« 紅つげ | トップページ | マイ・テーマ曲って...無いなぁ »

2005/01/20

つららの思い出 ~大寒によせて~

寒中でも最も寒いとされる時期を迎えました。
今日は二十四節気の「大寒」。
この日に合わせるかのようにまた寒波が来ているそうです。
日本海側はまたまた大雪の恐れとか...雪かき・雪下ろしのご苦労は
めったに雪の降らない地方で暮らす者にとっては、想像をはるかに
超えるものであろうと思われます。
お怪我をされたりなさいませんようお気をつけください。

愛知で成長し、この十何年かは神奈川で暮らしてきた私ですが、
おんぎゃぁと生まれ出たのは山形県においてのことでした。
5歳頃まで父の仕事の都合で東北各地を転々としていたためです。

小さいときの記憶はどれもぼんやりしているのですが、確か最後に暮らしていた
山形某市では、冬になると小さかった私の背丈よりはるかに高く雪が積もり
住んでいた借家の軒先にはつららが何本もぶら下がっていました。
つららは、昼間日の光を受けるときらきらと輝き、雫をぽたぽた落とし
きれいだったことをおぼろに覚えています。
なかには、けっこう鋭くとがりかなりの長さのものも...
「軒下から出入りするときはぐずぐずしないで、さっと通り過ぎなさい。
 つららが落ちてきたら突き刺さってしまうからね。」
母にそう教えられ、かなりの恐怖と少しばかりのスリルを感じながら
パッと跳んで移動していたものです。
「大寒」という言葉とともによみがえってきた思い出の光景...。

幸い本当に恐ろしい思いをするようなことはなくすみましたが、
実際のところはどうなのでしょう。
つららが降ってきて怪我をするなどということもあるのでしょうか。

|

« 紅つげ | トップページ | マイ・テーマ曲って...無いなぁ »

コメント

ポージィさん、こんにちは。

トラバありがとうございました。お礼にこちらからもトラバさせていただきます。

私は、スキーに行ったとき位にしかつららを見ることがないので、あまり注意を払ったことがありませんでした。

これからは注意しないとだめですね。

投稿: ラナ | 2005/01/21 23:09

ラナさん、ありがとうございます。

私は逆にスキーに行ったときのつららの記憶がありません。
自分のことで精一杯、必死で周りが何も見えていなかったのかもしれませんねぇ(笑)

つららの落下による事故って、あるのか無いのかわかりませんが、今度スキーにいらしたときはちょっと軒先に注意なさってください。

投稿: ポージィ | 2005/01/22 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つららの思い出 ~大寒によせて~:

» パウダースノーを楽しもう [ラナの日々]
今日1月20日は二十四節気のひとつ大寒。それに合わせるかのように寒気が日本列島を [続きを読む]

受信: 2005/01/21 23:03

« 紅つげ | トップページ | マイ・テーマ曲って...無いなぁ »