« りんごジャム♪ | トップページ | 似ているけれど »

2005/12/01

タカサゴユリの旅立ち

8月に花を咲かせた「タカサゴユリ」に実がなり、旅立ちのときを迎えました。

051114takasagoyuri_mi1 うつむき加減に咲いていた花は、 
 咲き終わるとやがて真上を向き、明るい 
 グリーンの子房が少しずつ育っていきます。 
 やがて生長を止めるとそのまま熟成を続け、
 秋になって今度はだんだん乾いて枯れた 
 色合いに変わっていきます。(写真のように)
 そして、乾いた実が開き…。 
 
 実が裂けている部分にご注目! 
 白いネットが見えるでしょう? 
 まるで部分メッシュの入った縦長の籠のよう。
 その中には種がびっしり詰まっています。 
 種は薄っぺらくてとても軽いものです。
 メッシュ部分から実の中に風が入り込み、 
 種を巻き上げ外の世界へと誘うのだそうです。そうして新世界へと旅立っていきます。 
 
 
051114takasagoyuri_mi2 
 
 
 ←上から覗いてみると… 
 
 
 
 
 
 
 
051114takasagoyuri_tane
 
 
 
       薄くてぺらぺらの種   
       実物は長さ6~7ミリ  →
      光沢があって綺麗です

|

« りんごジャム♪ | トップページ | 似ているけれど »

コメント

こんにちは。

ゆりというと球根をイメージしますが、
こんなに沢山の種ができるのですね。
種のアップの写真を見て、
「なんか、おいしそう」
って思った私、変ですね。

投稿: koko | 2005/12/01 12:00

うわー。面白いですねえ。
網のある籠のような構造も、中の種の形もユニークです。
珍しいもの教えていただきました。どこかで見つけなきゃあ。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/12/01 12:55

この百合は種で仲間を増やすんですか。球根じゃなくて。
あちこちで増えそうな気がするけど、こちらにもあるんでしょうか。
風で上に巻き上がるようにある白いメッシュ。なんて頭がいいんだろ。受験生のお守りにもなりそう(^o^)
8月のタカサゴユリも拝見しました。ほんとテッポウユリそっくり。高砂の由来も台湾からとは、成る程です。

投稿: あまもり | 2005/12/01 13:36

あんなに真っ白なお花が、このような種になるとは、
なんだかポテトチップみたい
夢の無いことを言ってしまいましたが、
どうぞ我家にも飛んできてくれますように

投稿: ayaya | 2005/12/01 14:08

★コメントありがとうございます★


◆kokoさん ♪

こんにちは!
そうですよね。私もユリといえば球根のイメージです。

ん、おいしそうですか?
おーっ、言われてみれば確かに… 香ばしそうな色ですしね。(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

面白いと思って見ていただけて光栄です~。
おーちゃんさんの研究熱に火がついたかしら?(^^)
どこかで実物をご覧になれるといいですね。


◆あまもりさん ♪
 
どうなんでしょうね。地面の中では球根もしっかり子を増やしているのかも
しれませんが、どうも種を飛ばして新天地を開拓していくのが好きなんじゃ
ないかという気がします。それに種の発芽率がかなり高いみたい。
うちの庭に生えてきたのも、ある年忽然と現れましたから。

おや、受験生のお守りに?ユニークな発想だヮ。
もしやお子さんが受験生ですか?


◆ayayaさん ♪

おなじみの「あややさん」でいらっしゃいますか?(^^)

ポテトチップス! ほんとだ、似てますよ!!
だから、kokoさんも「おいしそう」と思われたのかも。

いっぱい飛んできていっぱい増えて、せっせと抜いているお宅もあるとか。
そのうちayayaさんのお宅にも、ひょっこり登場しますよ、きっと。

投稿: ポージィ | 2005/12/01 14:54

今頃お邪魔です。遅くて…
これがあの美しく咲いたタカサゴユリとは、
初めてでビックリしています。所謂種、とは
感じが違うような、優雅な感じします。
さすがユリなのですね。

リンゴジャム美味しそうですね。
私も作ろうと思えば頑張るのですが、つい
買ってきてしまいます。
特にイチゴが大好きです、何時も3種類は
パンの時出して置きますよ。
加熱したフルーツは意外に身体にいいそうですね。

投稿: koiredawa | 2005/12/01 17:02

私、百合は球根だとばかり思っていたんだけど、吉野に住んでいた時に、そうじゃないことを知りました。
でも、種をじっくり見たのは初めて!
面白いものを見せていただきました。(^^)

投稿: Hiromi | 2005/12/01 17:52

★コメントありがとうございます★


◆koiredawaさん ♪

遅くなんてありません、いつでも大歓迎です(^^)

ちょっとゴールドがかった光沢が優雅な雰囲気を醸し出しているかも
しれませんね。時には雑草扱いされることもあると聞くタカサゴユリですが、
そんなふうに言っていただけて喜んでいることでしょう。

ジャム作り、私も何年振りかでした。いつもは買ってくるばかり。
パンのとき少なくとも3種類ですか?いいですね。
どれにしようか迷うのも楽しそうです。

加熱したフルーツは体にいいんですか。そうなんですか。
これはいいこと教えていただきました。


◆Hiromiさん ♪

タカサゴユリ、吉野ではきっとたくさんご覧になったのですね。
ある年思いがけない場所から忽然と芽を出すのも!(^^)

種は初めてでしたか。ほんとぺらっぺらの軽ーい種です。
この口を開けた実を逆さまにすると、まぁー出てくる出てくる
無尽蔵に入っているんじゃないかというくらいたくさん出てきますヨ。
庭にこぼしてしまったのを見て、これが全部出てきたらどうしようって、
ちょっと心配になりました。

投稿: ポージィ | 2005/12/01 21:34

タカサゴユリというのですか~
夏に家にも沢山咲いていました
うちではバカユリなんていってます
由緒正しい名前があるのですね
訂正してあげなければね  
今はポージィさんの写真とおなじような姿で庭の片隅にあります^^

投稿: glenn | 2005/12/01 23:25

年々、タカサゴユリの群生がすごくなるお宅があります。
お庭の3分の2は占めてました。
今はこの姿のタカサゴユリが乱立してる事でしょね。
来年はもっと増えるのかな。
そのお宅の庭、ツクシもびっしり出てきます(笑)

投稿: ちょびママ | 2005/12/02 00:11

カカサゴユリが、アスファルトの隙間から顔を出して、花を咲かせているのを見かけることがありますが、この種子を見ると、納得しちゃいますね。
ひらひらと飛んで、僅かな地面に着地しても、種の保存の本能に従って行動してるんですね。
メッシュがあるとは、知りませんでした。

投稿: goro's | 2005/12/02 01:49

★コメントありがとうございます★


◆glennさん ♪

「バカユリ」(^^;) アハハその呼び方知ってます~。
繁殖力が旺盛なせいでそんなふうに呼ばれるようになっちゃったんでしょうね。
『日本人の、ユリに対するイメージを壊すように、こんなににょきにょき
生えてきおって、このバカユリめが!』ってところかしら??
かぁいそ~~ これからはタカサゴユリと呼んでやってください(^^)


◆ちょびママさん ♪

えっ、庭の3分の2を占めるタカサゴユリですか?そりゃまたすごい…
春にはツクシの群生?じゃ、スギナもすごいんじゃないかしら。
そのお宅は究極のナチュラルガーデンを目指していらっしゃるのかも
しれませんね~~。
それとも… (^^)


◆悟郎さん ♪

そうですね、狭い隙間にもするりと入り込んで根を張り芽を出す
逞しさが秘められているのですね。
その辺の隙間からひょっこり生えてくる野草たちに匹敵する逞しさ(^^)

もし、こんな実にお会いになる機会がありましたら、
メッシュもご覧になってみてくださいね。

投稿: ポージィ | 2005/12/02 11:05

タカサゴユリが根付いた最初の年は、短い葉っぱだけなんですよね。
実は、ウチのカサブランカの鉢からも、それらしき葉が出てきたんですよ。
(ムカゴではないようです。)

ただ、去年も同じような葉が出てきた覚えがあるし、
それもいつの間にか無くなってたような気もするし。
(案外、自分が知らずに抜いちゃったのかも?(^^;))

もしそうだったらイイな、と期待してるんですが…。

投稿: nanbu | 2005/12/02 11:53

あっ、タカサゴユリなのかどうかは分かりませんよ。(^^;
山百合があったのは、確かです。
「ユリも種が出来るんだ~」と思って、いつもそのままにしていましたから・・・。
今頃は、ユリが増えているのかもしれません。

投稿: Hiromi | 2005/12/03 13:52

★コメントありがとうございます★

お返事が遅くなってすみません!

◆nanbuさん ♪

頭の中では、すっかりお返事書いた気になっていたのに、見たらナイ~!
こんなに遅くなってごめんなさい、お許しください(汗;)

カサブランカの鉢から「らしき葉っぱ」ですか?ひょっとして~と楽しみですね。
でもでも、そうだとして、カサブランカを凌駕しなけりゃいいですけれど…
最初のうちは小さいですから、花を一度見るくらい同居させても大丈夫かしら。

◆Hiromiさん ♪

あ、タカサゴユリ特定ではないのですね!

自生の「ヤマユリ」ですか?すてき~ 芳香が強くてとても豪華なユリ
なのですよね?私は見たことないですー。見てみたいなぁ…
ヤマユリが、種から花が咲くまでには、3~4年かかるそうです。

投稿: ポージィ | 2005/12/04 20:58

これまた自然の美というか・・・自然の妙ですね。
メッシュになってそこから風が吹き込むと種が飛ぶ・・・・すごい、すごい〜!!
誰が考えるんでしょうね〜これ(って植物自身でしょうが・・・)

というわけで、今年は道ばたの野花に目を向けるようになり、そして最近は・・・種や実に注目するようになった私です。ポージィさんの影響、大!!ですよ、これ。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2005/12/05 09:34

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

それぞれの植物にそれぞれの工夫があって、おもしろいですね。
でもって、人間は自分自身を変化させるより、自然界の動植物の工夫を
ヒントにしていろんな道具やらなにやら作って利用していることが多いですね。

私、SAKURA-MOCHIさんに影響与えちゃってますか?
それは、もともとSAKURA-MOCHIさんが自然のものに関心が
おありになるからですよ~(^^)
道端の野草や種や実に注目するのはいいんですけれど、
うっかり電柱に衝突とか足を滑らせた、とかならないように気をつけて
くださいね。私もですけど。

投稿: ポージィ | 2005/12/05 11:01

ポージィさん、こんにちは。(^^)
コメントの事、気になさらないで下さいね。

>カサブランカを凌駕しなけりゃいいですけれど…

あ、そうか!繁殖力が旺盛なんでしたね。
教えて下さって、ありがとうございます。
「面白いから」だけじゃなくて、繁殖力等、後の事を考えるのも大切ですよね。

そこで、ちょっと心配になりました。
以前褒めていただいたエリゲロンデージーやコリセウムアイビー。
育ててみて気づいたんですが、これもこぼれ種でドンドン殖えます。
バルコニーのコンテナ栽培だとそれほどでもありませんが、
お庭の場合、収拾がつかなくなるかもしれません。

遅蒔きながら、お知らせに上がりました。(^^;)

投稿: nanbu | 2005/12/05 11:35

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

優しいお言葉、恐縮です  

エリゲロンデージー、コリセウムアイビーの情報をありがとうございます。
あ、どちらもまだ手に入れていないので大丈夫です。
(私が見回す園芸コーナーには無いんですよ。気付かなかっただけかな?)
でも、それくらい繁殖力旺盛なほうが、わが家の劣悪な条件には
いいかもしれません。
野性的逞しさを持っているものしか生き残れない庭ですので…(^^;)

そうそう、ヒメツルソバの小さな苗が家のすぐ近くに自然に生えているのを
見つけて、庭の隅に移しかえてみました。ちょっと土を被せておいただけなのに
ちゃんと根付いたみたいです。それこそ逞しい!
ひょっとしたら2~3年後には、泣く泣く引っこ抜いている私がいるかもしれません。

投稿: ポージィ | 2005/12/05 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/7277298

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリの旅立ち:

« りんごジャム♪ | トップページ | 似ているけれど »