« トレニア花盛り | トップページ | ようこそ高砂百合 »

2005/08/18

Green fall

わが家のすぐ隣は、現在空き地になっています。
この3年ほどはまったく手入れをされることなく、多種の植物が絡まりあう藪と
なっているのですが、その光景を窓から見ていたら、なんだか素適と思える
部分が浮き上がって見えてきました。 
 
050803greenfall  この小さな写真では 
  お伝えしきれないのですが、
  グリーンがいい具合に絡まり、
  奥行を出し、空間を演出していました。
 
  葛と藪枯らしの蔓が絡まりあいながら
  木に登り垂れ下がり、
  ぽっかり明いた暗い空間には 
  去年のものか、太い葛の蔓が
  横切っています。 
 
  私にはこの光景が素適に見えた
  のですが、誰の目にも同じように 
  映るわけではありませんから、 
  意見が分かれるところでしょうね。
 
 
050817kuzu_hana それにしても、葛のあの
 すさまじいばかりの生命力と 
 エネルギーはどこからきている
 のでしょうか。 
 1日に20cmくらいずつ伸びている 
 ように思えます。 
 
 そんな葛たちも花を咲かせ始めました。 
 これは別の場所で撮った花の写真。
 うちのカメラの限界までズームアップ
 して撮りましたが…
 分かるのは赤紫の色だけですね。
 藤の花を逆さまにして立てたような
 感じといったらいいかしら?ちょっと違う? 
 秋の七草のひとつです。

|

« トレニア花盛り | トップページ | ようこそ高砂百合 »

コメント

この花は葛ですか。
昨日、境川で見て、たくましそうだな、名前をしらべなきゃあと思っていました。
教えて頂いてありがとうございます。
あらためて写真を撮ってみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/08/18 11:11

我が家も先日植木屋さんに草取りもしていただいたのに、もうジャングルのようです。
へくそかずら、ようしゅのごぼう、ヤブガラシ、烏瓜、などなどでごちゃ混ぜになりました。
ポージィさんの写真は暗いところに見える緑がわかります。
絡まり方が格好よく絵になります。
葛も若いうちは押花に使いますがあまり大きくなると私などは手に負えません。

投稿: あやや | 2005/08/18 13:52

自然の造形美!
なんて悠長な事を言って、庭や畑の草むしり許してくれないかな~(笑)
山に行くと葛の葉は目に付くんだけど花は見た事ないんですよね。
思ったより豪華で、ちょっと葛のイメージじゃない花だなぁって勝手に思ってます。
私のイメージではもっと地味でちまちまっとした花の感じだったもので。。。

投稿: ちょびママ | 2005/08/18 14:02

葛のトンネル、何となく魔界への入り口みたいですね。
そこを通り抜けると、一見全く同じ町並みが広がっている。
でも何かが違っている。違う人生を歩んでいる自分に出会うかもしれませんよ。
一度、くぐり抜けてみては如何?

投稿: LiLA管理人 | 2005/08/18 14:40

★コメントありがとうございます★
 
 
◇横浜のおーちゃんさん ♪ 
 
おーちゃんさんもご覧になっていましたか。香りもいいそうですよ。
残念ながら私が見かける葛の花は手の届かないところのものばかり。
確かめる術がありません。
おーちゃんさん、チャンスがおありでしたらにおいも嗅いでみてくださいね。
あ、ただし川に落ちたりなさらないよう、十分お気をつけて… 


◇あややさん ♪ 
 
あややさんのお宅の庭も広そうですものね。
今の季節の野草の伸びる勢いはすごいですからお手入れが大変!
葛は10m以上も蔓を伸ばすそうで…葉っぱも大きいですよね。
あの大きな葉と逞しい蔓を押し花として使うには、
最小でも襖1枚分くらいの大きさが必要そう…。

うちでは、実はお隣から侵入して来る葛を毎日ばっさり切ってます。
大量の蚊とカメムシの棲家になっている葛には手を焼きっぱなしですが、
それでもこんな絵になる一面も見せてくれて
ちょっぴり救われました。

 
 
◇ちょびママさん ♪ 
 
こんな造形美を見せてくれるのはごく稀ですよ~。
このほかの部分はぐちゃぐちゃに絡まりあって、
なおどこまでも伸びていこうと頑張ってます。 (^^;)

葛の花は割と目立たない葉の陰のほうに付くみたいですよ。
それも高いところの方が多いような気がします。
花の時期は今からなので、また機会があったらじっと目を凝らして
みてくださいね。見つかるかも。
全長10m以上の葛ですから、花もそれなりに大さが。
この写真に撮った花穂は15cmくらいだったかな?
高い遠くにあるものは大きさも定かじゃありません。


◇LiLA管理人さん ♪ 
 
実はこの写真を撮りながら、子供のときに読んだ「秘密の花園」
バーネット女史:作 を思い出していました。
潜り抜けた向こうにあったのは町じゃなくてガーデンでしたけれど。
(好きなお話で、子供のときは繰り返し読んだものです)

向こう側の町に今と違う人生を送っている自分がいたら、ですか?
LiLA管理人さんってSF好きでいらっしゃる?(^^)
そんな町があってもう1人の自分がいるとしたら、
見てみたいようなみたくないような…想像するとドキドキします。

投稿: ポージィ | 2005/08/18 17:31

私なら、この「タイムトンネル」絶対通っちゃいます。
きっと半世紀前の私が待っててくれると思います。
今までにもそうやって、何度も少年時代の自分に会ってきましたから。
葛の花を探し続けた少年は、まだ見つけられずにいます。
と、現実にも、葛の花はまだです。
蔓は勢いよく伸び続けてます。

投稿: Goro's | 2005/08/19 01:00

桃大好きの時は一番乗りでご馳走様~なんて
云ってましたが今日は一番ビリかな。

お隣の敷地が空き地とは~厳しいですね特に夏の頃は。家の塀の後ろが駐車場になっていて砂利の隙間から伸び放題に。
でも葛は家の方にはないので、こんなかと、
ビックリしています。お花はなんかかわいい感じにも見えますね。
撮影の仕方でステキ空間に見えますね。

投稿: koiredawa | 2005/08/19 07:22

★ありがとうございます★
 

◇悟郎さん ♪

さすがは、夢多き悟郎少年!
タイムトンネルでも、私は通ってみたいようなみたくないような。
なんと優柔不断な(^^;)
過去の会いたくない自分にばったり会っちゃったら嫌だな、と思ってしまって。
でも、幼少期の恐れを知らない伸び伸びとした
自分には会ってみたいかな。

悟郎少年も、現在の悟郎さんも葛の花と出会えますように。
お隣の空き地の葛、去年より花が多いみたいですよ。

 
◇koiredawaさん ♪ 
 
一番乗りのご馳走様~は、koiredawaさんがいらしてくださった
タイミングのことでしたか。(^^;)

koiredawaさんもお隣の草に悩まされていらっしゃるのですか。
葛自体に恨みはないですけれど、この勢いには「侵食」なんて
言葉を思い描いてしまいます。花はけっこう可愛いです。

どうやら土地の持ち主さんが、道路に面した一角に除草剤を
撒いたようで、昨日辺りからそこだけ急激に黄色く変色して
きました。大きな葉っぱが軒並み不自然な黄色に…
以前の例からすると撒くだけでお終いなのです。
なんだかなぁ、と思ってしまいます。玄関扉を開けると黄色の海。
それくらいなら青々とした葛の海を見ているほうがいいなぁと…
 
ありゃ、愚痴になってしまいました。ごめんなさい!

投稿: ポージィ | 2005/08/19 09:48

「葛の花」・・・私も写真に撮りまして「記事」にしたのですが・・・花の感想を「ハデでゴージャス」なんて書いてしまいましたが・・・日本古来の「秋の七草」だったんですよねぇ。
 同じ山の中で「萩の花」も発見・・・先日の新聞記事には「オミナエシが咲いた」とか載ってましたし・・・秋は確実に近づいているようです。

投稿: もりかみ | 2005/08/19 23:39

☆もりかみさん、こんにちは ♪

もりかみさんがアップされた葛の花も拝見しましたよ!
いえいえ、実際ゴージャス系ですもの。(^^)
秋の七草は春の七草に比べて草丈も花も大き目で、
和の風情でありながらゴージャス感がありますね。

萩に女郎花、私も見つけました。秋はすぐそこに。

投稿: ポージィ | 2005/08/20 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5434004

この記事へのトラックバック一覧です: Green fall:

» クズだらけ? [おっとっと!]
野生の葛に山ごと占領されそう [続きを読む]

受信: 2005/08/20 20:25

« トレニア花盛り | トップページ | ようこそ高砂百合 »