« カレンダーの写真  | トップページ | 日本水仙 »

2004/12/05

暴君ベビネロ !

いやぁ、今朝方の低気圧通過に伴う風はすさまじいものでした。
今年通り過ぎていったどの台風のときよりも家が揺れました。
早朝から家の揺れと風の音で起こされて、寝不足です。
皆様のお宅では被害は出なかったでしょうか。

ところで、
つい先日名前を知ったばかりの「暴君ハバネロ」(遅れていると呆れないでね)。
その激辛を想像すると、ちょっと買って食べてみる勇気がでませんでしたが、
辛味を抑えた判「暴君ベビネロ」(11月発売)を夫が買ってきました !
夫は唐辛子系の辛味が苦手。人並みに食べられるようになりたいというのが
彼の悲願(オーバー)です。ピリ辛って食べるうちに慣れるものなのだそうです。
果たして「ベビネロ」の辛味に耐えられるのか!?

期待と不安に胸躍らせながら食べてみました。
「ん?おいしいじゃん。大丈夫だね。」「いけるいける。」
「あ、あとから来る。」「でも、大丈夫。」「たて続けに食べると燃える!」
これ二人の感想。 はい、なかなか美味しかったです。
止められない止められない、って結局1袋食べてしまいました。
たて続けに食べると、柿の種の小袋を一気に食べたときくらいの燃え具合に。
「暴君ハバネロ」のは、この5倍の辛さだそうですからやっぱり耐えられないかも。

041204babynero.jpg 041204babynero_back.jpg 

ちなみに、私は唐辛子系辛味は人並み程度にOK(人並みってどのくらいだ?)だけど、
鼻にツンと来るわさび系にからきし弱い(お寿司を食べていて時折のたうつ)タイプ。
夫はその逆のタイプです。

|

« カレンダーの写真  | トップページ | 日本水仙 »

コメント

アハ!御夫婦の会話が最高ですね。「暴君ベビネロ」ですかぁ〜。ハバネロの黒に対して白地の包装だったり、ちっちゃいくせに小生意気なキャラクタ−にしたりと、ネーミングを含め、メーカーさんの遊び心には感心しました。

それから、見付けましたです!山茶花の毛。ひょんさんが探して来てくれたURL(現在は何故かNot Found。)でも実に綿毛が付いているのを見ましたが、普段行かない道の植え込みにあった山茶花。その蕾は、花びらを包んでいるガクにびっしりと白い綿毛が付いていました。あと、若芽の先にうっすらと。どうやら蕾もチェックポイントのようです。
ポージィさんに取り上げて頂いた話題のお陰で、また新たな発見をする事が出来ました♪

投稿: nanbu | 2004/12/05 10:59

nanbuさん、ありがとうございます。
暴君ベビネロには、ちゃんとストーリーも書いてありました。「後年、世界を絶叫させるあの暴君にも、心やさしき時代があった!」云々って。作った人たち、とっても楽しみながらだったに違いありません。
わぉー!山茶花の毛、ついに見つけられましたか。感動ものですね。私ももう一度見てみましょ。
山茶花もそうですが、ブログを通して、知らなかった世界が開けたり新しいことを知ったり、楽しいですね。

投稿: ポージィ | 2004/12/05 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴君ベビネロ !:

« カレンダーの写真  | トップページ | 日本水仙 »