« シュウメイギク | トップページ | この花はもしや… »

2005/09/19

野草園と化してゆく庭で

暑さと蚊の襲来にひるんで庭を放置していたところ、だんだん野草園化してきました。
いつのまにかカタバミが元気に勢力範囲を広げているし、
おやおや、こんな花も咲きました。
 
050907onitabirako_sizimityou1  オニタビラコです。
  いつの間にどこから種が
  飛んできていたのやら。

  可愛いけど、放置したら 
  やっぱりまずいでしょうね。 
 
  カメラを向けた丁度そのとき
  シジミチョウが来てとまりました。 
 
  このシジミチョウ、カメラを向けて
  いた間中このままだったんですよ。 
  強い風が吹いて茎が大きく
  しなってもしがみついてました。
  モデル志向の蝶だったのね(^^)
 
               -撮影:9/7- 
 
 
見れば見るほどぐちゃぐちゃの叢でしたので、昨日重い腰を上げて手入れしました。
家の脇や前側の草むしりまで含めて約2時間。しゃかりきに作業したら、夜には
肩から腕がダルダルに…。強烈なだるさに何度も目が覚め、今日はよれよれです。

|

« シュウメイギク | トップページ | この花はもしや… »

コメント

おつかれさまでした!
強烈なだるさに目が覚めるって分かります。
(自分だったら腰が痛くなっていたでしょうね。^^;)
でも、それに代えられない気持ち良さを手に入れられたのでは?

時々拝見する写真に写っているお庭は、そんな風には見受けられませんが。
きっと、ご本人には気になるのかもしれませんね。
今回の写真もとってもイイ感じですよ。

投稿: nanbu | 2005/09/19 11:53

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪
 
あ、nanbuさんもだるさで目覚めたご経験がおありですか?

>でも、それに代えられない気持ち良さを手に入れられたのでは?

どうかなぁ… 今日になってだるさに加えて頭痛も手に入れましたが…(涙)
今回、あまりにすさまじかったものですから、はびこった草や伸びすぎた
ツルニチニチソウなどを取り去っても、なんだかあまりパッとしないんです。
どことなく薄汚れた風で(^^;)。
写真に入る庭の一部は、できるだけすさまじさがわからないように
誤魔化しているんですよ。nanbuさんが実態をご覧になったら卒倒されるかも。

そうそう、発見がありました。手放しで喜べない発見ですけれど。
思わぬところからラベンダーの小さな芽が1本。(よりによってまずい場所に…)
鳥さんが運んできたのかヤツデの芽が2本。(ヤツデは大きくなるからどうしよ…)

投稿: ポージィ | 2005/09/19 13:29

きのうまで数日間涼しかったのに、暑さが少しぶり返して、だるいです。
野草は強いし、種は思いがけず飛んできますし、油断すると大変なことになりますね。
お疲れ様でした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/09/19 13:37

雑草は本当に凄い繁殖力です。
我が家はもうぼうぼうで、手の付けようもありません。
もう少し涼しくなるまで、ほったらかし。
今年は害虫が多くて散々でしたが、これもお手入れが悪いからでしょうか?

済みませんが、シキブはもう切ってもよいでしょうか?


投稿: あやや | 2005/09/19 15:30

お疲れ様。
大丈夫ですか~?
私も腰痛&稲刈りで放置してる間に、すごい事になってます。
やらなきゃ!って気持ちはあるんだけど重い腰がなかなか上がらない。
とりあえず大きく伸びてるものだけ引っこ抜いておきました。
次は人が出入りするとこだけ手入れして
後は気が向いた時に。。。(笑)

投稿: ちょびママ | 2005/09/19 17:27

★コメントありがとうございます★
 
やれやれ、この程度の作業経験はこれまでだってあるのに、
今回のこの強烈なダルダルは何ででしょう???
加えて一日中かなりな頭痛です(薬があんまし効かなかった…涙)。
 

◆横浜のおーちゃんさん ♪

暑さも戻ってきましたね~~。涼しさの心地よさを味わった後の
暑さはこたえます。

庭の手入れ、と言いつつわが家の庭はネズミの額ほどの狭さですが、
それでも時間と労力はかかります。広いお庭をお持ちの方々は
さぞかし大変だろうと思います…(私にはこの狭さが分相応 ^^)


◆あややさん ♪

あややさんのお宅も広そうなお庭で、お手入れは大変ですね。
虫の発生は、何となくですが、その年々の気候に左右されるところが
大きいような気がします。
今年は、ある遊歩道の夏椿が全部丸裸になっていてびっくりするなど、
他にも虫食いが激しい様をよく見かけます。

シキブとおしゃいますと、コムラサキシキブですか?
私は樹木にも園芸にも疎いんですけれど…
うちにある本には、コムラサキシキブは<冬季に弱剪定程度>と
書いてありました。切っても構わないとは思いますが、今はせっかく
実が綺麗ですから、もう少し後でもよいのではないでしょうか?


◆ちょびママさん ♪

こんなダルさは初めての経験です。しゃかりきに猛スピードで
草を引っこ抜いたのがいけなかったのでしょうか???
ちょびママさんは腰の負担にならないようにお気をつけくださいね。
それでなくとも稲刈りという大仕事を終えられたばかりですもん。
ほんとは、ちょびママさんが書いていらっしゃるような具合に、
毎日ちょこっとずつがいいんですよね。

投稿: ポージィ | 2005/09/19 21:26

お庭のある方たちは、その都度の作業が大変なんですね。
日当たりの悪いアパートなもんで、育てるのは諦めてます。
2鉢のシャコバサボテンを、20年ばかり育ててるだけです。
何にもしないのに、それなりに花を見せてくれます。
藪蚊に刺されるくらいで文句を言ってる場合じゃないですね。
一生懸命育てて下さってかたたちに、感謝です。

投稿: Goro's | 2005/09/20 18:37

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

うちはほんとにちっぽけな庭ですが、ちゃんと綺麗に保とうと思ったら
ブログ巡りする時間をだいぶ減らさなくては。(^^)ゞ
元来が無精者ですから、どうにも限界が来てから腰を上げるため
よけいに一度の作業が大変になるんですよね。わかっちゃいるけど…

20年育てていらっしゃるシャコバサボテンですか?
わーすごいですね。20年といったら長いですよ。
何もしないとおっしゃるけれど、上手に世話と付き合いが
できているんですね。

投稿: ポージィ | 2005/09/20 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/5938013

この記事へのトラックバック一覧です: 野草園と化してゆく庭で:

« シュウメイギク | トップページ | この花はもしや… »