« Kangaroo paw | トップページ | イソギクをご存知ですか? »

2005/11/08

ツワブキに思う

鮮やかな黄色の花がしばしば目に飛び込んでくるようになりました。
「石蕗(ツワブキ)」 日本の晩秋を彩るキク科の花です。
艶のある濃い色合いの大きな葉、長く伸びた花茎、眩しいほどの黄の花色…
菊の花の美しさとまた一味違ったツワブキの姿に、ひなびた味わいと共に、
どこか凛とした風情をも感じるのは、私だけではないだろうと思います。
 
051028tuwabuki 051028tuwabuki_seserityou1

夕刻間近の柔らかな陽射しのもと、セセリチョウが一心に蜜を吸っていました。

 *昨年の記事「ツワブキとキャラブキ」はこちらです。

|

« Kangaroo paw | トップページ | イソギクをご存知ですか? »

コメント

 フキと言えば、食べる方にしか関心が向かなかったのですが、ツワブキの花は、可愛いですね。
実家にあるのを知らなかったので、気がついたときには「これ何?」と聞いていました。(^^ゞ
 Topのお花、コスモスからアレンジに変わったのですね。
ステキです☆

投稿: Hiromi | 2005/11/08 09:48

こんにちは。(^^)
セセリチョウの渋い色合いが黄色の花色に映えて、なんとも風情がある写真ですね。

今検索してみたら、葉に艶があるから艶蕗で、それがなまって「石蕗(ツワブキ)」だとか。
そんな由来がゆかしく感じられるこの頃。
私も、しみじみ心に沁みる歳になったのでせうか。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/11/08 10:02

ツワブキ、近所でもよく見ます。でも写真を撮ろうと思っていた花が、きのう見たらちょっと雨にやられていました。
昨年の記事を拝見してキャラブキのこと分かりました。知りませんでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/11/08 10:32

ポージィさん、ごめんなさい!m(__)m
おーちゃんさんのコメントで気がつきました。
昨年の記事で、もう既に名前の由来を説明なさってたんですね。
(リンクに気づいてたら、検索する必要もなかったのに…。)

おかしいなと思いつつ、そんなモンだと思ってしまう私です。

投稿: nanbu | 2005/11/08 10:51

★コメントありがとうございます★


◆Hiromiさん ♪

晩秋を彩って、なかなか良いものですよね。ご実家にもあったんですねー。
いやいや、そんなもんです。多くの人は実家の庭に親御さんが植えられた
植物のことには、なかなか関心向かないですもん。
関心が向き始めるのは30代以降かも(←私の勝手な推察デス)

トップのお花、気付いてくださってんですね~エヘ(照れ)
少し前に、あのコスモスを撮った堤防へ行ってみたら、もうほとんど花が
終わってしまっていたので、変えることにしました。


◆nanbuさん ♪

ツワブキに茶色のセセリ…侘び寂び系の渋い組み合わせですよね。
nanbuさんが載せられた、シジミチョウや蜂と白い菊(?)の組み合わせは
洋風な明るい雰囲気で楽しげでした(^^)

名前の由来など分かると、そのものへの親近感が増すと同時に
昔から繋がってきた時の流れといったものを感じて、ロマンチックな
気分になります。こういうのも歴史ロマンのひとつかしら?
ゆかしいと感じられるの、私にもわかります。そう感じられるようになったのは
最近になってから。やっぱり年齢が関係あるのかな。

由来について…。そんなこといいんですよぉ、謝ったりなさらないで。
ご自分で調べられるのと、人が書いたものを読むのとでは
また、いろいろな面で違ってくるものですし。
私などわざわざ教えていただいたり、コメント書いたりしても
次の日には、別の方の記事に「初めて見ました」って書くくらいです。(-_-;)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんのご近所でも、花盛りでしょうね。
あ~、日曜夜の雨は強かったですから…
この繊細な花びらは、あんな雨にあってはすぐに傷んでしまいそうです。
また新しく咲いたら、きっと綺麗なのが撮れますね。
私が撮ったこのツワブキもちょっと花びらが寂しいような気がしています…

キャラブキのこと、読んでくださったのですね。
私も、去年あの記事を書くために調べるまでは、全然知らなかったんですよ。

投稿: ポージィ | 2005/11/08 12:39

蕗とツワブキは別の種類だったのですね。全然知りませんでした。
蕗の煮たのは「蕗の煮付け」、ツワブキの煮たのは「キャラブキ」というのは知っていたのですが。以前住んでいた家にいっぱいツワブキがありましたので毎年煮てお弁当に毎日入れていました。今日は本当に勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2005/11/08 20:21

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

なんと、tonaさんはキャラブキをご自分で作っていらっしゃったのですね!
それも、ちゃんとツワブキで本物のキャラブキを。
面倒くさがり屋でこまめに色々作ったりすることを敬遠してしまう
私にとっては尊敬に値します(^^)
春には庭で摘んだツワブキの新芽でキャラブキを作り、
秋には花を愛でる… 素適ですね!

投稿: ポージィ | 2005/11/08 21:50

キャラブキって、ほんとうはツワブキで作るもののことをいうんですか。
知りませんでした。
自分のブログで花をアップしたときにも書きましたが、子供時代の馴染みの味です。
田舎料理だったので、後年食べたキャラブキとは、別物だと思ってました。
またまたお勉強させていただきました。
不確かな記憶ですが、新芽は白い繊毛に覆われていたような…

投稿: Goro's | 2005/11/09 01:58

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

そうなんですって。悟郎さんにとっては馴染みある懐かしのキャラブキ、
私は味が濃いのがどうも…というのでほとんど食べたことがないんです。
その、稀な機会にも茎に穴が開いているかいないか、なんて
確かめることもなく口の中にまっしぐら、でしたから、本物のキャラブキ
だったのか蕗によるキャラブキもどきだったのか不明です。

ツワブキの新芽、毛で覆われていましたっけ?
たんぽぽのような綿毛までは覚えているのですが、新芽は見落として
います。来年は気づけるかしら…気付いたら触ってみよ

投稿: ポージィ | 2005/11/09 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/6873251

この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキに思う:

« Kangaroo paw | トップページ | イソギクをご存知ですか? »