« 秋彼岸中日 ~曼珠沙華~  | トップページ | コバルトブルーの「ノブドウ」  »

2005/09/24

尾花 (ススキ)

秋の七草の一つは尾花。
これはススキの穂が出た状態のことをいうそうです。
尾花… 何の動物の尾と見たのでしょうね?

050914susuki  050914takanohasusuki
 
左は、去年アップしたのと同じ場所のものです。今年も早くも8月の終わりには
穂を出していました。抜けるような青空をバックに風にそよいでいました。
 
左は造園屋さんのストック場にあった「タカノハススキ」。葉に、白(アイボリー)の
横縞が入り、ツートンカラーになっているのが特徴です。よぉく目を凝らしていただくと
一部見える箇所があります←下のほうの日陰になっている部分(^^;)。
(このタカノハススキ、次に通りかかったときには根元からばっさり刈られ、
その翌日には跡形もなく消滅。 売れちゃったのかな?それともいらなくなった?)
 
この時期になると、箱根の仙石原の一面のススキの写真をよく見かけますが、
私は見に行ったことがありません。
夕暮れの光に輝く辺り一面のススキの穂波、綺麗でしょうね…。見てみたいなぁ。

|

« 秋彼岸中日 ~曼珠沙華~  | トップページ | コバルトブルーの「ノブドウ」  »

コメント

夕陽に輝く一面のススキ野原、私も大好きですよ~♪
九州の九重に行った時、見渡す限りのススキ野原で
行った仲間全員、子供のようにはしゃいだ事を思い出します。
今年は、四国カルストのあたり見に行きたいな~って思ってます。
ご近所にツートンのススキをお庭に植えてるお宅があります。
穂が出てない時、何の葉っぱなんだろうって気になったモンです。

投稿: ちょびママ | 2005/09/24 12:10

★ちょびママさん、ありがとうございます ♪

ちょびママさんは、一面のススキ野原を実際にご覧になったことが
あるんですね。いいなー。
皆さんおおはしゃぎ?う~ん、その気分わかります。
この秋も行かれるといいですね。

横縞のススキ、鷹の羽根の模様に見立てて名づけられたのですって。
縦縞が入るシマススキっていうのもあるそうですよ。

投稿: ポージィ | 2005/09/24 13:57

タカノハススキ、季節で売られたんじゃないでしょうか。うちの近所は割合よく見かけます。
箱根は私もみたことないです。きれいだと評判だから、一度見たいものですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/09/24 14:41

★横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

売れて新天地へと引っ越していったんでしょうか…きっとそうですね。
造園屋さんのストック場の植物は、翌年もまた楽しみ~なんて思っていると、
あるとき突然なくなっていてがっかりすることが時々あります。
造園屋さんにしてみれば、売れてありがたいこっちゃ、なんですけど。(^^;)

仙石原は、おーちゃんさんもご覧になったことありませんか。
お互い、いつか見に行けるといいですね。

投稿: ポージィ | 2005/09/24 17:11

ポージィさんのご近所では、8月の終わりに穂が出ましたか。
ウチの方は毎年遅れ目なので、お月見にはいつも間に合いません。
このところ、土手を歩くたびに探してたんですが、昨日になって初めて彼岸花と同時にススキの穂も見ました。
どちらも、数日前に通った時には気付かなかったのに、まさに「突然」現れたって感じでした。

投稿: nanbu | 2005/09/24 19:07

★nanbuさん、ありがとうございます ♪

この青空バックのススキは、毎年早くから穂を出して準備万端状態が
長く続くみたいなんです(^^)。他はもう少し遅れて出てくるかな。
nanbuさんのご近所ではお彼岸時期に合わせてでしたか。
彼岸花の花茎もススキの穂も、ぐぐぐーーーっと、
一日にびっくりするくらい伸びますよね。突如出現!って感覚、わかります。

投稿: ポージィ | 2005/09/24 21:15

秋の七草にどうしてススキが入ってるんだよって、子供の頃は思ってました。
どこにでもある、憎っくき奴でしたから。
いつの日かから、ススキを見てある郷愁を感じるようになった自分がいました。
年をとるのも、なかなかいいもんですね(なんか負け惜しみ?)。
斑入りのススキ、大阪の姉が好きで、庭に植えてます。
「タカノハススキ」っていうんですね。
探してみます。

投稿: Goro's | 2005/09/25 01:15

★悟郎さん、ありがとうございます ♪

にっくきやつでしたか(^^)。確かに生えてくれては困るところに
生えられた日には…(~_~;)

侘び寂び系のよさが分かってくるのは、ある程度年齢を重ねてからのような
気がしますね。華やかなものも侘び寂び系もそれぞれの美しさがあって、
両方を理解できるのは齢を重ねた者の特権かも?(笑)

タカノハススキ、シマススキ、イトススキあたりは観賞用として人気だとか。
広い庭が要りそうですけれどね。

投稿: ポージィ | 2005/09/25 10:38

この前、お月見のアレンジのレッスンの時に、葉に茶のような横しまがはいっているススキが入ってきて、生徒さんに「これなんてススキ?」って聞かれて「何だろう?わからないけど味があってキレイですね~」としか答えられませんでした。
タカノハススキは白の横しまですよねぇ?
ススキでもいろんなのがあるんですね。今年になって初めてしりました。

私は、どうもススキが近くにあるとくしゃみがとまらなくて、見てるとキレイなんだけど、近くに来ないでって感じです。

投稿: てる | 2005/09/25 14:32

★てるさん、ありがとうございます ♪

茶色系の縞が入っているものもあるの?それは私も見たことないです。
茶系の縞も深みがあってすてきでしょうねぇ…。

んん?そういえば、てるさんは去年くれたメールでもススキでくしゃみがって
言ってましたね。さては、ススキ花粉がアレルゲンの花粉症かなー。
レッスンのときはくしゃみに悩まされて大変だったでしょうね…気の毒に。
穂が出たばかりを楽しむか、遠くから眺めるかですね。
仙石原の一面のススキヶ原になんか行ったら悶絶するかもしれない…(^^;)

投稿: ポージィ | 2005/09/25 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/6048132

この記事へのトラックバック一覧です: 尾花 (ススキ):

« 秋彼岸中日 ~曼珠沙華~  | トップページ | コバルトブルーの「ノブドウ」  »