« 合唱コンサート | トップページ | 秋色点描 ~はなみずき~ »

2005/10/31

ヒメツルソバの草原

051023himeturusoba 草原、というのはウソ(^^) 
 ご近所のお宅の石垣の周りに 
 グランドカバーとして植えられて
 いるものです。
 春からずっと咲き続け、
 真夏の間はちょっと花が少なく
 なったものの、秋になって勢いを 
 取り戻しました。
 
 
派手さはないけれど小さなピンクのぼんぼりのような花が可愛らしいですね。
やがて、葉は真っ赤な紅葉となります。
 051027himeturusoba_kouyou
 
  ピンぼけ写真ですが 
  紅葉はこんな色です。
  真っ赤できれいでしょう? 

|

« 合唱コンサート | トップページ | 秋色点描 ~はなみずき~ »

コメント

紅葉してますね~
この葉が紅葉するとは知らなくて枯れるのか?などと風情のない事思ったりしてました。
これ、グランドカバーになるほどだから、かなり増えるんでしょうねぇ。
お庭にびっしり生えてるお宅がありましたよ。
いい角度から撮ってるので、このヒメツルソバの特徴がよく分かりますね。

投稿: ちょびママ | 2005/10/31 11:34

綺麗な赤ですね.
真っ赤な紅葉も綺麗ですよね〜黄色も捨て難いけれど・・・。
アメリカは、どちらかと言うと、赤い紅葉が少ないように思います。オレンジ系が多いかな・・?

それにしてもポージィさんのサイトへ来ると・・・
世の中にはいろんな花があるんだなあ、と思います。私の知らない草花がいっぱいです。名前を覚えたいと思いつつ、すぐ忘れてしまいます〜〜泣。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/10/31 11:45

★ありがとうございます ^^★
 

◆ちょびママさん ♪

ヒメツルソバがお庭にびっしり!! ですか?
完璧なグラウンドカバーですね。すごい…
近所で見かけるこの花、特に手を掛けられている風もなく
ごくごく自然にのびのびとその場所で暮らしているように見えます。
丈夫で繁殖力もあるんでしょうね。

紅葉はちょっと意外ですよね。ここまで真っ赤にきれいに紅葉するようには
思えませんでしたもの。(何を根拠にそう思ったのかは不明 ^^)


◆SAKURA-MOCHI さん ♪
 
見事な赤でしょ~。
私がいちばん好きなのは、実はイチョウの黄葉なんですけれど、
ここまできれいな赤になるとやっぱりイイナーと思います。
そちらではオレンジ系ですか?赤と黄の中間。どんなものがあるのかしら。
赤・黄・オレンジ、そしてまだグリーンを残したもの、それらが混在して
微妙な色の変化に彩られた様子もいいですね。
「錦秋」という言葉を思い出します。

草花達、ほんっとにたくさんありますね。
名前はねー。私も調べて覚えられるのもあれば、時と共に忘却のかなたへ
っていうのもありますよ。
コレハ前ニ調ベタアノ植物ダケド何ダッタッケ?なんてしょっちゅう ^^;

投稿: ポージィ | 2005/10/31 13:32

 ポージィさん、こんにちは。
ヒメツルソバ、可愛いお花ですね。
野草のミゾソバとは、親戚関係でしょうか?
似ているように思います。
ミゾソバは以前住んでた家ではよく見かけました。
その頃は名前も知らなくて「可愛いなぁ~」と思っていただけなのですが、最近になって色んな方のブログで名前を知りました。
有難いことです。(^^)
 ところで、“グラウンドカバー”ってどういうことですか?(^^ゞ

投稿: Hiromi | 2005/10/31 14:03

◆Hiromiさん、たくさんのコメントありがとうございます ♪

ミゾソバもヒメツルソバも、どちらもタデ科ですし花も似た雰囲気ですし、
きっと親戚でしょうね。(^^)
私はミゾソバを実際に見たことないんですよ。他の方の写真を拝見するばかり。

グラウンドカバー、いざ説明しようと思ったらはたと詰まってしまいました。
えーっと、直訳すると「地面のカバー」ですよね。
私なりの解釈では、地面の土をむきだしにしておかずに、背の低い植物を
びっしり植えたり、砂利やウッドチップで覆うことを言うのだと思っています。
芝生もそのひとつかな。
多分ほとんど合っていると思いますが、もし、間違っていたらゴメンナサイ。

投稿: ポージィ | 2005/10/31 14:48

近所のヒメツルソバも紅葉しています。
でも上の写真のようなきれいな赤ではないので撮っていません。
草原といえあ、けっこう広がるけどまだ草原のようなのは見ていませんね。どこかにはあるかも、ちょっと期待。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/10/31 14:55

 今、おーちゃんチで、ポージィさんの「太もも」コメントを読んで、笑って来ました。
私も何を隠そう『太もも?』と、自分の太ももを見たほどです。
独活(どっかつ)と言い、似たような発想?
な~んて、失礼しました。(^^ゞ
 グラウンドカバー、分かりました。
ありがとう。m(_)m
 あっ!たくさんのコメント…なんてお礼を言われちゃっていいのかな?
昨日、一昨日と落ち着いてPCを見ていなかったものですから、一気読みをしました。
んなわけで、まとめ書き…になってしまいました。(^^ゞ

投稿: Hiromi | 2005/10/31 15:23

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんのご近所のものも紅葉が始まっているんですね。
私が撮ったこの「群れ」の紅葉もまだわずかですが、一部にこんなきれいな
ものが見られたので、クックに引っ張られながら急いで撮ってきました。

本当に草原といえるほどの大きな群生は…残念ながらうちの近くにはなさそう。
ちょびママさんのご存知のお宅のお庭は草原のようかもしれませんね。
おーちゃんさんの期待が報われますように!(^^)


◆Hiromiさん ♪

あらまぁ、Hiromiさんも「太もも」って思っちゃったんですか?(^^)
思考回路が似ているのかもしれませんねー いひひ

全ての記事を読んでくださっているんだなぁと、嬉しかったんですよ。
こちらこそありがとう!

投稿: ポージィ | 2005/10/31 20:13

ポージィさんの仰るように、夏には少しおとなしかったヒメツルソバ、ここにきて花をいっぱい咲かせているなとは思ってたんですが、えっ!紅葉まであるんですか?
早速撮らねば。
東京だときれいな紅葉、なかなかお目にかからないんですよね。
真っ赤な紅葉?を、是非カメラに収めたいものです。

投稿: Goro's | 2005/11/01 01:01

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

ヒメツルソバの紅葉、あるんですよぉー。
こんなきれいなのが。

紅葉・黄葉は昼間と朝晩の気温差が大きいほどきれいな色が出ると
いいますから、東京では場所によっては難しいのかもしれませんね。
はたしてヒメツルソバはどうでしょうか… ぽちっぽちっと紅が見られるかも。

投稿: ポージィ | 2005/11/01 09:51

ポージィさん、こんにちは。(^^)
この花、渋い色が気に入って、花屋さんの前を通るたびに気になってた花なんです。
ただ、説明書きを読んだわけじゃないので、花時がいつかも分からなくて…。(名前も覚えられないし。^^;)

でも、グランドカバーになるんだったら・・・来年あたり買ってしまいそうな予感。

投稿: nanbu | 2005/11/01 15:28

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

あらまぁ、気になっていらした花なんですか、これ?
花期はとっても長いみたい…あまりちゃんと観察していない私には
年がら年中咲いているように見えます(^^;)
近所で見かけるのはどれも特に何も手入れはしてもらっていないようですが、
暑い盛り以外は元気そのものです。
もうかなり買いたいお気持ちが強くなっていらっしゃるでしょう?ウフフ

「ヒメツルソバ」という名前、何故か覚えにくいですよね!
私も何度忘れて調べ直したことか。どうしてこんなに覚えにくいのか。
でも自分だけじゃなくてよかったわ~

ところで、この場をお借りしてご報告を。
以前話題になっていた斑入りヤブランの実についてです。
あれから、斑入りを見かけるたびにじっと観察を続けていたところ…
見かけるの全てが軸だけ、という状態が続いたある日、
小さな緑の実がかろうじて少し残っているのを見つけました。
でも周りには軸だけがにょきにょき。きっとあれも間もなく軸だけに
なったのではないかと思われます。
やっぱり斑入りは実が生らない(生ってもすぐ落ちる)と結論付けることに
しました。(^^)
nanbuさんの観察は正しかった!(決して疑っていたわけじゃないですよ)

投稿: ポージィ | 2005/11/01 19:24

ポージィさん、ありがとうございます!(^^)
斑入りヤブランの実、観察して下さってたんですね。(感謝です♪)

私も近くの植え込みに大株を見つけたんですけど、その株は花が咲く前に落ちてしまった蕾も結構ありました。(斑入りヤブランの蕾は、ちょっと触っただけでも落ちちゃうんですよね。)

ウチのも、例年通り花が咲いた後は茎だけになってしまって…。
よっぽど環境が良くないと、結実までには至らないのかもしれませんね。

投稿: nanbu | 2005/11/02 08:58

◆nanbuさん、おはようございます ♪

こんないいかげんな観察でさっさと結論付けていいのかわかりませんが、
学者さんの観察じゃないですから、まーいいですよね!(^^)
nanbuさんのフイリヤブランも例年通り…だったのですね。

近所の普通のヤブランの実、黒くなるのを楽しみにしていたのですが、
何者かにへし折られ道路上で潰れていました。あらら、かわいそうに…

投稿: ポージィ | 2005/11/02 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/6699414

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメツルソバの草原:

» 岩倉川のヒメツルソバ [京・壺螺暮]
実相院へ向かうのに 直接門前まで行くバスに乗らずに 叡電で行ったのには川に咲き誇るヒメツルソバを 見たからだったのです。 [続きを読む]

受信: 2005/11/05 12:31

» 紅葉真っ盛り、姫蔓蕎麦の花 [花筏…]
4月から花を付け 次から次へと花を咲かせる 姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)の花が 紅葉真っ盛り 1センチメートル足らずの花と 5センチメートルぐらい草丈の 姫蔓蕎麦が 一段と華やかさが増す時 樹木の紅葉は空を 地を這う様に広がる 姫蔓蕎麦は、 地表を彩る 自然は芸術!:手作りの『北の森工房』へ... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 20:17

« 合唱コンサート | トップページ | 秋色点描 ~はなみずき~ »