« 山口県産のりんご(徳佐りんご) | トップページ | ムクロジの黄葉 »

2005/12/18

ススキきらめいて

051212susuki_ho こんな輝きが見られるのは 
 冬の光ならではかもしれない
 
 日没に一時間ほど残して
 空の低い位置から
 柔らかくも眩しい陽射しが
 枯れ尾花を極上のきらめきで 
 彩る 
 つかの間風の冷たさを 
 忘れていた

 
 
 
ところで、ススキとは全く関係のない話なのですが、
先日新聞に、温泉に浸かる日本猿の写真が載っていました。
周りは白い雪景色…猿たちは目をつむりそれはもう気持ちよさそう…。
微笑ましい姿です。

でも、ずっと気になっていることがあるんです。
温泉からあがらなきゃいけないときがきたとき、タオルで体を拭けない猿たちは
一気に体が冷えて凍えてしまわないのでしょうか?
私だったらあっという間に湯冷めして風邪を引きそうなんですが…
猿たちがお湯から上がった後どうするのか???
気になりだすと夜も眠れなくなっちゃう (←嘘)

|

« 山口県産のりんご(徳佐りんご) | トップページ | ムクロジの黄葉 »

コメント

実は私も全く同じ事を思っていました<湯上がりはどうする
犬が体をふるわせて水をきることがありますが
猿も同じようなことをするんでしょうかね。
それにしても完全に水気がとれることはなさそうだし
考えただけでも後が寒そう。

投稿: 平家蟹 | 2005/12/18 11:10

かなり太陽が傾いた頃の柔らかい陽射しに透かされたススキ、いいですよね。
その瞬間は寒いのも忘れそう。
温泉に浸かってる猿、気持ち良さげですよね♪
ホントだ、出た後はどんなにしてるでしょうね。
湯冷めしちゃ大変だ。
誰か答えてくれる事を期待してます(人任せ)

投稿: ちょびママ | 2005/12/18 11:31

ススキのきらめきの写真と、ススキの文。詩的で素敵。Good(^o^)v
面白い! 私もススキと全く関係のない猿の湯冷めに興味を持ったので、Web検索してみました。
信州のニホンザルの写真を撮り続けている人のHP「おサルさんからのたより」の中の「そうだ、地獄谷へ行こう」を見つけました。
URLはここ↓
http://crewcs.ktplan.jp/jigokudani04.htm
この記事の下のほうの「露天風呂、いい湯だなぁ〜」でポージィさんと同じ疑問を抱き、続いて「湯冷め防止「寒冷地適応」」で答えを出されています。
◆身体が「寒冷地適応」になっている。
◆暖まって開いた汗腺がすぐに元に戻らないヒトとは違い、急速に血管が収縮し熱を逃がさない構造になっている。
◆背中に汗腺がない。
◆ヒトより体温が高く、体を振って水切りしたあと30分もすれば乾いてしまう(30分は長いと思うけど←これは私の独り言)。
要約すれば上の4点になるみたいですが、寒冷地に適応した体質になっているということが一番大きいようです。
この「寒冷地適応」は北海道の人にも見られるとも書かれていました。
水に濡れることを嫌う本能が、温泉に浸かることの気持ち良さを覚え、体が対応していったということでしょうか。
湯冷めの経験がない私もこのニホンザルさんたちと同じ体質だったりして。
いえ、寒がりなので寒冷地適応ということでなく、あまり汗をかかない体質が汗腺も少なければ毛の数も足りないということで(笑)

投稿: あまもり | 2005/12/18 13:35

いやー私も思っていましたよ。
湯上りは寒いだろうなあって。
犬にシャンプーしたときなんか、
早く乾かしてあげなくちゃ・・って
大急ぎでタオルドライ、ドライヤーかけます。

すすき、きれいですね。
というか、ポージィさんの写真が上手。
11月に沖縄に行ったときにもたくさんのすすきがあり、
こんなに暑くても秋なんだな、って思ったのを
思い出しました。

投稿: koko | 2005/12/18 13:36

ススキって撮り方によってはこんなに輝いてるのですね。
人もそれぞれ装いで、輝いて見えるのかしら?
気をつけなければ***
お猿さんのこと惠雅さんの記事で読みました。
絵で描いてとても気持ちよさそうなのです。
http://sky.ap.teacup.com/keiga/

投稿: あやや | 2005/12/18 14:45

夕方のススキ、わたしもニ、三日前に撮ってみました。白い色が輝いていますね。
猿の湯冷め、あまもりさんのコメントでよく分かりました。私はずーっと入り続けているのかと思っていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/12/18 19:01

冬の光が秋と違ってきて植物を別の色に映し出す、ポージィさんは本当に詩人ですね。

猿のこと、あまもりさんが調べて丁寧に解説してくださったのでじっくり読ませていただきました。
猿あたりから進化した人間は素晴らしい野生の機能を随分失ってしまったのですね。残念!残念!

投稿: tona | 2005/12/18 19:05

ポージィさんお久しぶりです。
久々にコメントします。
猿の事、私は思った事一度もなかったんですけど、ポージィさんの文を見て初めてそういえばそうだって思いました。
そしたら、すぐにあまもりさんの解答があったので、スッキリしました。

ススキっていつぐらいまで枯れないんですか?
もうてっきり無くなってると思いきや。
切花だと、すぐ穂をふいてダメになってしまうからそんなに長くはないんだと思っていました。

投稿: てる | 2005/12/18 23:03

ポージィさん、 こんばんは!
なんとなくばたばたして落ち着いてPCを開けません

秋のススキと違ってすっかり穂が開いて冬を感じさせる写真ですね
いつも思うのですが、ひかりの撮りかたがすっごくきれい!

私も猿のようにのんびり温泉につかりたい・・^^

投稿: glenn | 2005/12/19 00:29

★皆さま、コメントありがとうございます★

昨日は一日で歩いていたら、パソコンの前に戻れなくなりました。
お返事遅くなってすみません。

◆平家蟹さん ♪

お越しくださってありがとうございます。
同じこと思っていらっしゃったのですね。(^^)
うれしいことに、↓あまもりさんが調べてくださいました。
なるほどねーって感心しましたが、どうしても人間の感覚で想像して
しまうので、やっぱり寒そうに感じます(^^;)


◆ちょびママさん ♪

ちょびママさんにステキなススキを見せていただいたので、私もチャレンジ(^^)
クックが早く帰ろうよ~って引っ張らなかったら、もうちょっと粘って
撮ってみたかったところです。

お猿さんたち、実に気持ちよさそうな顔で浸かってますよね!
湯上りの猿たちのこと、あまもりさんが調べてくださいました↓ (^^)


◆あまもりさん ♪

わぁー、調べてくださったんですね!ありがとうございます
要約もしてくださって、すんごくよく分かりました(^^)
ヘェー(バンバンバンバン…)てやりながら拝見しましたよ。
初めてのことばかり。適応能力ってすごいですね。

でも、乾くまでに30分かかったら、雪の中では凍っちゃいそう…
人間の感覚で考えるとやっぱり寒そうなのに、大丈夫なんですねぇ。

ご紹介くださったサイトも見てみました。みんな気持ちよさそう…
それに小猿たちが愛らしくて、気がついたらデレデレの顔になってました。(笑)


◆kokoさん ♪

kokoさんも思っていらっしゃいました?
そうそう、犬をシャンプーすると、ドライヤーで乾かしてもやっぱり
乾ききっていないのか、後でブルブル震えていることがあります。
犬も体には汗腺がないし体温も高めですが、寒冷地適応した猿達とは
やっぱり違うんですねー。

写真褒めてくださってありがとう(テレ)。
そうですか、沖縄でも同じように見られるんですね…。


◆あややさん ♪

ススキの穂には光沢があるので、光が当たると素適な輝きを見せてくれます(^^)
ひとも装いで…きっとそうです。内面の輝きと併さって、
その人となりの彩を発しているのでしょうね。

ご紹介くださった惠雅さんのお猿さんの記事、拝見しました。
あったかみのある素適な絵をお描きになる方ですね!
お湯に浸かったお猿さんたちの絵も、すごく気持ちよさそうでした(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんも心引かれてお撮りになったんですねー。
拝見するのが楽しみ(^^)

猿達の湯上がりについて、あまもりさんのおかげで答えが見つかりましたね。
人間がコタツから出たくなくなるように、猿達もお湯から出たくなくなりそうですが、
食べるためには出なきゃいけませんしね。


◆tonaさん ♪

いや…身に余るお言葉を頂いて、恥ずかしいです。たまたまです(^^;)

猿たちのこと、あまもりさんのおかげで疑問が解けました。感謝(^^)
適応能力ってすごいですね。人間はそこまで適応できませんよね。
やはり、野生ならではの能力でしょうか。


◆てるさん ♪

お久し振りです(^^)忙しかった?

猿のこと、答えをいただけて私もすっきりしました。
人間にはない能力を持っている生き物ってたくさんいるね。

ススキの花期、うちの近くでは結構長いみたいよ。
早いのは8月頃穂が出るけれど、遅いのは12月になって穂が出てきました。
穂が出てから咲くまではそんなに長くないかな。でも咲いちゃってホワホワに
なってからもかなり長いこと残ってます。風が吹くと少ぉ~しずつ
飛んでいくみたい(^^)


◆glennさん ♪

すっかり落ち着かれて、新しい生活のリズムができるまでは、
なにかとお忙しいですよね。無理なさらないでくださいね。
すっかり落ち着かれたら、ゆっくり温泉で寛がれるのもいいかも…

すっかり開いてからからに乾いたススキと淡い光、冬しか見られませんね。
たまたま撮れたものばかりで、褒めていただくほどのものじゃないのですが、
でもやっぱり嬉しいです(^^)

投稿: ポージィ | 2005/12/19 11:04

そうです、そうです、私も猿のこと、疑問に思ってたんです。
あまもりさんの回答で納得しました。
地獄谷の猿の映像を見た時、お湯を引いてくるパイプのそばで暖まっている猿がいたので、ああやって乾かしているのかなと、勝手に思ってましたが、他の温泉に入る猿もいるしと、疑問は膨らむばかりでした。
すっきりしました。
ネットおそるべしですね(全てではありませんが)。

投稿: goro's | 2005/12/20 01:07

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

やっぱり…悟郎さんも不思議に思っていらっしゃったのですね。
あまもりさんが調べてくださって、一足飛びに答えを知ることができました。
ありがたいですね(^^)

いやぁ、ネット恐るべしです。
ネット検索でこれほどの情報が得られるようになるとは。
何年か前まで、検索しても今のように欲しい情報がすぐに手に入りは
しませんでしたもの。全ての情報が正しいとは限らないことを
念頭においた上で、それでもおおいに頼りにしています。

投稿: ポージィ | 2005/12/20 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/7631387

この記事へのトラックバック一覧です: ススキきらめいて:

« 山口県産のりんご(徳佐りんご) | トップページ | ムクロジの黄葉 »