« 今 はまっているドラマ | トップページ | メキャベツ食べました »

2005/02/03

強剪定

今日は節分。季節を分かつ...んー今しばらく寒い日が続きそうです。

クックと散歩で歩く道沿いでは、この冬、
庭木を強剪定されたお宅が目に付きます。

古くからある樹が大きくなりすぎて、
『たまにしかできないから、やるときは思い切ってやるぞ!』
といったところでしょうか。
この強剪定、私にはうかがい知れない何かの法則に則ったものかしら?
素人の目には無造作にばっさばっさと伐っただけのように見えるのですけれど。
こんなにも切り詰めてしまって大丈夫なのかな...。
なんだか痛々しく見えてしまいます。
冬の曇り空をバックに撮った写真、余計に寒々として感じられます。

050201kyousentei1 050201kyousentei2
    たぶん「ケヤキ」           左:ケヤキ、右奥:イチョウ

|

« 今 はまっているドラマ | トップページ | メキャベツ食べました »

コメント

長レスになってしまいました、申し訳ありません。
強剪定、って言うんですね、こういうの。
昨年当地は、記録的な風台風が直撃し、有名なポプラ並木をはじめ、公園や街路樹などに壊滅的な被害が出ました。50年ぶりとか言われてました。もちろん私は生まれて初めてです。
そのせいかもしれません。倒れてしまった木は仕方ないのですが、そうでない普通に元気そうな木や、もっと若い木まで、ばっつばつ剪定されちゃってますね。
私が住んでいる賃貸マンションの近くに児童公園があって、物凄く大きなポプラが6本立っています。その中の1本の割と大きめな枝が、今回の台風の前から折れていて、風が吹いたら危ないなーなんて見てたんですけど、この枝は今回の台風では落ちてきませんでした。その他も、木が傷んだ風には見えなかったのに、およそ上の方3割くらいちょん切られてしまいました。6本とも。そのほかの、桜やななかまど、白樺やダケカンバなども、ある程度の高さの木は全て強剪定されてしまいました。
木に傷がいってるかどうかは、葉が枯れたりするから分かりますよね? これらの木は、台風で落ちたり飛んだりした枝はありましたが、残っていた部分にそんな感じはなかったです。来年ちゃんと葉が出るのか、とても心配です。特に桜、切っちゃって大丈夫かしら?
ちなみにこの台風の時、真ん中分けになるポプラを初めて見ました。

投稿: cue | 2005/02/03 13:16

cueさん、こんばんは!

cueさんのお宅の近くでもですか...
折れたり枯れたりしたものを切ったり、うっそうと繁りすぎたのをすいたり(防犯上)するのは、仕方ないと思いますけど、時折見られる「ばっさり!」は何のためなんでしょうね?大きくなりすぎると管理が大変だからでしょうか。強剪定に耐えうる木だからこそやるのかもしれませんが、ズキンとします。
近くの小さな公園にわりと大きな桜が何本かあります。その桜たち、ある年の冬場にばっさばっさ切られていてショックを受けたのですが、数年後にはすっかり枝を広げていました。(さすがにその春の花は惨めなものでしたが) ですから、多分cueさんのご近所の桜も大丈夫とは思います...。ポプラも桜もナナカマドもみんな頑張るんだよ~。

風がポプラの枝を真ん中わけにする光景って、迫力ありますね。台風のときのTV中継の映像では大抵一塊になってしなっていますよね。

投稿: ポージィ | 2005/02/03 22:07

あぁ、ウチの近所のイチョウ並木も、同じ姿になってました。
万一事故があった時、管理責任を問われない為の過剰防衛だったとしたら、世知辛いですね。
前々からの、計画だったと思いたいです。

投稿: nanbu | 2005/02/04 07:37

nanbuさん、こんにちは!

並木のイチョウは、毎年のように「思いっ切り」
切られちゃいますね。
それでもよく耐えて新しい芽を出し枝を伸ばす、
健気です(涙)。
さすがは生きている化石といわれるイチョウだけの
ことはあって、生命力も強いのかな。

それにしても、人の都合で植えて人の都合で切る、勝手です。
「切り花」を使って花首近くでバツバツ切ってる私がこんなこと
書くのは偽善的なんですけれど。

投稿: ポージィ | 2005/02/04 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/2778989

この記事へのトラックバック一覧です: 強剪定:

« 今 はまっているドラマ | トップページ | メキャベツ食べました »