« モッコウバラ | トップページ | ニシキギの花発見 »

2005/05/07

ようこそヒメフウロ

2~3年前から、庭や隣接した空き地に生えるようになったこの草。
かわいい花をつけるけれど、自分が植えたものじゃないし見たことないものだし、
ずっと「何だろう?」と思い続けていたのです。
今年も先日花が咲き、改めて図鑑やらネットやらを見てやっと探し当てました。
その名は「ヒメフウロ」←多分;。 いったいどこから種がきたのでしょう。
去年は隣家との間にたくさん生えていたのを、無造作に引っこ抜いてしまいました。
惜しいことしたかしらとちょっと後悔しています。

050427fuurosou 050427fuurosou_up

「ヒメフウロ(姫風露)」の別名は「シオヤキソウ(塩焼草)」と言うそうで
草全体が塩を焼いたときのような匂いがするからだとか…塩を焼いたにおいって?

花の直径は1.5センチくらいで、全体に繊細な姿かたちです。
山野草の風情でなかなかすてきですよね。今年は大事にしよっと。

|

« モッコウバラ | トップページ | ニシキギの花発見 »

コメント

塩を焼いた匂いと聞いて、すぐに塩を焼きたくになりました。(^^)
でも、もしかして塩焼(製塩)の時の匂いかしら?!
ポージィさんは、その花の香りはどう感じられましたか?

投稿: Lunina | 2005/05/07 13:16

☆Luninaさん、

さっそく嗅いできました(^^)~
いえね、引っこ抜いたときには嗅いだはずなのですがすっかり忘れていて。
結果、花のにおいはよくわかりませんでしたけど、葉っぱは触ると、
ちょっとつんとくる刺激的な「野草だぞ!」っていうようなにおいが… 
あはは、全然説明になっていませんね。なんと表現していいかわからなくって。
まあ、あまりいいにおいとはいえないと思います。
これが塩を焼くにおいなのかなぁ? ??

投稿: ポージィ | 2005/05/07 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/3975870

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそヒメフウロ:

« モッコウバラ | トップページ | ニシキギの花発見 »