« 未明の揺れ | トップページ | 春が待ちきれない »

2005/02/17

中部国際空港オープン

今日から、中部国際空港がオープンしました。
愛知出身の身としては、今年の新空港開港と愛知万博は
けっこう関心を持って見ています。
どちらも、開発により自然が失われることや、地球温暖化のことなど
様々な問題を抱えながら(あるいは乗り越えながら?)進められてきましたが、
日本中の人が色々なことに関心を持って考えるきっかけにもなればと思います。
折りしも京都議定書も発効したことですし。

中部国際空港では、トヨタ式が随所に取り入れられ
様々な効率化が図られているそうです。
旧態依然で非効率的にもかかわらず、今までこうしてきたからという理由だけで
ただ漫然と続いてきたことの見直しなど。
中部国際空港が、民間企業から50%の資金が出ている、初の民間経営の
国際空港であるからこそ、新しい空気が入ったのかもしれません。
様々な業界で、異業種参入が澱んだ空気に新鮮な風を吹き込んでいるように。

ところで、荷物のセキュリティには「インライン方式」とやらが取り入れられていて、
ベルトコンベアーで運ばれていく途中でX線チェックされるそうですが、
地元名物の「ういろう」や「八丁味噌」は、プラスチック爆弾と間違われる
可能性ありなんだそうです。なんとまぁ!
ま、確かに映画などで見るプラスチック爆弾って粘土みたいですからね。
X線透視の影だけ見たら、青柳ういろうも大須ういろうも棒状の爆弾に見えるかも。

|

« 未明の揺れ | トップページ | 春が待ちきれない »

コメント

中部国際空港 今朝オープンでした・・・・出勤前のニュースでそれを知りました(汗)。 地元ではまだすったもんだともめているのが町の名前をセントレアにするか しないか。 愛知万博も もめにもめたという経過があって ようやくもうじきオープン・・・・でも宣伝が地味過ぎて 全国のひとたちは ほとんど知らないんじゃないだろうか・・・・例えば モリゾウとキッコロというキャラクターのことも。

愛知万博の長久手会場のほうは 僕の自宅からすぐ近くなので 少しづつ形になっていくのを通るときにながめながら もうすぐたなあと楽しみにしています。

万博が始まったら ぜひ名古屋にござりゃ~せ←こんな名古屋弁の使い方でよかったのかな(^^) 

投稿: nezimaki | 2005/02/17 11:43

nezimakiさん、こんにちは。

そうそう南セントレア市、もめてましたね。
万博&モリゾウとキッコロはまだ知名度が低いのかな。知ってる人の間ではキャラクターたちは人気あるみたいですが。
万博は3月からでもう準備も最後の追い込みですよね。
せっかく開催するのですから大勢の人が行ってくれるといいですね。私も行けるといいなぁ。

>ぜひ名古屋にござりゃ~せ←こんな名古屋弁の使い方でよかったのかな(^^)

う~ん、私にはわかんないです。どなたか生粋名古屋人の方いらっしゃいませんか~? 

投稿: ポージィ | 2005/02/17 15:27

毎度めでたくオープンですねぇ、中部圏のテレビはもう朝から晩までこのニュースでしたが、首都圏じゃどれ位の扱いでしたか?

まぁ中部圏の経済が順調なのは、バブルに踊らず愚直に己の道をコツコツ進んだ為なので、大きく扱われても天狗になったりはしないだろうけど(*´▽`*)

セントレアはトヨタ式で成功VS関西空港は松下式で借金を返済するらしいですね、確かガイアの夜明けで見ました。

ういろうがプラスチック爆弾?、案外似てるかも…実物はさすがに見たことないけど、あんな形状だと何かで聞いたコトがある(*´▽`*)

とにかく万博も1ヶ月後に控え、モリゾーの着ぐるみの目つきは相変わらず恐いけど、ここ数十年でもっとも愛知が燃える年がいよいよ始まったのが実感です( ̄ー ̄)v ブイ!

nezimakiさんコメントへの横レスですが、「ござりゃ〜せ→いりゃあせ」では無いかと推測します。

私は生っ粋ですが、中学生の自由研究でネイティブナゴヤン(昔から名古屋人のお年寄り)に、お話をうかがいにいった時、失礼ながらまったく理解できなかったから、不安な回答ですが(*´▽`*)

投稿: くさなぎ | 2005/02/17 22:47

くさなぎさん、こんにちは!

私がたまたま見たニュースでは、さらりとした紹介にとどまっていましたねぇ。昨年末の羽田第2ターミナルオープンのときの方が扱いが大きかったような。中部圏のニュースでは朝から晩までですか(^^)やっぱ力の入り具合が違いますよね。あ、でも新聞(朝日)では見開き2ページ・バ~ンと使って紹介されてました。

>「ござりゃ〜せ→いりゃあせ」では無いかと推測します。

ありがとうございます。な~る...(nezimakiさんも読んでくださっているかしら?)なかなか微妙ですね。

投稿: ポージィ | 2005/02/18 10:17

くさなぎさん はじめまして。
名古屋・・・・生粋じゃないので それにいろんな地方の方言もちゃんぽんに混ざってしまっているので くさなぎさんに言われ そういえば いりゃ~せという言葉 聞いたことがあります。

名古屋弁 面白いなと思ったのが
黄色い・・・・きぃない
てきぱきと・・・・ちゃちゃっと
ものずこい・・・・どぇりぁ~
独特の方言が まだほかにもたくさんあるんでしょうね。

投稿: nezimaki | 2005/02/18 15:24

nezimakiさん、ありがとうございます。
(くさなぎさぁ~ん、読んでくださってますか~?)

挙げてくださった名古屋弁を読みながら、かって2年間通った名古屋の言葉、すっかり忘れてるなぁと気づきました。まぁ当時も聞く方ばかりで使ってなかったですから無理ないかな。

投稿: ポージィ | 2005/02/18 21:45

(='m') ウププ
プラスチック爆弾… たしかに間違われやすいのかもしれませんねぇ。なんたって粘土状のモノは空港関係は厳しいですから。
昔、親戚の子どものお土産に粘土を持ってた時はこっぴどく怒られました(笑)。なにも粘土をトランクに詰める事ないだろうって。

それにしても地元の名物を検知するたびにいちいち調べてたら… それって、空港の機能がマヒしちゃわないのかな?とか思っちゃいます。
「金物はココに置いて」みたな「八丁味噌とういろうはココに置いて」って仕組みが必要ですね。
(緊迫感無いけど(笑))

投稿: ろぷ | 2005/02/19 08:48

ろぷさん、いらっしゃいませ。

あらまぁ、ろぷさんは粘土でとっちめられた経験者でしたか!ウフフ
空港側は「紛らわしいものは入れないでください」って呼びかけているみたいですけどね。ういろうや八丁味噌はお店で買ったほやほやを手荷物で持ち込むべしってとこでしょうか。
ういろうの影を見ながら眉間にシワ寄せて「これは開けて調べるべきか否か...」って悩んでる係員の姿を想像すると笑えちゃいます。笑い事じゃないって怒られそうですけど。

投稿: ポージィ | 2005/02/19 10:59

nezimakiさん初めまして&ポージィさんこんばんは

>名古屋・・・・生粋じゃないので それにいろんな地方の方言もちゃんぽんに混ざってしまっているので
大丈〜夫です、私も生まれ育ちは名古屋ですが、両親が三河ですのでえ〜かげんです( ̄ー ̄)v

一人暮らしで右に「〜じゃけん」の広島弁、左に「〜やねん」関西弁(かなりネイティブ)に挟まれて数年生活したので、今やすっかりインチキ関西弁じゃけん(*´▽`*)

>名古屋弁 面白いなと思ったのが
私のお気に入りは以前ここでも話題に上げたような気もしますが鉛筆「とっきんとっきん」です。
次点は「けったマシーン」かな正確には名古屋近郊弁ですがヾ(´▽`;)ゝ


>(くさなぎさぁ〜ん、読んでくださってますか〜?)
は〜い遠い空のしたで読んでますよ〜って今日は雨ですね(*´▽`*)

>まぁ当時も聞く方ばかりで使ってなかったですから無理ないかな。
自由研究話でもありましたけど、生っ粋の名古屋弁を話せる人は本当に少なくなりましたし、理解できる若い世代を育てなかったことが心配です。

名古屋弁が薄くなって使っている意識がなくなっている例として、とある中学校がディズニーランドに行った時の話、東北の学生の会話を園内で聞いて
「うわ〜あいつら東北弁使っとるがや」と言い逆に周りの人にそれを爆笑されて初めて「〜がや」が名古屋弁と知ったそうです(*´▽`*)

投稿: くさなぎ | 2005/02/19 17:28

くさなぎさん、こんばんは。ありがとうございます(^^)

「けったマシーン」はなかなかの傑作ですよね。
私の周りでは縮めて「けった~」と言う人が多かったですけど。文字では表せない微妙なイントネーションで。

>生っ粋の名古屋弁を話せる人は本当に少なくなりましたし、理解できる若い世代を育てなかったことが心配です。

どこでもそうかもしれませんねぇ。三河弁も今でも使われているのはごく一部ですもん。方言には独特のあったかみがあるんですけどね。
そういう私は中学頃から自分に「標準語」を課して脱三河弁はかった口ですが。
いえ、標準語を完全マスターしたつもりでも、それと気づかずに三河弁を使っているときもあるらしくて、くさなぎさんのお話に出てきた「~がや」少年とどっこいどっこいかな。

投稿: ポージィ | 2005/02/19 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部国際空港オープン:

« 未明の揺れ | トップページ | 春が待ちきれない »