、山茶花の実には毛がありますね!子房に毛があるというのはつまり結実してからのことだったのか...と納得です。雄しべは私が撮った写真では、椿はお行儀よく山茶花は自由奔放というか無造作にバッと広がっていますね。もっとも、山茶花はもう散る間際だったのであまり比較にならないかもしれませんけど。
毎年何気なく見てきた山茶花と椿、今年は思わずじっくり観察してしまいます。

投稿: ポージィ | 2004/11/30 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/2100893

この記事へのトラックバック一覧です: ツバキ科3種:

« クックもサイクリング | トップページ | よみがえったフリース! »