« 繊細な花びらの幾重の重なり | トップページ | 雛祭り 桃の代わりに梅を  »

2005/03/02

がっかり… いちごのこと

ココログの容量を増やしてくれたこと、niftyさまに感謝。
それは嬉しかったのだけど、それとは関係なく昨日はショックな発見を
してしまいました。

昨年の秋に買ったいちごの苗。(1/17「苺シーズン到来」
劣悪な環境(寒い・日当たりイマイチ・プランター小さい)にもめげず、
最初についていた実が少しずつ赤さを増すのを楽しみにしていたんです。
親指の爪ほどの小さな実だし、すっぱいかもしれないけど、
真っ赤になったら夫とはんぶんこして味わおうと...

昨日、もうそろそろいいかなと、屈んでのぞきこんでみたら みたら えっ??

 ない~っ !!!!!

ヘタのすぐ間際からきれいさっぱり消えてました...
楽しみにしてたのに。 待ってたのに。
食べちゃったのは誰?? 小鳥?それともねずみ?
ちっちゃな、たった一粒のいちごのことで、と思われるかもしれませんが
ほんとにがっかりしてしまいました。
食べた犯人にとっては、食べるものの少ないこの時季に
思いがけないめっけものだったでしょうね。
でも私は…… 泣~~

|

« 繊細な花びらの幾重の重なり | トップページ | 雛祭り 桃の代わりに梅を  »

コメント

残念ですね。 家のベランダのは、まだ全然
花も咲かないですよ。

画像ではあのイチゴ、ガクもしっかりしていましたし、大きくなりそうだったデスよね。
そういえば家のベランダでも
実が突付かれた跡がありました。

日陰でも 結構食べられますよ。(笑)
まだまだ実のなる時期はこれからだと思いますが、
アブラムシ撃退が忙しくなります!!

え?ココログの容量増えたのですか?
気付きませんでした。。

投稿: ひょん | 2005/03/02 11:54

お気持ち、よぉ〜〜〜くわかります。
冬の間、精一杯育ってくれた実ですから、愛着もひとしおだったと思います。
でも、イチゴはこれからが本番ですから…。(^.^)

ひょんさんちもイチゴ育ててるんですね。いいなぁ…。

投稿: nanbu | 2005/03/02 15:45

☆ひょんさん、ありがとうございます。

えーひょんさんのお宅のもつつかれた跡が?
鳥たちも生きるために必死なんですね。
むむむ、春になったら今度はアブラムシですか。
無傷の1号果実を食べられる日はいつになるやら。

もう、ご確認済みと思いますがココログ容量増えたんですよぉ。
無料のベーシックが30メガバイトから50メガバイトになりました。
他が100メガバイトと300メガバイト♪

☆nanbuさんも、ありがとうございます。

ハウスじゃない自然の環境では旬はこれからですもんね。
気持ちを切り替えて、今後に期待します。
でも、まずは窮屈なプランターを何とかしてやるべきかも。

投稿: ポージィ | 2005/03/02 20:50

 我が家の植物も、この時期になると「ひよどり」に狙われます。以前に「いちご」を育てたときはもちろん「ブロッコリー」とか「キャベツ」とかの若い芽も。「葉牡丹」の芽もやられたことがあります。
 時々庭先に「ミカン」とか置いてあげるんですけどね。(いや、それで呼び込んだのか?)

投稿: もりかみ | 2005/03/02 21:36

☆もりかみさん、こんばんは。

うぅむ、苺を食べた犯人は食欲旺盛そうなひよどりかもしれません。我が家の近くでもよ~く見かけますから。
そういえば今日の散歩中、とある畑でブロッコリーの中にはまり込んでお食事中のヒヨドリも見かけました。
森上さんのお宅では確かにみかんで呼び込んでるかも!(笑) あ、ここにも美味しそうなのがある、いただきー!って。
でも、みかんにはメジロなどもやってきますよね。

投稿: ポージィ | 2005/03/02 22:39

実はうちは いろんなイチゴがあるんですよ。
ワイルドべリーの一種には、白いままの実の
ものがあって、いつ実ったか分からないので
これは、流石に鳥も 食べ時が分かりません。
すごく小さい実ですが、香りがよくって甘いんです。

でも、あれは人間だって赤いから嬉しいし、美味しいんですよね。白い実は何だかそっけないです。(笑)

容量、増えていましたね!!
ならば、と、画像を入れてみました。
まだまだ 増やしてくれそうな雰囲気でしたよね?期待しちゃうなあ。

投稿: ひょん | 2005/03/03 20:47

☆ひょんさん、こんばんは。

ひょんさんのお宅にはいちご類もいろいろ!いいですね。
白いままの実の種類もあるとは知りませんでした。
鳥の目にとまらないように?
あ、でも実としては鳥に食べて種を運んでもらった方がいいのかな、
いやいや、いちごはランナーを伸ばしていって殖えるんだから食べられなくても
構わないのか...ぶつぶつ。 おっと失礼しました。

そうそう今思い出したのですが、小さかったとき、父が草むらに実っていた
野生のいちごを摘んで「これは食べられる。あれは美味しくない。
それは食べられない。」と教えてくれたことがありました。
そのとき食べたのは野いちご?なんだったのでしょう、小さな粒でしたが
甘酸っぱくて美味しかったです。
そんなことを教えてくれたのはあの時1度きりだったなぁ。

容量の件、今後も期待しちゃいますね!

投稿: ポージィ | 2005/03/03 22:18

私も、今住んでいるところに越してきてすぐ、ベランダ菜園をやろうと思ってなすとピーマンの苗を買ってきたんですが、唯一出来た一見奇麗なピーマンは、裏側に直径5mmくらいの「入口」がありました。
中に誰かいたらやだなーとドキドキしながら水没させ、切り開いたら、空だったので洗って食べちゃいました。
なので、今回のポージィさんの気持ちは、とぉぉーっても良く分かりますよ…。

投稿: cue | 2005/03/04 02:30

cue さん こんにちは
話がイチゴからずれてしまいますが
ピーマンの中の住人さん、
生協で届いた物の中を割った時に
ご対面した事があります・・(恐)
以来、ピーマンには慎重になりました。
種を食べているみたいで、その虫の
糞からピーマン本体が痛んでこない限りは
食べられますね。(ピーマンを)

投稿: ひょん | 2005/03/04 09:54

☆cueさん、ありがとうございます。

皆さん多かれ少なかれ「がっかり」を経験していらっしゃいますね。

野菜や果実を無視に食べられるとき、こっそり見えない側から入り込んでいることがよくありますね。やっぱり見つかると命が危ないと本能的に知っているんでしょうか。(と思わず感心してしまう...)
ピーマンの中、すでにお留守で良かったですね。おっきな芋虫がニッと笑ってたりしたらげんなりですもん。(その場合でも、洗って食べちゃいますが)
以前「なーに、野菜に虫がついていたって平気よ。これも蛋白源って言って食べちゃうわよ。」とおっしゃったつわものがいらっしゃいました。芋虫食べるのはいやだなぁ。


☆ひょんさん、こんにちは。

cueさんへのコメントを書いていたら、ひょんさんからcueさんへのコメントが入ってきました。私からもレスしちゃいます。
ひょんさんが書かれたのとまったく同じ経験、ありますよー。私の場合自分で選んで買ってきたものでしたが(選別を誤った...)。レタスの奥の方にでっかい芋虫がいたこともあったっけ...  お味噌汁の具にした小松菜を食べようとして箸でつまんだら、葉裏にびっしり虫の卵がついているのをそのとき初めて発見したこともあったっけ...あのときはしばらく小松菜を買う気になれなかったわ。
あはは、どんどんイチゴからずれてゆく。こういう話って尽きないですよね。

>食べられますね。(ピーマンを)
 思わず爆笑しました ↑

投稿: ポージィ | 2005/03/04 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3131449

この記事へのトラックバック一覧です: がっかり… いちごのこと:

« 繊細な花びらの幾重の重なり | トップページ | 雛祭り 桃の代わりに梅を  »