« ナデシコの花いっぱい | トップページ | 夜の訪問者 »

2005/05/18

コバンソウ

このイネ科の草、皆さんはご存知でしょうか。
散歩コースの、ある道路脇に毎年わんさか生える場所があります。
私は初めて見たとき、虫の卵がうじゃうじゃぶら下がっているように見えて
思わずぞぞぞーっとしてしまったのですが、皆さんはいかがでしょう?
改めて見れば、まあおもしろいかな。
でもやっぱりちょっと苦手だなぁ。生理的に…

でも、この草は切り花としても出回っているんです。
あちこちに自生している草なんだけど、場合によってはお金出して買うんですね。
野趣に富んだアレンジメントなどに使います。

050513kobansou 050507kobansou_mi

掌の上の花穂の右下にちょんと黄色の点が見えるのは、おしべだと思います。
やがて稔ると黄色味を帯びてきてまさに「コバンソウ」というわけです。
明治時代に観賞用として渡ってきたものだそうですよ。

|

« ナデシコの花いっぱい | トップページ | 夜の訪問者 »

コメント

ジシバリ・・・我が家のベランダにも咲いてます。
どこからか風に乗ってやってきたんでしょうね。

「コバンソウ」は初めて見ました。
こんなのもあるのね。
去年の夏、群馬県の武尊高原でまるい団扇の
ような形をした植物(種)を見つけました。
地元の人たちはドライにして、家に飾っていたの
ですが、それも「小判」って名前がついていた
ような・・・たぶん、マメの一種だと思うのですが
名前を聞いてもすぐ忘れるの、ダメねぇ。

投稿: poponta | 2005/05/19 00:21

コバンソウ…確かに虫っぽいですね。
ていうか、ホップに似てるなーと思いました。
ホップは一度実家に居た頃に、野生なのか帰化ものなのかわからないけど、
家の近所の河原で見かけました。
ホップはつるだから、全草の雰囲気は全然違いますけど、花部分は似てますよね。

投稿: cue | 2005/05/19 04:33

☆popontaさん、ありがとうございます♪

popontaさんのベランダに落ち着いたジシバリの種、どんな旅の果てに
辿り着いたのでしょうね。物語がありそう。

丸い団扇状の「小判」ですか。どんなものかしら…面白そ!。
地元の皆さん、願をかけて飾っているのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2005/05/19 09:58

☆cueさん、こんにちは♪

ああ、ホップ!
ほんとだ、ホップの雰囲気に似てますね。
うろこが重なっているような造りとか。
ホップは涼しいところが適しているのでしたっけ。
自生していても不思議はなさそうな、どこにでもありそうな草ですよね。
私は草自体も、ビール原料としても実物は見たことがないです。

投稿: ポージィ | 2005/05/19 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/4119447

この記事へのトラックバック一覧です: コバンソウ:

« ナデシコの花いっぱい | トップページ | 夜の訪問者 »