« 筋雲の空 | トップページ | ノロウィルス »

2005/01/17

苺シーズン到来

1月に入ってから、各地でイチゴ狩りが始まっているようですね。
とは言え、わが家ではお値段の高さに恐れをなし行ったことがないのですが。
(温室管理・維持のためにあんなに高いの?)

実家の前には畑があり(親戚の畑)、毎年苺を作っていた時期がありました。
5月の旬になると、毎日のように苺摘みの手伝いをいいつかったものです。
あまずっぱい苺の香りを胸いっぱいに吸い込みつつ、
あとで食べるときの美味しさを思い浮かべながらの苺摘みは楽しかったな。
(たまに毛虫が付いていてギョッとさせられましたけどね。)
夏になると、私が買うアイスクリームは「いちごアイス」と決まっていました。
ピンクのクリームの中に苺の果肉が入っているもの。今でもあるかしら?

そんなこんなで、苺は私が大好きな果物のうちの一つです。
でも、買って食べるようになって以来、苺はちょっと贅沢なものになってしまいました。
たいてい1パック¥400~¥500しますから、...たまのお楽しみに。

昨年の秋、苺の苗を1本買ってきたんですよ。栃乙女♪
白い花が咲いて小さな緑の実が顔を覗かせていました。
プランターに植えてありますが、寒くなったこともあってその後も
実は硬く小さな緑のままです。春になったら、大きくなって赤く色づいて
食べられるようになるでしょうか。

041207ichigo_hana 
 栃乙女の白い花 
 
 ビタミンCたっぷりの苺は、 
 最近、実に含まれるキシリトール成分や 
 アントシアニン(赤色を作っている色素)も 
 注目されてきているそうですよ。 

 

|

« 筋雲の空 | トップページ | ノロウィルス »

コメント

うちの実家の方でもイチゴ作りが盛んです。

3月になるとたくさん出回りはじめ、農家のおっちゃんやおばちゃんが自転車の後ろにイチゴを積んで、売りに回るようになります(最近は減りましたが)。

そのイチゴの安いこと、粒が小さかったり不揃いだったりしますが、1パック100~200円程度で買うことが出来ました。

シーズン最後の方の商品にならないようなものは、ジャム用にとタダで摘ませて貰ったりも出来ます。

投稿: ラナ | 2005/01/17 20:48

ここへ来てやっと、スーパーでも¥398の苺を見かけるようになりました。
私も苺は好きでよく買いますけど、¥500以上の時は御贈答用と思って諦めてます。

苺、立派に育ってますね。
ガクも大きいから、きっと春には立派な実がなるでしょうね。
ツルが伸びて来たらその先にもいっぱい新しい苗が育って…。
苺の花も可憐でいいですけど、その後の収穫の喜びが嬉しいですね。

実がなった写真も楽しみにしています。

投稿: nanbu | 2005/01/18 07:58

ラナさん、こんにちは。
1パック100~200円ですか? いいなぁ~
家で食べるのに、小さめでも不揃いでも美味しければどうでもいいことですもんね。シーズンの最後とはいえ、ジャム用をただで摘ませてくれるというのも、なんとも気前のいい話。ウラヤマシイ...

nanbuさん、プレッシャーです~
小さなプランターしかなかったので、うちの苺ちゃんは蔓を伸ばしたくとも伸ばせず窮屈な思いをしていると思います。栄養不足と根詰まりで食べられる実はならないような予感がします。おっきなプランター買って来るべきかな。

ちょっとこの場を借りて補足です。
私の書き方が足りなくて、親戚の家が苺栽培農家だったかのような文章になってしまいましたが、そうではなく、畑の一部を使わせてもらって父が3畝くらい作らせてもらっていたのです(多分 ^^;)。

投稿: ポージィ | 2005/01/18 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/2593603

この記事へのトラックバック一覧です: 苺シーズン到来:

« 筋雲の空 | トップページ | ノロウィルス »