« 上へ上へ、クレマチス | トップページ | ジシバリ ~道端の草花~ »

2005/05/13

カリフォルニアポピー(花菱草)

関東ではなんだか薄ら寒い日が続いてます。こういう日は気が滅入っちゃう。
ぱぁっと明るいお花で気持ちも明るくしましょ!

名前の由来は
「カリフォルニアポピー:アメリカはカリフォルニア原産の芥子科の花だから」
「花菱草:花の形が菱紋に似ているから」 だそうです。

050505hanabisisou_up 050505hanabisisou

近所の畑でここ数年、毎年のように咲き輝いています。
輝いているというのは、私はこの花に南国の明るい光のイメージを持つから。
オーナーの方によると、こぼれ種で少しずつ殖えてきたのだそうです。

こういうお花、光を透かすようにして撮ってみたいものです。
でも、勝手に畑に入ってしゃがみこむのはなんですから
目いっぱい手を伸ばすだけで我慢です…(^^)

|

« 上へ上へ、クレマチス | トップページ | ジシバリ ~道端の草花~ »

コメント

おはようございます。
我が家の花菱草も次々につぼみが開いて
楽しませてくれています。
よ~くみると、花びらがサテンのように光沢が
あって、思わず触りたくなります。

目でも触感でも和ませてくれます。
クレマチスのところにも書いたように、私は
ほったらかしにして枯らしてしまうのですが、
夫は構いすぎてダメにします。
移植しちゃいけない時期に植え返したり、
お日様が高い時間に水やりしたり・・・

うちの花菱草と矢車草は、私が種を蒔いて
放っておいたのを夫が思い出したときに水遣り
したのが良かったようで(笑)
自分が種まきをしたのでないので、興味が
少なかったのが良かったのかも。

投稿: poponta | 2005/05/13 10:12

お!今日は、いつになく、アメリカン・チックな色合いの花!!
と思ったら・・・やはり原産国アメリカなんですね。
う〜ん、カリフォルニアの太陽が似合いそうなお花ですね。
でも、同じ派手な色合いでも、やはり、‘人工’の色とは違い、‘自然’の色は、スーッと受け入れることができますね。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/05/13 12:23

☆popontaさん、こんにちは♪

これが、この前コメントに書いた花菱草の写真です。
popontaさんのお宅の花菱草も次々花を咲かせているのですね。
種から育てられただけに喜びも愛しさもひとしおですよね。

うふふ、ご主人とpopontaさんを足して2で割った世話の仕方が
ちょうどいいということですか?
それで、種まきはpopontaさん、水遣りはご主人という役割分担が
goodということなのですね。


☆SAKURA-MOCHIさん、こんにちは♪

ねーっ、カリフォルニアの太陽の光がお似合いですよね。
(行ったことないですけど)
この花の原産地をそのまま名前にしてしまったのもうなずけます。
ちなみにカリフォルニアの州花だそうですよ。

>‘人工’の色とは違い、‘自然’の色は、スーッと受け入れることができますね。

同感です。食べ物関係の色は特に!(笑)

投稿: ポージィ | 2005/05/13 14:36

初めて参加します。くじでもらったカリフォルニアポピーの種を適当にまいてみたら、芽が出てきたのでとりあえず水撒きをしていたら、大きくなって花が咲き始めました。どんどん花も増えて喜んでたんですけど、最近茎がぐにゃぐにゃと曲がってきたんです。茎どおしがからみあって、なんだかかわいそう・・・。このままでいいのかな・・・?

投稿: pompom | 2005/06/14 16:54

☆pompomさん、初めまして ♪

くじで貰った種から、大いに楽しませてもらいましたね。ラッキー!

私は自分で種をまいて育てたことがないので詳しいことが
わからないのですけれど、茎が曲がってきたのはひょっとして
水の貰いすぎでひょろひょろしてきてしまったのかしら?
夏場は控えた方がいいと読んだことがありますが…ハテ。
この記事の写真のものは、こぼれ種から自然に生えた物で、
水遣りなど、特にこれといったお手入れはされていないようですよ。
絡まりあってお互いに傷めつけているようでしたら、少し間引く
という手もありますね。

参考にしていただけるようなことを書けなくてごめんなさい。

投稿: ポージィ | 2005/06/14 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/4058039

この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニアポピー(花菱草):

« 上へ上へ、クレマチス | トップページ | ジシバリ ~道端の草花~ »