« シンビジューム 〝ミニエクボ〟 | トップページ | 珍しく撮れたニャンコ写真 »

2005/03/21

ホトケノザ ~道端の草花、第3弾~

ホトケノザ、これまたポピュラーな野草です。
この春もあちこちでどんどん咲き始めました。
一つ一つの花は小さいのですが、群生していると見ごたえあります。
花を間近でまじまじ見たことはあまりなかったのですが、
可愛らしい色をしています。形は変わっていますね。
細かい短い毛がたくさん生えています。

050309hotokenoza_up
 
 もう完全に日本にとけこんでいますが、 
 オランダミミナグサ同様、 
 ヨーロッパ原産の帰化植物だそうで 
 こちらは「春の七草」の 
 「ホトケノザ(コオニタビラコ)」とは 
 別物。 紛らわしいですね。 
 
 
050309hotokenoza 
 花の下にある、茎を囲むように 
 ついている葉を、仏の蓮華座に 
 見立ててこの名前で呼ばれるように 
 なったようです。 
 
 私的感覚では、「ホトケノザ」の名前は 
 コオニタビラコよりこっちの方にピッタリ 
 という気がします。

|

« シンビジューム 〝ミニエクボ〟 | トップページ | 珍しく撮れたニャンコ写真 »

コメント

ホトケノザ(コオニタビラコ)となぜ同じ名前なのかしら? この色好きです♪

投稿: Lunina | 2005/03/21 15:35

☆Luninaさん、こちらにもありがとうございます。

紫の色合いが強すぎず、かわいいきれいなピンク色ですね。
コオニタビラコがホトケノザと呼ばれるのはなぜでしょう?
コオニタビラコの葉っぱが、ロゼット状になっているのを蓮華座に見立てたのかしら。
どうしてまったく別の植物が同じ名前で呼ばれているのか、
ううん…なぞです。

どなたかご存知ですか?

投稿: ポージィ | 2005/03/21 18:59

3連休、実家に帰り、実家の前の空き地に咲いていた花。「なんだっけ。この野花?」とすっかり名前を忘れてしまっていた「ホトケノザ」。ポージィさんのブログを見て思い出すことが出来ました。小さい頃はなぜかこの花がうさぎに似てる!と思っていて大好きでした。都内では見ることができないのが寂しいです。生えていないのか、生えていても気付いてあげる余裕が無いのか。こういう道端の草花でも春を感じることができるってステキですね★少し下を向いて歩こうかしら♪

投稿: epcot | 2005/03/23 00:20

☆epcotさん、ようこそ♪

都会の喧騒の中で下を向いて歩くのは突き飛ばされそうで危ないかも(^^)。でも、植栽の脇や歩道のなどのわずかな隙間などにも、たくましい草花の姿を見つけることがありますから、都心でもどこかでひっそり且つたくましく花開いているかもしれませんね。

ピョンと上に突き出た小花がウサギの耳に見えたのかしら。子供の目線、楽しいワ。

投稿: ポージィ | 2005/03/23 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3377427

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザ ~道端の草花、第3弾~:

« シンビジューム 〝ミニエクボ〟 | トップページ | 珍しく撮れたニャンコ写真 »