« クックは 「還暦」  | トップページ | 春を待つ ~その2(つぼみ)~ »

2005/01/25

日常の中のミステリー

先日、テーブルの上にみかんを置こうとしていて
誤って落っことしてしまいました。
テーブルの上でワンバウンドして床へと落下していったのは
わかったのですが、同時に他のこともしようとしていたときだったので
目で追うことはできず... でも、落ちたのは「みかん」ですからね。
手が空いてから、ちょいとしたに目を向ければ
当然のごとく、すぐに見つかると思っていたのです。

ところが...  あれっ、ない! えーっ? ない!?

何度も言うようですが「みかん」です。小さなビーズとかじゃないんだから。
床に這いつくばってテーブルの下、ベンチシートの下、食器棚の下、カーテンの陰、
ありえそうに無かったけどクックの簡易ベッドの中まで見てみました。
でも見当たらない。
諦めたらどこかで青いボールと化してしまいますから
見つけないわけにはいきません。

狐につままれたような思いで捜すこと約5分。
いたーっ! (「あった!」じゃなく「いた!」と叫んでしまった...)
食器棚の足の裏側の死角へ回りこんで見事に隠れておりました。
まるで手で持ってそこに置いたかのように。

ささやかながらミステリーを味わったのでした。

(題に誘われて読んでくださった方、がっかりさせてしまってゴメンナサイ)

|

« クックは 「還暦」  | トップページ | 春を待つ ~その2(つぼみ)~ »

コメント

ある!あるある!!絶対ある。
それ、よぉ〜〜〜く分ります!まるで神隠しにあったように…。
頑固な兄は「四次元の世界に行ったんだ!」と言い張った事もありました。(その気持ちは分るけど。)
どうしても見つからない時、「♪探すのをやめた時、見つかる事もよくある事です。」って歌を思い出します。(必要がなくなった頃に見つかるんですよね。)

投稿: nanbu | 2005/01/25 15:20

nanbuさん、共感していただけて嬉しいです~。
そうですそうです、もういいやって諦めたとたんに見つけたり、
思いがけない場所に発見したりするんですよね。

みかんは四次元の世界に行かせるわけにはいかなかったので、
かなり真剣に捜しました。(^^;)

投稿: ポージィ | 2005/01/25 16:41

なにか落っことして見つからないとき、
「お迎え」と称して同じものをもうひとつ落としてみることがあります。
運がよければ同じ軌跡をたどって、最初に落としたものと近い位置に行くかな?と思って・・・。
(もちろん、ふたつめの行方は目を皿のようにして見守るのです。)
ふたつとも行方不明になる可能性がありますが、わりと良い確率で見つかっています。
「探し物はなんですか~♪」私も歌いますよ!!

投稿: megumi | 2005/01/26 12:38

megumiさん、こんにちは!

>「お迎え」と称して同じものをもうひとつ落としてみることがあります。
運がよければ同じ軌跡をたどって、最初に落としたものと近い位置に...

なるほど、その手もありですね。なかなかに科学的。次の機会には試してみましょ。まあねー、私の場合動体視力があんまりよくないので、目を皿のようにしていても見失っちゃうかもしれませんけど...汗;

♪カバンの中も机の中も探したけれど見つからないのに..... 

投稿: ポージィ | 2005/01/26 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常の中のミステリー:

« クックは 「還暦」  | トップページ | 春を待つ ~その2(つぼみ)~ »