« クック、トロッコに乗る | トップページ | スベリヒユ科の花 »

2005/08/27

落花生畑

夕方近くの光にかすむ落花生畑。
この畑では毎年落花生を育てています。草丈が低いので、遠くまで見渡せて
気持ちがよくて、ここの横を通るたびに深呼吸してしまいます。

050820rakkaseibatake 落花生は黄色の可愛い 
 花をつけますが、
 近くに寄れないため
 写真は撮れずじまいです。 
  
 今はもう花の時期はとうに
 終わって、地中で 
 ピーナッツが育ちつつある
 ことでしょう。 

 畑の上を赤とんぼがたくさん飛んでいました。 
 
ところで、花は地上の見えるところで咲くのに、実は地中に生るって不思議ですよね。
私も長い間「不思議」のままでしたが、ネットで調べましたら
「全国落花生研究会」というサイトさんに、図入りの説明が載っていました。
http://www.peanuts-jp.com/gallery/p-life.htm
だから『落花生』っていうんだ、って納得できますよ。

|

« クック、トロッコに乗る | トップページ | スベリヒユ科の花 »

コメント

なるほど〜
ちょっと物知り博士になりました。でも・・・・地中で実らせるメリットってあるんでしょうかね。食べれないように?? 湿度があった方が美味しくなるから??

そして、日本でも落花生って作られているんですね。勝手な想像で全部輸入かと思ってました、恥ずかしながら。 ちなみに、兄が二年間転勤していたセネガルでは落花生が特産。めちゃめちゃ美味しかったそうです。

あと・・・謝らなければ。実は○○の素の記事が二重投稿になってしまって、片方削除したら・・・ポージィさんのコメントも一緒に消してしまいました。ごめんなさい!!実はまだ読んでないんです・・・. お暇な時にもう一度!お願いできますか??

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/08/27 11:44

☆SAKURA-MOCHI さん、こんにちは ♪

コメント、再投稿してきました~(^^)
テンプレートが変わっていてびっくりしましたよ。

落花生が地中で稔るメリットね、そういえばなんでしょ?
そこまで考えませんでした。
収穫しないでそのままにしておいたら、そこからまた芽が出るのかしら?
う~ん、ちょっと不思議なマメですね。

セネガルはピーナッツが特産なんですか?知りませんでした。
日本では千葉の特産になってますよ。
原産地は南米で中国・インドで多産、と書いてありました。
へぇーそうなんだぁ、と私も知らなかったことばかりです。

投稿: ポージィ | 2005/08/27 12:09

落花生畑、一度も見た事ありません。向こう側にビルが並んでいるところをみると、意外と町中にあるんですね。
緑の畝は、ちょっと茶畑みたい。
ちなみに、こちらの特産はピスタチオです。ピーナッツにしろピスタチオにしろ、ビールのつまみにしていると止まりません。

投稿: LiLA管理人 | 2005/08/27 13:09

☆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

ビル(といってもあれは2階建て)のある場所には国道が走ってます。
うちの辺りは、畑やが点々と残っていて、市内でも田舎の観のところなんですよ。
畑地は年々減ってきていますけれど。

茶畑ですか? あー、こんもり盛り上がった様子が確かにそうですね!
新芽が出たばかりの茶畑って感じ(^^)

ピーナッツもピスタチオもビールのお供として最高なのですね。
私はピスタチオはほとんど食べたことがありません。どんな味だったかしら?

投稿: ポージィ | 2005/08/27 14:28

ヘェーって感じで説明を読んできました。
単純に地下茎に実が生るんだとばかり思ってましたから。
こういうことだったんですね。
またひとつお勉強させていただきました。
茹でた落花生、おいしいですよね。
近年は、生の茎付きの落花生が売られたりしてます。

投稿: Goro's | 2005/08/28 01:55

☆悟郎さん、こんにちは ♪

へぇー、ですよね。
こんなに面白い実の生り方するのも珍しいのではないでしょうか。
「落花生」というネーミングがぴったしかんかんです。

生の茎付きで売られていることがあるんですか?
それは見たことありませんでした。
そもそも、自分で茹でて食べたこともないんです。
う~ん、茹でたて、おいしそうですね!

投稿: ポージィ | 2005/08/28 14:39

ばたばたしていて、遅くなりました。
落花生の意味も漢字のわけも全部よくわかりました。
でも不思議な生態ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/08/28 21:07

☆横浜のおーちゃんさんへ ♪

こちらへもありがとうございます。
落花生、面白いですよね。身近でよく知っているような気でいた
ピーナッツなのに、実はこんな生り方をするとはつゆ知らず…
ほんと、不思議な生態です(^^)

投稿: ポージィ | 2005/08/28 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5628258

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生畑:

» 落花生の花 [紙屋敷錫彦のブログ]
実家の畑では、落花生も作っています。これが落花生の花です。 花が受粉して散ると、地面に向かって、花の付け根から茎 (子房柄 (しぼうへい) と言うそうです) が伸びていきます。 ちょっと掘って見ると、おなじみの落花生ができ始めていました。 収穫は初冬ですが、ゆで落花生が美味しいんですよ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 19:28

« クック、トロッコに乗る | トップページ | スベリヒユ科の花 »