« 青空に映える ~ハクモクレン~ | トップページ | トウダイグサ ~道端の草花、第6弾~ »

2005/03/29

花のお寺 常泉寺

3月27日(日)に、神奈川県大和市福田の「常泉寺」に行ってきました。
花のお寺として、とりわけ「三椏(みつまた)」で有名なお寺です。
~「かながわの花の名所百選」に指定され、参道の両側と庭園の三椏の花は
  全国唯一の景観と言われています。~  (リーフレットより)
ほんの一駅隣なのにこれまで行ったことがなかったのですがついに、です。
こぢんまりとしたお寺でしたが、ミツマタを始め様々な花木や草花が植えられ
春先といわず四季を通してその時々の花を楽しめそうでした。
点描ということで小さい写真をいくつかアップしました。
詳しくは「常泉寺」のHPへ飛んでご覧になってくださいね。

050327zyousenzi_sandou 050327zyousenzi_tanuki
  参道 両側に三椏    河童を始め様々な石像が点在。これは巨大狸。 

050327zyousenzi_boke 050327zyousenzi_sansyuyu_up 050327zyousenzi_akahanamitumata
   真っ赤な木瓜の花       サンシュユの花       赤花の三椏
050327zyousenzi_sansyuyu 050327zyousenzi_kyodaitubaki
    満開のサンシュユ       すっくと立つ椿の高木

|

« 青空に映える ~ハクモクレン~ | トップページ | トウダイグサ ~道端の草花、第6弾~ »

コメント

数年前のお正月に、七福神めぐりをしに東京に行ったとき、帰りに鎌倉の長谷寺にも行きました。本当に、触れ込みどおりの花だらけのお寺で、見たことのない花がいっぱいで、写真もたくさん撮りましたよ。
そのときに、生まれて初めてミツマタの花(つぼみ?)を見ました。お札の原料はミツマタとコウゾです、と小学校の時に習ったアレがコレかぁ、本当に枝が3つに分かれてるなぁ、と感心したのを覚えています。開いたら赤い花(もある)だったんですね。へー。
ボケは実家にもあったので知っていますが、サンシュユと言うのも初めて知りました。桜とか梅とかばかりでなく、こんな風にいろんな花が咲く季節に旅行が出来たら、いいですね。血が騒ぎます。

投稿: cue | 2005/03/31 02:27

☆cueさん、こんにちは♪

長谷寺へ行かれたのですね!お正月の時期のミツマタはまだ蕾だったでしょうね。(3/12に黄花のミツマタ、1/26に蕾の写真を載せてます。よろしければご覧ください)私が長谷寺へ行ったのはもうずいぶん前ですが、紫陽花の頃でした。鎌倉の花のお寺として有名なものに「瑞泉寺」というのもあるんですよ。奥まったところにあってちょっと遠いのですが、こぢんまりとした感じのいいお寺でした。「常泉寺」と同じくらいの広さかも…

先日行った「常泉寺」、足元にはカタクリ(?)やバイモユリなど山野草風のものもあったり、水琴窟まであったりと、なかなか風情豊かでした。

花いっぱいの季節にあちこち旅して歩けたら、ほんと素適でしょうね。見たことのなかった花やひっそりと咲いている花を発見するたびにわくわくしそうです。

投稿: ポージィ | 2005/03/31 10:53

私も関東在住で大和市は遠くないのですが、滅多に行きませんねえ。(^^;
花めぐりなら東京の公園、神社か鎌倉に行きます。去年まではとても忙しい暮らしで、さっと素通りするだけでしたので、今年はちょっとのんびり花とお話できたらいいと思ってます。

投稿: Lunina | 2005/03/31 11:10

☆Luninaさん、こちらにもありがとうございます。

東京にも大きな素適な公園がいくつもありますものね。私にとっては、東京が結構遠くて行ったことがないんですよ。TVや写真で見ていいな~~と思うにとどまってしまって。
Luninaさん、今年の春はお時間おありでしたら、ほんとにのんびりお花とおしゃべりなさってください。暑くも寒くもないような日に。まったりとした穏やか~な時間が流れていきます。

投稿: ポージィ | 2005/03/31 11:48

水琴窟!…なんとも風雅ですねぇ。
…といっても、テレビで最近知ったんですけど。(^^;)
花の香りの中で聞く水滴の音なんて、いっとき現世を忘れさせてくれそう…。
手水鉢にそそぐ水音や、ししおどしの音色とか、昔の人は音を楽しむ術を心得てたんですね。
音が充満している現在は、風鈴の音くらいしか耳に届かないのが残念ですが。

投稿: nanbu | 2005/03/31 20:48

☆nanbuさん、こんばんは。
 
「水琴窟」なるものを実際に見たのは私も初めてでした。
残念ながら私には聞こえなかったのですが、夫の話では
深いところで澄んだきれいな音が響いていたそうです♪
なんとなく想像つきます(^^)v。

日本の文化は、「色」といい「音」といい「香り」といい…
繊細で風雅ですね。

投稿: ポージィ | 2005/03/31 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3476552

この記事へのトラックバック一覧です: 花のお寺 常泉寺:

« 青空に映える ~ハクモクレン~ | トップページ | トウダイグサ ~道端の草花、第6弾~ »