« スベリヒユ科の花 | トップページ | がんばれ、ニチニチソウ! »

2005/08/29

ヨウシュヤマゴボウのその後

以前ご紹介したことのある、ヨウシュヤマゴボウは蕾のときのものでした。
あの蕾の写真を撮ったものは、その後すぐに引っこ抜かれてあえなく消滅…
でも、別の場所でその後の姿をしっかり見ることができました。

050707yousyuyamagobou_hana
 7/7に撮影した花です。 
 もう花の真ん中に緑色の実が
 でき始めています。 
 
 まだ可愛いなと思える範疇かな? 
 活けこみアレンジなどに使われるのも 
 このくらいの時期のものが多いような
 気がします。 
 
 
050817yousyuyamagobou 050826yousyuyamagobou_kuromi
    <8/17 青い実>            <8/26 黒い実>
 
この2枚は同じものを違う日に撮ったものです。10日でこれだけ色づきました!
淡い黄緑だったのが濃い黄緑になり、赤黒く熟してくるにつれて、
可愛いっていう雰囲気は消えてしまいました。
茎の赤味まで増して、ごっつくなって…、ちょっと毒々しい感じね(^^;)

|

« スベリヒユ科の花 | トップページ | がんばれ、ニチニチソウ! »

コメント

うちの近所も黒くなっています。でもまだ新しい実も出てきています。旺盛なものです。
一株なのか群生なのか確かめていませんが、大山になっているところもあります。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/08/29 11:40

☆横浜のおーちゃんさん、こんにちは ♪

そうそう、実は一つの株に花から黒く熟した実まで
みんな揃っていることもありますね。
でもあえて日をずらして撮ってみました。
(だからといって別に何の得もなかったような気はしますが…)
おっしゃるとおりです、ほんと旺盛ですね。
さすがに大山というほどの株にはお目にかかったことがありません。

投稿: ポージィ | 2005/08/29 12:46

今晩は。
やっとPCが戻りました。やれやれです。
ご無沙汰の内に沢山UPされて凄いです。

この実はよくありますね。
いつか猫が鳩を捕まえてきた時(チーコの子)
ヘヤにこの実を食べた鳩と思うのですが撒き散らされて大変な事になっていた事あるのですよ。多分この色です。毒々しい感じですね。

投稿: koiredawa | 2005/08/29 21:48

かなり熟れて、黒い実をつけたものを、あちこちで目にするようになりましたね。
何でも口にする私ですが、さすがにこれは食べたことありません。
試しに一粒、試してみようかな…
勇気がいりそうです。
考えてみます。

投稿: Goro's | 2005/08/30 01:07

これ押花にも出来るのですが、私はちょっとって感じ。
実が黒くなるときはそばに赤いものがあるそうで、茎が赤くなるそうです。
赤と黒の組み合わせは鳥の気を引く組み合わせで、実を食べて種を散布してくれるそうです。
でもなぜヨウシュなのでしょう??

投稿: あやや | 2005/08/30 02:39

★コメントありがとうございます★
 
 
◇koiredawaさん ♪

パソコン復活おめでとうございます!!
思ったより早く直ったように思いますが、koiredawaさんは
一日千秋の思いで待っていらしたことでしょうね。
早速来て下さって嬉しいです(^^) 
 
チーコちゃんの子は鳩を捕まえるとは優秀なハンターだったのですねぇ。
でも、お部屋に撒き散らされたのですか…?(^^;)
それは大変なことに。その辺で見る度に思い出されますね。


◇悟郎さん ♪ 
 
悟郎さん、これは毒があるといいますからやめましょうよ。
もっとも実にはほとんど含まれていないそうですけれど…。
苦いとも書いてありましたよ。勇気出さなくていいですから、
やめましょやめましょ(笑)
そう言われるとかえって食べてみたくなる、なんて
おっしゃらないでくださいね。 
 

◇あややさん ♪ 
 
この実も押し花にですか?なんかそこいらじゅう染まりそうですね(^^;)。
>実が黒くなるときはそばに赤いものがある…
あっ、なるほど!実に赤い色素が集まっていくから茎も赤くなるのですね。
そうかぁ…赤&黒は鳥の気も引きやすいのですか。植物たちも考えて?いますね。
ヨウシュは洋種で、西洋の種のヤマゴボウの仲間といった意味合いのようですよ。

投稿: ポージィ | 2005/08/30 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5687836

この記事へのトラックバック一覧です: ヨウシュヤマゴボウのその後:

« スベリヒユ科の花 | トップページ | がんばれ、ニチニチソウ! »