« 燃え立つサルスベリ | トップページ | コダカラソウ »

2005/08/07

正体見たり わたわたむし

-----★虫が苦手な方は、パスしてください★-----
 
 
大量発生していたアブラムシが少し下火になったかと思った頃、
今度は植物の茎に白い綿クズのようなものがたくさんつき始めました。
カビでもなく、クモの巣をギュッと集めると白い綿のようになる、そんな感じもするけれど
でも違う… よく見ると、綿クズの中に何かいるようです。

050803aobahagoromo_youtyuu1 足と目のようなもの、見えますか?
 つつくとピョーンと跳ねて逃げます。 
 どうやら茎の汁を吸っているようだし
 白い綿わたできたなくされるし 
 正体はわからないし、で
 気持ち悪く思っていました。
 
 ネット検索してみたところ 
 ワタムシというアブラムシの一種と
 ワタカイガラムシが出てきましたが
 なんかちょっと違うみたい…

そうこうするうち、あるときから今度はこんな虫をたくさん見かけるようになりました。

050803aobahagoromo_seityuu
 淡いペパーミントグリーンの翅を持つ 
 蛾とも蝶とも違うようなこの虫。
 またまたネットで調べてみたところ
 今度は「これだ!」というものに
 当たりました。
 「アオバハゴロモ(青翅羽衣)」
 なんともきれいな名前の
 半翅目・アオバハゴロモ科の虫で
 蛾や蝶ではなく、セミに近い仲間だとか。 
 
 そして、このアオバハゴロモの幼虫の
 画像を見たら ビンゴ!
綿わたピョーンの正体判明です。「アオバハゴロモ」の幼虫だったのでした。 
 
 
ああ、すっきりした! (^^)
でも、いつまでも取れないこの綿状の汚れ、どうにかしてほしいわ。 
 
散歩しながら改めて眺めると、結構あちこちの場所や木に、この綿状の分泌物を
見かけました。湿気の多い、風通しの悪いところに多く発生するそうです。
今年の、梅雨が明けてからも雲も湿気も多かった天候が関係しているのかも
しれません。

|

« 燃え立つサルスベリ | トップページ | コダカラソウ »

コメント

ブログに来て下さる方のお宅でも異常発生してました。
画像も載せられてましたが、かなりすごい状態でした。
害は少ないそうだけど、見た目が汚らしくていけませんよねぇ。
成虫になるとこんな涼やかな風貌になるのに、ホント迷惑な虫さんですね。

投稿: ちょびママ | 2005/08/07 14:59

この虫、たまにみかけることありました。
アオバハゴロモっていうんですね。
名前は素敵ですよね。
青羽羽衣・・・好みです。
花の写真撮ってて、葉っぱの上に白いものがあったのは、この虫のせいだったんですね。
ジメジメした天気続きましたもんね。

投稿: Goro's | 2005/08/07 20:00

茎が白くなっているのは何となく見ていますが、こんな虫のせいなんですか。
今度はそういうのがいるか注意して見ます。
成虫はなかなか可愛いですけどね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/08/07 21:00

☆横浜のおーちゃんさん、こんばんは ♪

白い綿わたが他より盛り上がって見えるところをつついてみて、
ピョーンと跳んで逃げる(または這って逃げる)のがいたら、
アオバハゴロモの幼虫の可能性大です。(体長7~8ミリ)
 
成虫は綺麗でかわいいですね。
でも、目は幼虫・成虫共通しています。

投稿: ポージィ | 2005/08/07 21:25

おはようございます。
朝、庭に出てみましたらやはり、茎が真っ白になっているのが沢山ありました。
幼虫まではまだ観察していませんが、きっといるのですね。
アオバハゴロモというのですか?
この虫、子供のころから、“ハート”と
とよんでいました。

投稿: あやや | 2005/08/08 05:36

☆あややさん、おはようございます ♪
 
白い綿わたのもの、あややさんのお庭でも発見されましたか。
成虫になってしまってからも、幼虫がくっつけた綿わたは
残るようなので、幼虫は見つけられないかもしれませんが、
もし見つけられたら、つついてみてください(^^)ピョーンと跳びます。

“ハート”という呼び名もかわいいですね。
成虫は一般の人には結構愛されてきたのかしら。

投稿: ポージィ | 2005/08/08 09:18

虫系〜と思いつつ・・・
目を反らしたいと思いつつ、
怖いもの見たさで覗いてしまいました。

成虫の方は私も日本で見たことあります。でも、この幼虫、なんで綿わたなんでしょうね。何か意味があるのでしょうか・・・
ガーデニングには興味がありますが、当然虫に遭遇するわけで、そういう事を考えると、私には無理かな、って思っちゃいます。私は‘切り花’専門で!!いこうと思います・・・

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/08/10 04:59

☆SAKURA-MOCHI さん ♪

おかえりなさ~い!
よりによって「虫」記事にコメントくださるとは、まったく予想外でしたよぉー。
ふむ、怖いもの見たさですか。わかる気します。(^^)ムハハ 
 
幼虫の綿わたは自らが分泌している蝋状物質とのことですが、
カモフラージュにしては白くて目立つし…何ででしょうね。??

夏場、植物のある所には必ず虫もいるって感じです。
何かするときは必ず薄いゴム手袋をするようにしていますが、
絶対会いたくない虫というのもいますからねぇ…
虫が苦手なSAKURA-MOCHI さんには、
やっぱり切花や観葉植物の方が向いているかも。
これらもまったく虫と縁がないわけじゃないですけどネ。

投稿: ポージィ | 2005/08/10 09:21

今朝みつけました。
ヒヨドリジョウゴを見た帰りみち、薮のそばで見ました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/08/10 10:16

☆横浜のおーちゃんさん、こんにちは ♪

アオバハゴロモの幼虫、発見されましたか?
やはり藪のような風通しの悪そうなところにいるのですね。

ヒヨドリジョウゴも見つけられたのですね。
アップされるのを楽しみにお待ちしてます。
私はまだ出合ったことがないんですよ。

投稿: ポージィ | 2005/08/10 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5347725

この記事へのトラックバック一覧です: 正体見たり わたわたむし:

» 小さくても増える [横浜のほほん]
                        ガガイモ(ガガイモ科) ヤブガラシやヘクソカズラほどではないが、道路沿いのフェンスや薮の木に絡まり繁殖する蔓性の草があり、小さい花や実をつけている。 ガガイモもそのうちの一つだ。小さい花のメシベとオシベがくっついていて、大きい袋果が生る。同じ特徴を持つフウセントウワタもガガイモ科だ。 駐車場と薮の間のフェンス�... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 18:15

« 燃え立つサルスベリ | トップページ | コダカラソウ »