« 生命力 | トップページ | どっちも蕾だけれど »

2005/03/17

はこべ  ~道端の草花、第1弾~

今日は柔らかな雨が降っています。
 『紅のニ尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨の降る』 
         (覚えているごくわずかな短歌の一つです)

それはさておき、道端では春の小さな草花たちが、かわいらしい花を
つけ始めています。このハコベもその一つ。
050305hakobe

日に日に葉っぱの緑はつややかさを増し、柔らかく美味しそうになってきました。
 『美味しそう!?これ食べられるの?』 って思った方、
人が食べられるのかどうか、美味しいのかどうか、実は知りません。
  (↑ 食べられます )

実家で、高校生のときから10年以上に渡って手乗りの白文鳥を飼っていました。
与える菜っ葉類は山東菜や白菜でしたが、ある春の日母が言いました。
「畑の中にハコベが生えてるでしょう。あれ採ってきてやってごらん、食べるから。」
私、さっそく外へ行って採ってきました。
そうして文鳥(名前はルル)に差し出してみると、……
まったく、何ら躊躇することもなく、ついばんで食べたのでした。
目も開かないような雛のときから育てた、外の世界を知らない鳥なのに
本能的に知っているのかと、びっくりするとともに感動したものです。

以来、ハコベの柔らかそうな葉を見ると「美味しそう」と思うようになったんです。
(ちなみに、体長5ミリほどのちっちゃな青虫も見せたところ、
 こちらも躊躇なく食べちゃいました)

ハコベ:薬用にも食用にもなるようです。
     薬としては婦人科系(産前産後)や歯槽膿漏の予防・歯痛に。
     昔は塩ハコベで歯磨きしたそうです。 
     食用としては和え物・汁物の具・天ぷらなど。(春の七草の一つでした 恥;)

|

« 生命力 | トップページ | どっちも蕾だけれど »

コメント

あれ?「ハコベ」の名はよく聞きますけど、見た覚えがありません。
図鑑で調べたら、1枚の花びらが2つに裂けているとかで、ますますもって「?」

>春の七草の一つでした

「ごぎょう・はこべら・ほとけのざ…」の「はこべら」ですか。
「なずな(ぺんぺんぐさ)」や「ごぎょう(ははこぐさ)」は、よく見かけるのに。
普段いかに見過ごしているかを、改めて痛感しました。

>実家で、高校生のときから10年以上に渡って手乗りの白文鳥を飼っていました。

くちばしがピンクの白文鳥、カワイイですよね。
ウチではジュウシマツを飼ってたんですけど。考えてみたら、それ用のエサと菜っ葉以外食べさせた事がありませんでした。(試してみればよかった。)

投稿: nanbu | 2005/03/17 14:43

☆nanbuさん、こんばんは!

ハコベ(「はこべら」のことです)、お見かけになりません?うちのほうではハハコグサを見かけません。いつか見つけてやろうと思っているんですけれど。
ハコベの花びらは、ハート型の上のくぼみ部分をを下の先端部分に向かってうんと深く切り込ませておいて、上下にびょ~~~んと引っ張って細長くしたような形をしています。(ったくすごい説明ですね) 要は2枚に分かれてしまいそうなほど深い切込みが入っているのです(^^)。

>(試してみればよかった。)

ミニ青虫をですか? ウフフン

投稿: ポージィ | 2005/03/17 21:30

ハコベ、懐かしいですねー。
実家に居た頃は、セキセイインコとアミメドリという愛玩鳥を、代替わりしながら長い期間飼っていました。
やはり母が、ハコベを取ってきて鳥用の青菜活けに挿すようにと言うのでそうすると、食べてましたね。
特に、つぼみやまだ若い種の部分。シャリシャリといい音を立てながら、目を細めてついばんでいました。
今住んでいる街はけっこう都会ですけど、それでもたまにハコベを見かけます。ちょうどいいな、鳥が喜びそうだなー、もったいないなーと思いながら、通り過ぎたりしています。

投稿: cue | 2005/03/20 17:49

☆cueさん、いらっしゃいませ♪

cueさんのご実家の小鳥たちも、ハコベを食べてましたか。小鳥たちにとってやっぱり美味しい植物なのですね。若々しい葉っぱは人間の目から見てもいかにも美味しそうですから。(^^)
春、ぐんぐん成長して植え込みを覆ったハコベが根こそぎむしられて捨て置かれているのを時々目にしますが、私ももったいない気がしてしまいます。

投稿: ポージィ | 2005/03/20 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3330426

この記事へのトラックバック一覧です: はこべ  ~道端の草花、第1弾~:

« 生命力 | トップページ | どっちも蕾だけれど »