« ハハコグサ ~道端の草花、第11弾~ | トップページ | ヤマブキ(山吹)花盛り »

2005/04/16

クレープ風桜餅 (長命寺系桜餅)

3月10日「さくら餅」に書きましたように、私は桜餅といえば道明寺しか食べたことが
ありませんでしたが、先日ついに、生まれて初めてクレープ風の桜餅を食べました。
う~ん ・・・・・
道明寺と比べての軍配は、やっぱり道明寺、でした。私の中では。
有名なお店のものとかではなくスーパーで買ってきたものでしたから、
老舗の長命寺系桜餅を食べたなら、また違ってくるかもしれませんけれど。

一応、試しに食べてみてのご報告でした。

余談ですが、
「すずめの巣」のひょんさんが“さくら餅(関東風)の作り方”の記事をTBして下さったので、
実は作ってもみたんです。揃わない材料でいい加減なことして大失敗でしたけど。
(失敗談は上記のひょんさんの記事のコメントに書きましたので
そちらを読んで笑ってやってください。え、もうとっくに読まれました? T_T)

|

« ハハコグサ ~道端の草花、第11弾~ | トップページ | ヤマブキ(山吹)花盛り »

コメント

さくら餅だめですか?
すごく美味しいと感じてますが。
葉ごといただくと、さっぱりして大好きです。

道明寺より庶民的な感じでしょうね。
私の中では、道明寺はべつの高級和菓子の
仲間かな。

投稿: koiredawa | 2005/04/17 10:00

☆koiredawaさん、こんにちは。

>さくら餅だめですか?

だめではありませんが、小さいときからずっと桜餅=「道明寺」できましたので、
長命寺系桜餅のクレープ風の部分が物足りないと感じるのじゃないかと思います。

長命寺系にしても道明寺系にしても、桜餅は塩漬けの葉っぱも一緒にいただくのがおいしいですね。

投稿: ポージィ | 2005/04/17 14:44

長命寺系桜餅、お試しになったんですね。
私は今回の帰国で、さくら餅食べるぞ〜〜と意気込んでいたわけですが・・・・
店頭で道明寺と長命寺が並んでいると、やっぱり道明寺に心奪われました。で、結局今だトライしてません。
東京の和菓子屋を覗いた時、道明寺のさくら餅だけを置いているお店もありました。
全国的にどうなんでしょう?どっちがメジャーなんですかね・・・。

私のBlogにも書きましたが、日本を経つ前夜、さくら餅は食べられなかったのですが、似たようなお菓子を購入。私が出した結論→私は道明寺粉が好き!ということです。あのツブツブ、もちもち〜と桜の葉の香りがたまらん!というわけです。

日本は何をとってもすべてが良かったです〜。
しばらくは、ホームシックにかかりそう。。。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/04/17 17:46

☆SAKURA-MOCHI さん、いらっしゃいませ。

そうなの、試してみました~。

>あのツブツブ、もちもち〜と桜の葉の香りがたまらん!というわけです。

これ、まさに同感です! プラスしっとり感も(^^)。
全国的にはどうなんでしょ、どっちがメジャーなんでしょうね??

日本ご帰国中に、桜も桜餅もしっかりお楽しみになれてよかったです。
故郷は遠くにありて思うもの、と言いますから日本を遠く離れてめったに
帰れないとなると余計郷愁がつのるし、改めて日本の良い部分が見えてくる
ものかもしれませんね。
うーん、やっぱりちょっとホームシックになっちゃいますよね。

投稿: ポージィ | 2005/04/17 20:51

桜餅とは別に、「道明寺」って言うのが
和菓子屋さんによっては あります。
近所の店のは 笹に包まれてます。
コレさえあれば いつでもツブツブは楽しめるので安心して、この時季限定の長命寺派を
楽しめるかな・・

もう、気分は柏餅・・私は味噌餡が好きですが、なかなか気に入る味の味噌餡にめぐり合わないです。

投稿: ひょん | 2005/04/18 09:22

☆ ひょんさん、いらっしゃいませ♪

ああ、なるほど… 道明寺粉を使っていれば「道明寺」ですもんね。
桜餅も笹餅?も柏餅もアリですね。そうかそうか…。
また新しい勉強になりました。(^^)v

桜が終わって、あたりは新緑の季節を迎えましたから、
気分は柏餅ですね。ひょんさんは味噌餡ファンですか?
味噌餡のはほとんど食べたことがないんです。美味しいんですけど
なんとはなしに。味噌餡は微妙な味の違いが出やすそうですね。
私はヨモギ入りの粒餡柏餅のファンなの。

投稿: ポージィ | 2005/04/18 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレープ風桜餅 (長命寺系桜餅):

« ハハコグサ ~道端の草花、第11弾~ | トップページ | ヤマブキ(山吹)花盛り »