« 遠き山に日は落ちて | トップページ | ピラカンサの実 »

2005/11/20

どちらが好きですか?

今日は久々の植物ネタです。(実はストックしてあった記事からのアップ ^^)
だんだん写真のストックがなくなってきちゃって…。
これから、花の乏しい冬はまだまだ長いのにどうしましょ(汗)
_____________

同じ一本の茎から咲いているユリの花です。

051109yuri_sibe0 051109yuri_sibe1
 
左はオシベの先を取り除いたもの。右はそのままのもの。

ユリの花は、花が開くと輸送の際に傷みやすいため、蕾で出荷されます。
市場で仕入れるときも、花の色が分からないくらいまだ固い蕾がほとんどです。
持って帰って水揚げをしてやると、蕾が膨らみやがて花開きます。
咲いたユリの花のオシベの先には、花粉をたっぷり含んだ葯がついています。
葯が開いて花粉が出てくると、花びらを汚したり服についてなかなか取れなかったり、
受粉が花の寿命を縮めたりするため、お花屋さんは花粉が出てくる前に
取ってしまいます。左の写真の状態になるわけです。

葯を取り除くことは、ちゃんと理由があってされていることで私も同じようにしますが、
花の美しさとして見たとき、みなさんはどちらがお好きですか?
(ちょっとお聞きしてみたくなりました ^^)

|

« 遠き山に日は落ちて | トップページ | ピラカンサの実 »

コメント

私は自然な姿で。。。
やっぱオシベあるほうが好きです。
でもこの花粉、服につくと取れないんですよね。
ハイビスカスの花粉も取れなくて(涙)
花いじる時はちゃんと着替えなくちゃと学習しました。

投稿: ちょびママ | 2005/11/20 16:11

ユリの花粉には悩まされますね。
花びらについた花粉は赤い色なのに、黄色いシミが落ちなくて。
私は咲くのを待ち構えていて、写真に撮ったらスグに葯を取ってしまいます。

…ってことは、見た目は葯付きが好きで、
実用としては無い方がありがたい、ってトコでしょうか。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/11/20 16:30

絵に描くとおしべがある方が締まります.

投稿: mone | 2005/11/20 18:16

お早うございます。
ご主人様お家に帰られて落ち着かれた事でしょうね。
ユリの花は何時も鋏で雄蕊がきられてしまいますね。可愛そうな気がします、
やはり、人間様には敵わないと泣いているのでは…
当然有るほうに一票入れたいです。

私も磯菊を今日UPいたしました。
元気なお花で勢いよく咲いていましたよ。

投稿: koiredawa | 2005/11/21 09:03

ご無沙汰しております・・
1輪の時は雄しべが有る方がいいですね・・
複数輪の時は無くてもいいかもしれませんね。

投稿: | 2005/11/21 11:43

★コメントありがとうございます★

皆さまのご意見を拝見できて楽しかったです(^^)
私は基本的にはあるほうが好きです。カノコユリのようにそばかすのある
ユリはなくてもいいと思いますけれど。


◆ちょびママさん ♪

有りに1票~!私もです。
ほんと、ユリの花粉は服につけないようにしないと。
白いものなんか着ていて付けてしまったら、泣きの涙ですよね。
どうしてあんなに取れないのかしら?服を着替えるのは正解ですね。


◆nanbuさん ♪
 
鑑賞と実用で使い分け、ですね。私がしていることもコレにあたりますね。

そう!黄色いシミになっちゃいます。
ユリの花粉はどうしてあんなにも落ちないんでしょう。
しまった!と思ってすぐに洗っても完璧にはなかなか取れません(; ;)


◆モネールさん ♪

賛成です~。
左の取ってしまった方は、ぼや~っとしたイメージで、
右はきゅっとしまっていますものね。


◆koiredawaさん ♪

ありがとうございます。帰宅した夫はやたらと眠たがっていました。
(疲れ?安心?痛み止めの薬のせい?)

私は、オシベのないユリを初めて見たとき、種無し果物のように
品種改良されたものかと勘違いしてしまいました。(^^;)
オシベの先を持って引っ張ると、簡単にすっと取れてしまいます。

koiredawaさんも、ある方に1票ですね。


◆風さん ♪
 
こんにちは!こちらもちょっとゴタゴタしていて、すっかりご無沙汰していました。

一輪のときはあったほうがよくて、複数輪ならなくても…
という風さんのご意見に、なるほどな…と思いました。案外そうかもしれません。
複数輪の場合、全部に葯が付いていたら、それはそれでちょっと
うるさく感じられるかも。合わせる植物によっても変わってきそうです。

投稿: ポージィ | 2005/11/21 13:28

私も有るほうに一票!
画竜点睛を欠くは、百合の花にも通じるね。
でも花粉症の人にプレゼントする場合は取ったほうがいいのかも。

投稿: あまもり | 2005/11/21 14:02

遅ればせながら、私も、「有る」方に一票。
昔、お気に入りの白いポロシャツにシミを作ってしまったけれど、それでも、百合は大好きです。
オシベのない百合、私も見た時「新種?」かと思いました。やはり、自然のままが好きです。

投稿: メグロウ | 2005/11/21 23:50

私も皆さんとほとんど同じ意見ですね。
あったほうがいいけど、花粉には悩まされるし。
ユリってけなげなやつですよね。
付いてる蕾を、なんとか咲かせてくれますからね。
重宝な花です。

投稿: goro's | 2005/11/22 00:49

★コメントありがとうございます★
 
やっぱりオシベ(葯)有りの方が人気が高いですね(^^)


◆あまもりさん ♪

あまもりさん、有りに1票~
「画竜点睛を欠く」←おお!それそれ。やっぱり自然の造形美は
たいしたもんですよね。
ユリの花粉で花粉症はあまり起きないかもしれませんが、やっぱり
贈るときは、咲いている分は取っておいて、後で咲いたのはお任せ、が
無難でしょうね。


◆メグロウさん ♪

はい、メグロウさんも有りに1票~(^^) 自然のままの美しさに私も賛成です。
ユリはメグロウさんのお好きな花なんですね。
花粉に要注意、というポイントさえ押さえておけば花粉シミに泣くことも減って、
存分に花を楽しめますよね。


◆悟郎さん ♪
 
悟郎さんも「有り派」なのですね。
バラは棘に気をつけつつ愛で、ユリは花粉に気をつけつつ愛で、
どちらも必要に応じて取り除く、というのがいちばんかな(^^)。

そうそう、ユリの蕾ってかなり小さなものまで頑張って咲くんですよね。
けなげっておっしゃるのよくわかります。持ちもよいし(^^)v

投稿: ポージィ | 2005/11/22 10:07

 今、我が家の居間には、カサブランカが活けてありますが、花が咲いてくると私は即、花粉を取ってしまいます。
百合らしいのは、ある方だと思うのですが、衣類に付いたり、花粉が落ちたときのことを思うとつい。。。(^^;
「ゴメンねぇ~」と言いながら、取り除いています。

投稿: Hiromi | 2005/11/30 14:18

◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

やっぱり、花粉が付いたときのこと考えると、とって飾っておいた方が
無難ですよね。
上のほうでnanbuさんが書いていらっしゃったように
「見た目は葯付きが好きで、実用としては無い方がありがたい」って
とこですね。

カサブランカがいけてあるんですか。わぁ~豪華で華やかでしょうね。

投稿: ポージィ | 2005/11/30 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/7034741

この記事へのトラックバック一覧です: どちらが好きですか?:

« 遠き山に日は落ちて | トップページ | ピラカンサの実 »