« 冬至 | トップページ | クックが怖がる音 »

2004/12/22

カリフラワー

日曜日(19日)に、珍しくカリフラワーのお値段が安かったので1個丸ごと
買ってきました。子供の頃よく食べたからか結構好きなんです。
でもブロッコリーに押されてカリフラワーの生産は減る一方。生産が減ると当然
値段は上がり買うのを躊躇してしまう、売れないとまた生産が減る、値段が上がる
という具合で、次第しだいに高嶺の野菜になっていくようで寂しいです。
12/21朝日新聞朝刊の湘南版にカリフラワー収穫の記事が載っていました。

「 平塚市豊田の畑で20日、カリフラワーの収穫が見られた。8~9月にタネをまき、11月から収穫が始まり年内にほぼ終えるという。「今年は天気が悪く、出来はいま一つだった」という。
 同種の野菜ブロッコリーが市内で年々生産を伸ばしているのに対し、カリフラワーはごく少量しか生産されない。昨年はJA湘南管内でブロッコリーは13万キロを超えたのに対し、カリフラワーはわずか200キロだったという。」

041221kariflower ¥198で買ってきました。 
 
 和名は花野菜。子供のとき「花キャベツ」と 
 呼んでいたようなおぼろな記憶があります。 
 ビタミンCや繊維質が豊富。
 ブロッコリーが突然変異して白いつぼみの 
 ものができたのがカリフラワーだそうです。 
私たちが食べる、白い固まりに見えるのはつぼみというわけです。 
 
ゆでてマヨネーズをつけて食べるのが好きですが、シチューに入れたり
スープの具にしたりカレーに入れたりもします。

そうそう、子供のころよく食べたのに近頃あまりお目にかからなくなった野菜に
「芽キャベツ」もあります。ほんのり苦味があって、やっぱりマヨネーズとの相性抜群。
直径2~3センチのころころしたジャガイモを皮ごとゆでて塩を振っただけで
食べるのも好き。 ...あらちょっと話がそれてきたみたい。

|

« 冬至 | トップページ | クックが怖がる音 »

コメント

毎度くさなぎです。

カリフラワー最近食べなくなったねぇ「(≧ロ≦)

どっちかというとブロッコリーの方が好きかな?あくまで比較した場合だけど(゜ρ゜)

>ゆでてマヨネーズをつけて食べるのが好きですが、シチューに入れたり
スープの具にしたりカレーに入れたりもします。

カレー、シチュー、みそ汁の具ほど家庭で種類の差がある料理も少ないと思う。

ウチは母がなめたけ嫌いで、生まれて1度だけ私がリクエストして、入れてもらった記憶が(◎_◎;)

カレー、シチュー、はとんでもなく変なの入れなきゃ結構美味しくいけるから、野菜を沢山とるには良い方法かもね( ̄ー ̄)v

最近あまった野菜をスープにして食べるのが、奥様の流行りとか(ホンマか?)、野菜も栄養分が昔と比べて減ってるから、山盛りたべんとね(名古屋弁で締めてみた)o(@^◇^@)o

投稿: くさなぎ | 2004/12/22 23:05

くさなぎさん、こんにちは!

>カレー、シチュー、みそ汁の具ほど家庭で種類の差がある料理も少ないと思う。

言えてますね。味噌汁、私は赤味噌・白味噌どっちでもOKですが、夫は赤が苦手。なのでどうしても白味噌中心になりますが、時々どーしよーもなく赤味噌のお味噌汁が食べたくなって料理人の特権で作ります。「なめこ」と「わかめ」はやっぱ赤味噌じゃなくちゃぁ。「なめたけ」はどっちもOKかな。
まもなくお正月ですが、「お雑煮」がこれまた千差万別ですね。妙におしゃれで洗練されていて「雑煮」なんて言ったら申し訳ないようなのから、文字通り「雑煮」ってのまで。

>野菜も栄養分が昔と比べて減ってるから、山盛りたべんとね(名古屋弁で締めてみた)

そうなんですよね。わが家のカレーは野菜がゴロゴロ入っていますよん。
「~せんとね。」って名古屋弁?三河人の私も使ってました。隣の地域だもんで混ざっとるだかやぁ。←しばらく使ってないんで不正確かも(^_^;)

投稿: ポージィ | 2004/12/23 09:56

毎度毎度くさなぎです。

>まもなくお正月ですが、「お雑煮」がこれまた千差万別ですね。
前職が地方巡業の多い職業でしたから、良くわかります、一番驚いたのは北陸(確か)石川で食べた、「アンコ入り餅」の入った雑煮(澄まし汁系)でした(◎_◎;) おっ!

>「〜せんとね。」って名古屋弁?三河人の私も使ってました。

う〜んおそらく私が間違い、両親が三河なんで自分が名古屋弁のつもりでも、かなり混合してるようでく(*´ー`) エヘヘ

前職の男子寮では右が「〜じゃけん」の広島出身、左が大阪でもミナミのベタな関西弁に、2年間付き合ってきた名古屋弁+三河弁なので、怪しい事しきりな「自称名古屋弁」ですO(≧∇≦)O イエイ!!

あ、ちなみに三河弁って「ゆ」の発音が苦手で「う」になってしまい「ゆでたまご」を真顔で「うでたまご」って言う人いませんでした?

投稿: くさなぎ | 2004/12/23 17:24

くさなぎさん、何度でも大歓迎です。(^^)

澄まし汁の味の中に甘いあんこ味が広がるお雑煮ですかぁ?...そういうのは初めて聞きました。う.う.う(実際食べられてどうだったのでしょ)。ぜんざい食べるとき梅干とか白菜漬けとか添えられているのと似た感覚なのかなぁ。試してみたいようなみたくないような~。

あらーくさなぎさんのルーツは三河でしたか!ワホッ。 私の三河弁もかなりあいまいなんですよ。短大時代は主流名古屋弁に囲まれていたし、いまじゃ宇部弁(山口)にもしばしばさらされますしね。
どーしても「うでたまご」になっちゃう人、私の周りにはいませんでしたけど、ときたま冗談で「うでたまご」って言い方したことはありますよん。あれって三河弁の特徴だったのぉ?目からうろこ!○○年も三河で暮らしとったのに知らんかったやぁ。

投稿: ポージィ | 2004/12/23 22:13

こんにちは、面白い話題なのでおじゃましました。

茨城出身の母が田舎の人と長電話した時、完全にタイムスリップしてしまった事があります。
電話を切った後も茨城モードだったらしく、しばらくは「見知らぬ母」状態でした。(^^)

また、下町育ちの父は、私が子供の頃まで「い」と「え」を区別して発音出来ませんでした。
だから、父が「色鉛筆」と言うと、どうしても「えろいんぴつ」に聞こえるのでした。
(「ひ」と「し」もかなり怪しい。)
父の言葉を思い出すと、決して東京弁=標準語ではないと感じます。

ところで、ウチではお風呂のお湯が熱すぎる時、水を加えて適温にする事を「水でうめる。」と言いますが、ポージィさんは何て言います?
(以前、富山出身の人に言ったら、バカウケしてしまいました。)

P.S.
最新記事の「くちなしの実。」
花は見るのに何で実を見た事がないんだろうと思ったら、八重咲きのものは実をつけないんですかぁ。
また一つナゾが解けました。(^^)

投稿: nanbu | 2004/12/24 10:44

nanbuさん、こんばんは!
「えろいんぴつ」はちょ、ちょっと誤解を招きそうだぁ(ダハハ)。「し」を「ひ」としか発音できないという例には「七や質(しち)」を「ひち」と言うのがありますね。
「水でうめる」これは、あらぁ私もそう言いますよ。バカウケされるほど面白い言い方だったんですね。改めて考えたら確かにヘンかもー。私が変だ変だと言われるのは、車などの後部座席のことを「裏の席」って言っちゃうこと。「裏手の家」などを「裏の家」って言う延長からきてる言い方だと思うんですけど、なんとも思わず使っていたら、夫に豊川の人の言い方は変だと指摘されて初めてアラ?って。

方言って、ほんっと色々あって面白いです。

投稿: ポージィ | 2004/12/24 22:32

毎度くさなぎです。

私も少し乱入!ウチの地方も「水でうめる」って言いますね( ̄ー ̄)v ブイ!

そう考えると「お湯を湧かす」をも変だ!、すでにお湯だったら火にかける必要ないし、やっぱ「水を湧かす」なのか?ヾ(´▽`;)ゝ

この変はすでに日本語を修得している日本人より「からくりテレビ」のボビー等、ただ今日本語修得中の人に聞いた方が、もっともな意見がでたしりして。乱入失礼 (o_ _)o 〜〜〜 †

投稿: くさなぎ | 2004/12/25 11:53

緊急報告!
くさなぎさんのコメントを読んで、アレ?と思って念のため@niftyの国語辞典で調べてみました。
なんと、「水を加えてぬるくする。」という意味もありました。(しかも漢字は埋めるです!)
その他お酒を水で薄めるのもそうだそうです。

方言でも何でもなく、立派な日本語だったんですね。
両親を疑っていた訳ではありませんが、絶対方言だと思ってました。
(だって、「お風呂につっぺって来い」なんて言ってたんだもの。)

富山の人は「お風呂に土でも埋めるの?」って言ってたけど、まさか水で埋めるとは…。
(今度は、お湯をわかすが気になりだしました。)

投稿: nanbu | 2004/12/25 15:22

くさなぎさん、nanbuさん、いらっしゃいませ。

なんだぁ「埋める」って少なくとも今では普通の言い方なのですね。
「お湯を沸かす」「ご飯を炊く」などもごく当たり前に使われる言い方ですけど、確かに「お湯」も「ご飯」もすでに沸かしたり炊いたりした後のもの。改めて考えると変ですねぇ。「お湯が沸いた状態にする」「ご飯が炊けた状態にする」とでも解釈しましょうか。天国の金田一先生~教えて下さいまし。
ボビーくんあたりは、この手の言葉でさっそくボケをやってくれそうですね。聞いてみたい。

投稿: ポージィ | 2004/12/25 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/2334248

この記事へのトラックバック一覧です: カリフラワー:

« 冬至 | トップページ | クックが怖がる音 »