« 落ち葉 | トップページ | セールスの電話 »

2004/11/09

ツワブキ と きゃらぶき

散歩中、藪の中にツワブキを見つけました。
自然に生えたものか、誰かが植えたものかは不明ですが、
薄暗い藪の一角がぱっとそこだけ明るく輝いているようでした。

041107tuwabukinohana.jpg 少し前まで毎年のように
 繰り返していた、私たち夫婦の会話。
 「あ、ツワブキが咲いてる!」
 「あの黄色いやつ?」
 「うん、そう。」
 「ツワブキってきゃらぶきのこと?」
 「ツワブキはあの花できゃらぶきは
  佃煮みたいなののことでしょ。」
 「だからツワブキを煮たのが
                          きゃらぶきなの?」
「え?さぁー。ツワブキって硬そうだよ。違うんじゃない?」
調べてみました。夫の言うことが合っていました。
きゃらぶきという料理、蕗で作られることも多いようですが、ツワブキで作る
のが本家本元のきゃらぶきなのだそうで、春の新芽が伸びてきたところを
摘み取って煮ます。真ん中に穴が開いているのが蕗で、穴なしのが
ツワブキで作ったきゃらぶき。
ちなみに蕗とツワブキはまったく別種の植物で、つやつやと光沢のある蕗に
似た葉っぱ、というので「ツヤブキ」→転じて「ツワブキ」となったという説が
あります。 

|

« 落ち葉 | トップページ | セールスの電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/1908198

この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキ と きゃらぶき:

« 落ち葉 | トップページ | セールスの電話 »