« 日本桜草 | トップページ | 散歩点描 »

2005/04/20

燃えて萌え出づ

いよいよ新緑の美しい季節到来です。
柔らかく初々しい若葉は輝きを放ってそれは美しいもの。
真っ赤な燃えるような新芽の木もありますね。
少し前からあちこちで、そんな萌える赤い芽が目に付きます。

050406redrobin_ikegaki レッドロビン(西洋紅カナメモチ)の生垣
 見事です。

 確か実家にもありました。
 生垣としてではなく単殖でですが。
 母はアカメガシと呼んでいましたっけ。
 これほど赤が鮮やかではありません
 でしたから、日本産のカナメモチだった
 のかもしれません。
050415irohamomizi_sinme
 カエデの新芽
 多分、イロハモミジの一種だと
 思います。
 カエデの新芽の多くは黄緑色系
 ですけれど、中にはこんな真っ赤な
 新芽で楽しませてくれる品種も。
 やがて、爽やかな黄緑の葉色に…

050415irohamomizi_hana
 カエデの花

 何とか形が見えるでしょうか?
 葉陰でふるふる震えるのを撮ったため
 見づらい写真ですけれど… 
 こんなに繊細な花をつけるんですね。
 やがて、羽付きの実をつけます。

|

« 日本桜草 | トップページ | 散歩点描 »

コメント

こんにちは。
「燃えて萌え出づ」すばらしい銘ですこと。
ほんとうにそうですね、レッドロビンの
生垣が、家の近くにありまして、
わたしもカメラ向けようかと、思ったくらいです。

いま若芽がどんどん伸びてるき、
私も生気をもらいたい…感じます。

投稿: koiredawa | 2005/04/20 14:55

koiredawaさんのサイトから来ました。
あせびの件では有難うございました。
毎年何の花だろうとおもっっていましたので、わかりましてうれしいです。

我が家のモミジも花をつけていますが、葉は緑です、でも若緑でとてもきれいです。
これもカエデなのでしょうか?

投稿: あやや | 2005/04/20 16:40

☆koiredawaさん、こんにちは。

タイトルは、ちょっとかっこつけて遊んでしまいました。
どんどんぐんぐん伸びる生き生きとした若芽は、見ているだけで私たちにもエネルギーを分けてくれそうですね。


☆あややさん、初めまして!

アセビはたまたま名前を知っていましたので…

カエデはたくさん種類があるようですよ。なんでも秋に紅葉するカエデはたいていイロハモミジと思って間違いないとか…。黄緑・緑の新芽が美しいものが多いようですが、中には燃えるような赤い新芽のものも何種類かあるようですね。
たしか、「モミジとは、広く秋に紅葉する木々のことを指し、その中で手を広げたような形の葉のものがカエデである」というような文を読んだ覚えがあります。


投稿: ポージィ | 2005/04/20 22:20

そうか、やっぱりカナメモチにも幾つか種類があるんですね。
写真のように綺麗な赤で上を向いた新芽のものと、もっと赤黒くて大きな新芽のものがあるような気がしていて、それってずっとその木の当たりはずれ?だと思ってました。

投稿: 生字引 | 2005/04/20 22:40

☆生字引さん、こんにちは!

「レッドロビン」は「オオカナメモチ」と「カナメモチ」の雑種から生み出された
品種なのだそうです。
以前ベニカナメモチ(アカメガシ?)の生垣が流行ったものの
その後すたれていたのが、より色鮮やかで育てやすいレッドロビンが
生まれ、また生垣などに多く使われるようになったのだとか。

投稿: ポージィ | 2005/04/21 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3764246

この記事へのトラックバック一覧です: 燃えて萌え出づ:

» 同じ [ラナの日々]
BLOGariというブロク情報サイトで話題のブログというのがあります。この紹介を [続きを読む]

受信: 2005/04/20 23:35

« 日本桜草 | トップページ | 散歩点描 »