« タカサゴユリの旅立ち | トップページ | 明日は… »

2005/12/02

似ているけれど

今日も「種」のお話です。

051109cosmos_mi1
 
 似たような種の写真3枚 
 
 何の種かわかるかな? (^^)
 
 
 
 
 
051109cosmos_mi2051109kosendangusa_mi
 
 
答えは… 
 上:一般的なコスモス、 左下:キバナコスモス、 右下:コセンダングサ 

白やピンクの一般的なコスモスの種がいちばん丸みを帯びて優しげで、
キバナコスモスは一般的コスモスの種を引っ張って伸ばしたみたいな形。
ぱっと見たところ手に刺さりそうな鋭さがあります。

そしてコセンダングサは‘ひっつき虫’のひとつだけに、ちゃんとくっつきやすいように、
二股に分かれた細い棘を持っています。この写真では見えませんが、
この二股棘には、さらに細かいトゲトゲがたくさん、矢尻のように付いていて、
刺さったら抜けにくいような構造になっているんですよ。うまくできているものです。
先日クックは、鼻の横にコセンダングサのヒゲを生やしていました。

|

« タカサゴユリの旅立ち | トップページ | 明日は… »

コメント

このように少しずつ違って面白いです。
キバナコスモスとコスモスで違うというのは、花では見分けにくいですが、やっぱり品種が違うんですね。
キバナコスモス、どこかに残っているかなあ。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/12/02 11:48

花が咲いている時に注目しても種を蓄える頃に注目したことはなかった・・・。
なるほろ~これがコスモスの種なんだ。ひまわりのように細長いですね。(ひまわりの種はエサとしてペットショップでも売っているので知っていますけど)
他のサイトで見ましたけど、コセンダングサの種の先は矢尻のようなトゲがいっぱい付いてる。黒いヒゲを取る時、クックちゃん痛がらなかった?
…タカサゴユリのコメントの続きですけど、うちの子供達は受験生を卒業(?)して既に社会人です。(ひとりはぷーたろーですけど)
うちの場合、タコの人形を机に置きました(阪急電車の売店で売っていた)。
タコは英語でoctopus。オクトパス、置くとパス。阪急の駄洒落に乾杯! (^o^)

投稿: あまもり | 2005/12/02 12:32

花が少なくなる季節、ポージィさんのblogにどんなのが載るのかなと思っていたんですが、種ですね。注意して見ると、色々な形があっておもしろい。
でも、いよいよ種も無くなってくると、どうなるんだろ。樹氷とかドライフラワー?

投稿: LiLA管理人 | 2005/12/02 15:00

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんも気付いていらっしゃいましたか。
種を見ると、一般のコスモスとキバナコスモスは確かに種が違うんだなー
と実感できますね。
キバナコスモスの種を初めて見たときは、咄嗟にコセンダングサだ!と
思って頭の中に警笛が鳴り響きました。くっつくぞ、離れろって(^^;)。


◆あまもりさん ♪

種になっちゃうと地味で目立たないですもんね。
ひまわりの種と比べると…長さはそのくらいかな。太さはもうちょいスリムです。
コセンダングサの矢尻みたいな棘、ご覧になったんですね。
いかにもひっかりやすそうな作りで感心します。
クックは痛くはなかったと思いますけど、何をされるかとびびって、
唸り声上げて歯をむいて怒りました←そういう性格なんです(-_-;)。

あまもりさんのお子さん、もう受験生は卒業でしたか。
なぬなぬ、タコ人形?? octopusで「置くとパス」!
なるほど~~~ お守りもお笑い系とはさすがは関西(^o^)
深刻になり過ぎなくていいですね。


◆LiLA管理人さん ♪

花が少なくなって、しかも9月以降2年目に入って、
かなり苦労してますです。

種もそうそう見つけられませんから…これからどーしましょう。
樹氷!うちの辺りでは樹氷はできないです~~。
去年のを振り返ると、どうでもいいような独り言記事がけっこうありますねぇ。
冬はまだまだこれから。ほんと、どーしましょう。困った困った(^^;)

ところで、どうやら本格的に回復と思ってよさそうな繋がり具合ですね!ブイ 

投稿: ポージィ | 2005/12/02 18:21

花の終わった後の種なのにポージィさんの撮影は実に美しいです。
花と遜色ないと思います。かえって魅力的に映りますね。
綺麗に優しく扱ってくれたポージィさんに感謝~

投稿: koiredawa | 2005/12/02 18:38

◆koiredawaさん、ありがとうございます ♪

そんなふうにいっていただくと、嬉しくて顔が熱くなります(*^^*)

やはり自然の造形美は、地味な色合いの種でも健在。
面白いものを見せてくれますね。(^^)

投稿: ポージィ | 2005/12/02 19:04

う~ん、何てきれいな写真でしょう!
色がなんともいえない。
ついこの間まで実を楽しませていただいたら、今頃は種なんですね。気がつきませんでした。いろいろためになります。
クックちゃんの顔が見たかった。
痛かったでしょうけれども、笑ってしまいます。

投稿: tona | 2005/12/02 19:05

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

きゃ、tonaさんにまでそんなふうに言っていただいて(*^^*)
でも実は、マクロで撮ると背景がぼけて
自然とかっこいい雰囲気が出るんです~。

このコスモスたちは、種になったなぁと思っていたら、
今はもう刈られてしまいました。来年用の種はちゃんと落ちたかな…

コセンダングサのヒゲをつけたクック、なんかちょっとまぬけでしたヨ(^^)

投稿: ポージィ | 2005/12/02 21:25

つい先日、やられちゃいましたよ、ヒッツキムシ。
ヒヨドリジョウゴの赤い実に誘われて脇道に入ったら、びっしりでした。
こんなときに限ってという話通り、普段あんまり着ないセーター姿だったので、それはそれは無残でした。
身体の右側に、気持ち悪くなるほどのヒッツキムシくんでした。

法事、気を付けて行ってらっしゃい~
素敵な出会いがあるといいですね。

投稿: goro's | 2005/12/03 01:47

こんな微妙な違いがあるんですね~
ちょびも今年になって何度ひっつき虫の洗礼受けた事か。。。
土手沿いの散歩は封印!
かといって畔端も油断ならない。
住宅街の散歩にワンコつれて歩くには肩身が狭い。
どこ歩きゃいいのよ~って感じ(笑)
かく言う私も知らぬ間にジャージにひっつき虫がぁ。。。(涙)
法事お疲れ様。
何か発見はありましたか?

投稿: ちょびママ | 2005/12/03 11:35

あ~~っ、ヒッツキムシだぁ~。
これは強敵よね。
痛いのなんのって!!おまけに取れない!
オナモミ以上に手強いわ。
生存競争のための工夫よね。

投稿: Hiromi | 2005/12/03 13:54

★コメントありがとうございます★
 
お返事が遅くなってごめんなさい
 
 
◆悟郎さん ♪

ぎゃぁ~~気持ち悪くなるくらいびっしりですか?
想像しちゃいました(; ;) ゥ~~  さ 災難でしたね。
後でひとつひとつつまんで取られたときのご苦労お察しします。

せっかく珍しく遠出したのに、素適な出会いは残念ながら…(涙)


◆ちょびママさん ♪

似て非なる、っていう感じで並べてみました(^^)

えー、ちょびちゃんそんなに何度もひっつきむしの洗礼を?
取るの大変だったでしょうね… ちょびママさんのジャージのものも。
(いやいや 想像しない・想像しないゾ)
私も、クックがにおいを嗅ぎに行こうとする先は、絶えずチェックして
リード操作をするのですが、どうしても見落としが…まだ当分要注意ですね。

法事、行って来ました。長距離ドライブ移動で疲れました…
発見はねぇ、残念ながらなかったんです~(T T)


◆Hiromiさん ♪

コセンダングサ・ひっつき君は鋭く長くとがっていますもんね。
肌に触れるところまですーっと通ってしまったら痛っ!です。

「生存競争の工夫」まさにその通りですね。
植物達それぞれのいろんな工夫はバラエティに富んでいて
素晴らしいアイデアの宝庫でもありますね。

投稿: ポージィ | 2005/12/04 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/7394358

この記事へのトラックバック一覧です: 似ているけれど:

« タカサゴユリの旅立ち | トップページ | 明日は… »