« シジミチョウ 再び | トップページ | イネの花が咲いていました »

2005/08/13

お盆によせて

盂蘭盆とか旧盆とかいわれる、お盆がやってきました。(風に乗って線香の香が…)
私の出身地(愛知)でも、神奈川のこの辺りでも、お盆は8月のこの時期です。
 
実家の宗派では、松の松明を焚いて先祖の霊を迎え(迎え火)、
水から始まってお盆時期のご馳走をふるまい、15日には町内を流れる川で
灯ろう流しをし、送り火を焚いて送り出します。
水から始めるのは、霊が生者の食べ物にまだ慣れていないからと聞いたことが…
ご馳走は、ナスで作った馬と餓鬼にも振舞います。馬は、また彼の世に戻って 
いくお供をしますので、米粉で作った団子を背に括り付けてやります。
(習わしにはいろいろ矛盾点もあるけれど、細かいことには目をつむって 笑)
 
子供の頃、松明の良い香りを嗅ぎつつ炎を見つめると、不思議と厳粛な気持ちに
なったものです。 先祖の霊といっても、思いを馳せるのは祖父母といった
身近だった人々ですが、子供時代の私にとって、お盆はお彼岸とは別格の重みを
持っていたような気がします。
長いこと実家から遠く離れた地にあって、このお盆ならではの厳粛な気持ちも
次第次第に薄れてしまったのを感じます。 
 
---お盆に縁深い植物の写真を2点-----
 
050807hoozuki_mi 050805misohagi_hana
    <赤く色づいた鬼灯>          <ミソハギの花>

|

« シジミチョウ 再び | トップページ | イネの花が咲いていました »

コメント

お盆の話題からはそれちゃいますけど、ホオズキって「鬼灯」と書くんですね。知りませんでした。何となく夏場にぴったりの漢字です。
ところで、このあたり(New MexicoからMexicoあたり)にホオズキそっくりの野菜があるんですよ。トマティーヨと言って、ホオズキのような殻のなかにトマトみたいなのが入ってます。ホオズキは食べませんが、こちらは食用、サルサなんかを作ります。

投稿: LiLA管理人 | 2005/08/13 14:31

☆LiLA管理人さん ♪
 
「鬼灯」のほかに「酸漿」とも書くようですよ。
私も「鬼灯」がしっくりきていいな、と思ってます。

ご紹介してくださったトマティーヨ、
ひょっとして話に聞いたことのある食用ホオズキ?
と思って検索してみましたら、
やはり食用ホオズキの1種でした。
「オオブドウホオズキ」という和名もあるようです。
(見た目まんまの命名かしら?でもプチトマトの方が似ていそう。)
生タマネギとタバスコ入りのサルサソースは苦手ですが、
トマティーヨを単独で食べてみたいです。

投稿: ポージィ | 2005/08/13 15:13

おはようございます
私も、昨日は栃木県佐野にあります菩提寺に行ってきました。
実家は東京なので、東京では、7月で、8月には菩提寺に行く習慣になっています。
東京に比べたら菩提寺のほうは、とてもにぎやかです。
帰りには必ず浅草の観音様を拝みお食事をして帰るのが、毎年の習慣です。
外人さんの多いのに驚いています。

投稿: あやや | 2005/08/14 08:00

☆あややさん、おはようございます ♪
 
7月と8月に、それぞれお参りされるのですね。
栃木のお寺の方がにぎやかなのは、やはり8月のお盆の時期に
夏休みが重なる方が多いからでしょうか。

浅草の観音様は浅草寺ですか?私は去年やっと初めてたずねましたが、
観光客の多さははんぱではないですね!外国の方もたくさんいました(^^)。

投稿: ポージィ | 2005/08/14 10:17

ポージィさんの実家のお盆は、我が家と全く同じですね。
実家では今も、お迎え火を炊いてお盆を迎え、茄子やキュウリで馬や牛!?を作ります。灯籠流しは、終わった後の灯籠の回収問題で今は無くなってしまいました。
子供の頃はから、これらを当たり前のように見て来た私なので、てっきり、他所のお宅でも同じことが行われているものとばかり思ってました。
でも、意外とされてないんですよね・・・。
子供の頃は、お盆の最後の日。お供え物をもって、提灯ぶらさげて、出かけるのを楽しみにしてましたね。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/08/15 22:29

☆SAKURA-MOCHI さん、こんにちは ♪

さすがは実家の場所が近いだけあってそっくり(^^)
灯籠流しはなくなってしまったのですか?残念ですねぇ。
うちの実家の方のは「有志」の方々が毎年管理してくださっているようです。
その有志の方がいなくなったら、いずれは中止になってしまうのかもしれませんね。

>お盆の最後の日。お供え物をもって、提灯ぶらさげて、

それそれ。初日、提灯のろうそくに火を灯してお墓からわが家まで
ご案内し、15日には、また提灯の明かりで灯籠流しの場所まで
ご案内する、ということになっていました。
子供のとき、ろうそくを灯した提灯を持って歩くのは楽しかったですねー♪

投稿: ポージィ | 2005/08/16 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5434617

この記事へのトラックバック一覧です: お盆によせて:

« シジミチョウ 再び | トップページ | イネの花が咲いていました »