« ツワブキに思う | トップページ | シオデの実 »

2005/11/09

イソギクをご存知ですか?

051103isogiku 花と葉がちょっと変わった
 菊の花 「イソギク」 
 
 野生では、千葉県の犬吠埼から 
 静岡県の御前崎にかけての 
 太平洋側の海岸と伊豆諸島に
 分布するそうです。
 
 これは、近くの畑の片隅に
 植えられているものです。 
 
051103isogiku_ha051103isogiku_up2

海岸で乾燥から身を守るために発達したのか、葉が厚めで裏側は細かい毛で覆われ、
縁の部分の毛が、表側から見ると濃い緑の葉がきれいに縁取られています。 
 
花は舌状花(ひらひらした花びら)がなく管状花のみ。一般の菊の花と大きく違うところ
ですね。黄色の小さな花が集まって咲いていて、ぱっと目を引きます。
写真を撮ったとき、なにやら小さなハエ?が蜜を吸って(舐めて)いました。

成長がゆっくりで形が整いやすいことなどから人気があって、江戸時代から栽培されて
いるのだそうですよ。私は、この畑のイソギクを毎年楽しみにしています。

|

« ツワブキに思う | トップページ | シオデの実 »

コメント

ポージィさんこんにちは。
このお花が咲きそうなお庭がありまして
咲くとどんなお花かと思っていたのです。
「いそぎく」と云うのですね。
兎に角葉が綺麗に育っていましたね。
蕾でしたが今日当たりは咲いているのでしょう。見てきたいとおもいますね。

投稿: koiredawa | 2005/11/09 10:36

★koiredawaさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。ご存知でしたね(^^)やっぱり、注目していらっしゃいましたか。
葉の縁取りがとても印象的ですよね。花はひとつひとつ見ると
地味ですが、まとまって咲くのでそれなりに華やかになるようです。

こちらはひと足お先に開花となりましたが、koiredawaさんご注目の
お庭のほうでもそろそろかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2005/11/09 11:30

ポージィさん、はじめまして。

お花が大好きなのですが、
最近は生活に追われてベランダガーデニングを中断中です。
ここで目の保養をさせていただいてます。
これからもお花のこと、いろいろ教えてくださいね。

投稿: kokeshi | 2005/11/09 13:00

キクは種類が多くて区別したり名前を覚えたりに至らないのですが、イソギク覚えました。
特徴ありますね、今度探して見ます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/11/09 17:53

★コメントありがとうございます★


◆kokeshiさん ♪

初めまして!お越しくださってありがとうございます(^^)

お花がお好きなんですね。せっかくのお好きなことを中断されるのは
残念だったでしょうけれど、またおできになるときがきっと来ますから、
それまで、しばらく辛抱ですね。
このブログの花写真は、近所を歩いていて道端で見つけたものが
ほとんどなんですよ。アラこんなのもある、こんなのも、というような感覚で
脈絡なくアップしていますが(^^;)、またいつでもお越しくださいね。


◆横浜のおーちゃんさん ♪

私も同じです。バラもですが、菊も種類が多くてとてもじゃありませんが
知って覚えようという気にもなれません~(^^;)
でも、このイソギクのようにはっきりとした特徴があるものは覚えやすいですね。
おーちゃんさんのご近所にもあるといいですね。

実は、同じような葉っぱなのに、白い舌状花を持つ菊を見つけました。
葉っぱはイソギクだけど花が違う、何だろう…と悩んでいるところです。

投稿: ポージィ | 2005/11/09 21:30

ポージィさんも分からず悩むことがあるなんて。なんかホッとしているわたし(笑)
海岸近くに咲くから磯菊なんでしょうか。
初めて見ました。関西方面にはないのかな?
最初、イソギンチャク?なんて読んでしまった。この頃、よく読み間違えるんです。老眼が入ってきてる証拠かも(-_-;)

投稿: あまもり | 2005/11/09 23:40

ブログ始めて、花の名前が知りたくて、あちこちにお邪魔して、初めて目にした花がいっぱいあります。
このイソギクもそのひとつです。
写真で見る限り、立派そうな株ですね。
葉っぱがなんともいいです。
出会ってみたいです。

投稿: Goro's | 2005/11/10 00:59

狭いところに3世代が暮らしていて、ベランダもみんなの洗濯物を干すので精一杯、ガーデニングなんてもう夢のまた夢という環境なのでポージィさんのところへ来て、折々の草木の写真をみて我慢しないと(^^)。 ほんの少し郊外にでればそれでも自然が堪能できるのに、出不精だから自然にふれる機会がきわめて少ないのです。それでも通勤の途中、日課になってる堤防の散策の折りには何らかの草木を見ているはずなのに、何も記憶のなかに残らないというこの風情のなさ。自分には人として大切なものがいくつも欠けているんだなと思います。

ここへ訪れるのはお久しぶりになります。
ブログを閉じて以来になります。
昨日nanbuさんとの間でメールをしていて、僕が黙ってブログを閉じたことをポージィさんも心配していたと聞きました。

何のお知らせも残さなかったこと、今更になってしまいましたがお詫びします。
何に対してもなんですが執着心がなくって、ポージィさんには礼を欠くことになってしまいました。
こんなスタイルでこれまではやってきました、これからもきっとこんな、まわりからみると、とんでもないことばかりを繰り返すことになると思います。

まわりのひとたちに、わだかまりが出来て消えてしまったのではありません、いい歳してても、わがままで配慮が足りないやつなんです。

こんなやつですがこれからもよろしくお願いします。

ブログ、こっそりと再開してあるんですよ(^^)
アドレスは
http://nezimaki.blogzine.jp/reset/
「Reset」といいます。

投稿: nezimaki | 2005/11/10 09:21

★コメントありがとうございます★


◆あまもりさん ♪

もっともっとホッとなさってください。私も知らないもの(こと)だらけです~(^^)

海岸近くに自生していたから磯菊って、多分そうだと思います。
本などによると自生地は限られているようですから、関西辺りの海岸には
ないかもしれませんね。でも、栽培していらっしゃる方はいるかも!

「イソギンチャク」ね!うっふっふ(^^)この手の読み間違い私もしょっちゅうです。
一字一句をちゃんと見ていないんだなぁ、と思っていましたが
老眼のせいですか?わー、私も老眼入ってきているのかな。
そう言えば、ちょっとぼやけることあるなぁ…(涙)


◆悟郎さん ♪

私も、悟郎さんが紹介してくださる花たち、初めまして!がいっぱいです。
いながらにして色々な花の存在を知ることができるっていいですね。
写真で拝見すると実物も見たくなってウズウズすることもありますが。

このイソギクは、そうですねぇ…直径1.5mくらいに広がっていました。
一般の小菊のように、ほっておくとひょろひょろと丈ばかり伸びて…
ということもなく、低い位置でしっかりまとまるみたいですよ。
悟郎さんのお近くでも、栽培している方がいらっしゃるかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2005/11/10 09:27

◆nezimakiさん、こんにちは。

またお越しくださってありがとうございます。

いつも通る道沿いの草木たち、見ているようで見えていない人のほうが、
世の中断然多いだろうと思います。
人の目って取捨選択して見たいものだけ見ているそうですから。
で、忙しい方たちの代わりに「こんなのがあったよ」と道端の花を
差し出して見せる子供みたいなのがこのブログですね。
気が向かれたときに、いつでもいらしてください。

再開なさったブログ「Reset」のこと、実は知ってました。
でも、リセットですから… 遠慮していました。

投稿: ポージィ | 2005/11/10 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/6908722

この記事へのトラックバック一覧です: イソギクをご存知ですか?:

« ツワブキに思う | トップページ | シオデの実 »