« ヨウシュヤマゴボウの蕾 | トップページ | 最近のクックの散歩 »

2005/06/23

ふかふか柔らかラムズイヤー

「ラムズイヤー」という、ハーブの仲間をご存知でしょうか。
肉厚感ある細長だ円形で、白っぽい柔らかな毛に覆われた葉は「にこげ」を連想させ、
「子羊の耳」という名前もうなずけます。
葉を触ると微かにパイナップルに似た匂いがします。
通常花の市場では、葉を1枚1枚切ったものを束ねたものが出回り、
ブライダルブーケなどによく使われます。
優しく柔らかいロマンティックな雰囲気のブーケになりますね。
少し前、仲卸さんで、このラムズイヤーの「花」を手に入れました。
050617lambs_ear 050617lambs_ear_up 

全体の雰囲気は「毛深いラベンダー」ってとこでしょうか。
柔らか手触りの誘惑に弱い私は、思わずそっと葉っぱを撫で回してうっとり。
ほっぺたにも当ててみましたが、やっぱり柔らかくて気持ちよかった…。
茎も毛に覆われているため、花びんに挿しておくと水も茎もとても腐りやすいです。
手元に残ったものは、ドライにしてみようと思います。

|

« ヨウシュヤマゴボウの蕾 | トップページ | 最近のクックの散歩 »

コメント

写真を見てびっくりしました。
これは、我が家の庭に、雑草のように
蔓延っている草花ではないですか!
地味な花なので、今まであまり気にも止めずに
いて、花の形もパイナップルのような匂いも、
ふかふかの手触りも、この記事を見て、
初めて確かめました。本当に香りもするし、
手触りもいいですね。
ポージィさんのおかげで、ちょっとこの花を
見直してしまった次第です。

投稿: LiLA管理人の妻 | 2005/06/23 10:39

☆LiLA管理人さん奥さま、こんにちは ♪

まぁっ!お庭にそんなにあるんですか?
「はびこる」ほどに。
そちらの気候が適しているんでしょうね。
日本では高温多湿の夏にダメになることもあるようです。

ネットで検索してみると、この手触りが好きで、触るために
植えているなんて方もいらっしゃいましたよ。

今回改めて触れてご覧になって、もしかしてファン心が
芽生えられたかもしれませんね(^^)

投稿: ポージィ | 2005/06/23 13:09

こんにちは。「小羊の耳」ってぴったり〜!
(特にアップ写真の、蕾の付け根あたりの葉なんか。)
柔的触感堪能派?の私も触ってみたくなりました。

それはそうと、「和毛(にこげ)」って言葉、初めて知りました。
(最初、植物の名前かと思ったくらい。)
「柔らかい毛・うぶ毛」の事だそうですね。
今回は花の名前だけでなく、言葉まで覚えてしまいました。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/06/23 15:31

☆nanbuさん、こんにちは ♪

「柔的触感堪能派」とは!
うふふ、「柔的触感堪能クラブ」でも作りましょうか。
会員はいまのとこnanbuさんと私だけですが。

「にこげ」って、以前何かで読んで印象に残っていたんだと思うのですが、
自分でも忘れていた言葉なんですよ。
それがラムズイヤーに触ったら、ふわっと脳裏に浮かんできて。
念のため調べたら間違っていなかったので、そのまま使いました。(^^)

投稿: ポージィ | 2005/06/23 17:00

名前はよく耳にするのですが、
ラムズイヤーってこのお花なんですか?
押花では、小動物のコラージュに葉をよく使うそうです。
私はまだ使ったことが無いのですが、うぶげが生まれたばかりの赤ちゃんの動物を連想させます。
子羊の耳なんてぴったり
ポージィさんの手の感触が良くわかります。

投稿: あやや | 2005/06/24 08:06

☆あややさん、こんにちは ♪

ラムズイヤーの葉がコラージュに使われているの、何回か見ましたよ。
小動物のコラージュにね、ピッタリですね!
私が見たものは抽象的・幾何学的な図柄の中に使われているものや、
針葉樹の山を表現するのに使われているものでしたが、
どれも、柔らかな質感が作品に優しさを与えていて、
なかなかすてきでした。
ちょっと肉厚感があるので、押し花にするのは難しい?押し花の技法は、
私にはわかりませんが、あややさんの作品にもいつか使ってみて
くださいね。

投稿: ポージィ | 2005/06/24 10:07

こんばんわ

はじめてみました。
可愛い花ですね。
銀色系の葉っぱ物も好きなので、この花は見てみたいな。
花屋さんとかにも置いてあるようなものなんですか?

投稿: Goro's | 2005/06/25 20:53

☆悟郎さんへ ♪

花ひとつひとつは小さいですけど、全体の雰囲気が可愛いですよね。

お花屋さんでは、切花としては売られていないかもしれませんね。
私も今回初めて買ってみたのですが、とにかく水がすぐ濁って
腐り始めますから、保存が難しいかと。
鉢植えなどの園芸用としてなら、もしかしたらあるかな…?
でもまだ見たことはありません。
私は鉢物を扱っていないので断定はできないのですけれど。

投稿: ポージィ | 2005/06/25 22:12

私も好きで、これは半日影に地植えでも
越冬し、育って、良く増えてくれます。

花の咲くものが少ない場所で、
シルバーリーフは よいアクセントになってくれます。

雨露を 含んだ姿も可愛いですね。

投稿: ひょん | 2005/07/01 15:09

☆ひょんさん、こんにちは ♪

ひょんさんもお好きなんですね。しかも、育てていらっしゃる?
暑さ蒸れさえ気をつければ、なかなか丈夫そう。
ダスティーミラー、ヘリクリサムなどとともに
いいアクセントになってくれそうですね。

うちに残って逆さづりになっているものは、今結構キツイにおいを放って
くれています。もうパイナップルみたいなにおいはしない…
こんなに湿気が多くちゃ、ドライになる前にカビが生えるかも。

投稿: ポージィ | 2005/07/01 17:47

ほんとにありがとうございます。
トラックバックさせていただきます。
よろしく。

投稿: Goro's | 2005/07/03 02:44

☆悟郎さん、こんにちは ♪

TBありがとうございます。 
私、お礼を言っていただくようなことは本当になにも、ですよー。(^^)

こちらからもTBさせていただいこうかしら。

投稿: ポージィ | 2005/07/03 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/4659707

この記事へのトラックバック一覧です: ふかふか柔らかラムズイヤー:

» 夢みるラムズイヤーとの出逢い [Goro's Diary]
さあ、後半戦の始まりですよ!前半はいかがでしたか?ディフェンス、オフェンス、うまく噛み合ってますか?ゴールをあげた人も、そうじゃない人も、仕切り直しですよ。まあまあかな、おじさんは。得点はあげられなかったけど、作戦は間違ってないようです。精度を磨くこととスピードをアップさせることです。??ジャッパンと同じってか! みていただけましたか、今日の花。見たこと�... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 02:39

« ヨウシュヤマゴボウの蕾 | トップページ | 最近のクックの散歩 »