« 視界 | トップページ | 好みの再認識 »

2005/02/10

インフルエンザ

この冬のインフルエンザの流行り始めは遅れていたようですが、
それでも先週辺りから急に学級閉鎖などの話題が出始めました。
乾燥と低温が続くとてきめんですね。
今年の流行のピークは2月中旬から下旬にかけてになりそうとのことです。
手洗いなどをしっかりして、かからないようにしたいものです。
前触れなく急に38度以上の高い熱が出て体の節々が痛んだら
インフルエンザを疑って病院に行きましょう。
このごろでは発熱して2日以内なら特効薬もあるといいますし。

インフルエンザ、子供のころかかったきりずーっと無縁で来たのが、
ぅん十年振り?にかかったのは、ちょうど雪が20センチほども積もった日でした。
翌日熱でふらふらしながら雪かきとベランダの雪下ろしをしたのでした。
(おかげで、それ以来雪へのロマンチックな思いは消え去った...)
その次は8年前の3月。ある辛いことがあった直後だったのでよく覚えています。
そのときは40度の熱を出しながら仕事もし、クックの散歩もしてやらなくては
いけなくて、泣きたい気分でしたっけ。
弱り目に祟り目で、立て続けに急性胃腸炎・感冒・インフルエンザときたものだから
ちゃんと元気が復活するまでに1ヶ月くらいも要しました。 もうゴメンです。

新型のインフルエンザができて世界的に大流行するのではないかと
いわれるようになって数年。一昨年辺りからあちこちで鳥インフルエンザの発症が
相次ぎましたし、この心配が現実のものになるのもそう遠くないかもしれないと
思うと怖いですね。

ところでこの疾患(インフルエンザ)、中世のイタリアでは、星の配列や運行、
つまり「天体の影響(influenza cieli)」によって起こると考えられていたそうです。
その後冬に流行するため「寒さの影響」とみられるようになり、
影響を意味する「influenza=インフルエンザ」が定着したのだそうですよ。ヘェ~
(新聞からの受け売り)

|

« 視界 | トップページ | 好みの再認識 »

コメント

こんばんは、生字引です。

ウチでは今、息子がインフルエンザで学校を休んでいまして、それを看病している母親にまでうつったりして、まさにインフルエンザ真っ盛りです。

僕らが小学生の頃は、学校でインフルエンザの予防注射を打たれた(打って頂いた?)のでまったく縁がなかったのですが、現在の小学校ではその予防注射はやらないんだそうですね。
経緯について詳しくは知りませんが、こうなってくると続けてくれてれば良かったのになと思ってみたり、まぁいろいろ問題があって廃止になったんだろうなと思ってみたり...

投稿: 生字引 | 2005/02/10 20:01

生字引さん、こんばんは。

あちゃぁ~、生字引さんのお宅では今まさに、ですか。生字引さんまでうつって一家全滅になりませんようお気をつけください。
しかし、自分も高熱出しながらお子さんの看病しなきゃいけない奥様、お辛いでしょうね。お大事に!

インフルエンザの予防注射、今では任意ですものね。私も、学校で注射するのが決まりになっていたからこそ、ぅん十年も罹らずにこられたのかもしれません。

投稿: ポージィ | 2005/02/10 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ:

« 視界 | トップページ | 好みの再認識 »