« ススキきらめいて | トップページ | キヅタ (花から実へ) »

2005/12/19

ムクロジの黄葉

ご近所のお宅の裏庭に、大きな「ムクロジ」の木があります。
大木で、去年は台風で折れたこともあって思い切った強剪定をされましたが、
それでも細長い大きな葉がよく繁って、夏は涼しげ、秋は見事な黄葉です。
写真を撮らずにいたら、このところの寒さで一気に落葉!(しまった!!)
 
051214mukurozi_otiba 051214mukurozi

私は、毎日綺麗だなと見上げつつも名前もなにも知らずにいたのですが、
降り積もった落ち葉を掃き集めているオーナーさんにばったりお会いしたところ、
この木の実が、「羽根突きの羽の球」になるのだと教えてくださいました。
「○○の木」と呼んでいる、とも教えていただいたのですが、
繰り返しお聞きしたにも関わらず超速で忘れてしまって…(; ;)ゴメンナサイ
 
 
051214mukurozi_up 「羽根突き」で検索してみたら 
 ありました。 
 「ムクロジ」でした。 
 
 ←こちらが拾ってきた落ち葉
 1枚の葉の長さが10cmくらいあります。 
 
 今年は剪定の影響で実が少なかった
 ようですが、来年は落ちてくるかも。 
 楽しみにしていようと思います。

 
先日、東京・浅草では羽子板市が開催されたそうです。
羽根突きの羽の球には、いまもムクロジの実が使われているのでしょうか。

|

« ススキきらめいて | トップページ | キヅタ (花から実へ) »

コメント

落ちてしまっても綺麗な黄葉ですね。まっ黄色になった木の写真、ぜひ来年お願いします。
羽根つきの玉って、黒いちいさなやつですよね。木の実だったとは知りませんでした。僕はてっきりプラスチックだと。。。。って、昔はプラスチックなんかありませんよね。

さっき、温泉猿の記事にコメント書いたら、メインテナンス中とかでコメントをはねられてしまいました。「猿のように温泉でのんびりしたい」って書いただけですけど。

投稿: LiLA管理人 | 2005/12/19 12:20

ムクロジの実は追羽根の玉ですか。
モクゲンジの種もおなじような黒く固いものでジュズにも使われるとか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2005/12/19 14:39

ポージィさん、こんにちは。(^^)
羽根つきの球がこの木の実だとは知りませんでした。
「ムクロジ」の木も知らなかったので、結局全部知らなかったんですけど。(笑)
(私はなんとなく、木材を丸く削ってるんだと。)
そんな事実を知るのはワクワクしますね。

投稿: nanbu | 2005/12/19 15:09

その羽子板市で買って来たのですが、念のためお店の人に聞きましたら、ムクロジの実と言っていました。
触ってみましたが、1つ1つ形が微妙に違っていたり、かすかな傷がついていたりします。
ですから本物だと思われます。

投稿: tona | 2005/12/19 16:48

★コメントありがとうございます★


◆LiLA管理人さん ♪

きれいな黄葉、来年こそはカメラに収めます!(^^)/
そうそう、それです。羽根をまとめたところに付いている小さな黒い球。
私は何でできているんだろう、とすら考えたこともありませんでした~。

お猿さんにもコメント書いてくださったのに、すみませんでした。
今朝はメンテナンスしていましたものね。
LiLA管理人さんも温泉お好きですか?帰国されたおりに、
入りに行こうかな~って計画立てていらしたりして。

追伸:り○○記事の衝撃から立ち直ってくださってホッとしました(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさん、よくご存知ですね。私はムクロジの名前も今回初めて
知りました。(見るのは10年以上も見てきたのに…^^;)
もちろんモクゲンジも初めてで、少し検索してみました。
お寺に植えられることが多いということですが珍しい木のようですね。
見てみたいものです。


◆nanbuさん ♪

こんにちは(^^) nanbuさんもご存じなかったですかー。
私も、木自体は10年以上も毎日のように見上げていたのですが、
名前も羽根突きの球になることも、やっと先日知りました。ほんとワクワクします。
でも簡単に作った追羽根の球には、木を削って作ったものも
プラスチックのものもありそうですね。


◆tonaさん ♪

さすがtonaさん、ちゃんとお店の方に確認されたのですね!
では、お写真で拝見したあの羽根の球はムクロジの実なんですねぇ。
なんだか、とっても嬉しくなってしまいました。(*^^*)
来年、私が歩く道路にも落っこちてくるのを楽しみに待ちます。

投稿: ポージィ | 2005/12/19 22:04

ムクロジですか。
木の名前も初めてなら、その木の実が羽つきの羽の玉であるのも初めて知りました。
そういえばあの玉はどうみても何かの実に見えますね。
(実物には最近お目にかかってない)
固い実なんでしょうね。
その固い実の中に種が入ってる?
種はどうして出てくるんだろう。
固い実はやがて柔らかくなるんだろうか?
なんて植物に関して無知な私は次から次へとつまらない疑問が沸いてきます。
葉の形は樫に似てるような。近所にあるアラカシは常緑樹ですけど。

投稿: あまもり | 2005/12/19 22:44

こうして皆さんのブログまわってると勉強になりますね。
ムクロジも知らなければ羽根突きの球が木の実だという事も知りませんでした。
羽根突きって小さな頃、1度しかした事ないので
羽根の球がどんなだったかうろ覚えです。
いつか実をゲットしたら紹介して下さいね。

投稿: ちょびママ | 2005/12/19 23:26

こんにちは。
わたしの実家のそばの運動公園にもムクロジの木があって、実が落ちていました。
昔、その実を拾って帰ったら、たまたま愛知県から来ていた母方の伯母が、
「昔はこの実で洗濯したのよ」って言ってました。
水に入れて揉むと泡が出るんですって。
ポージィさん、いつか実を拾ったら、是非、実験してみてください!

投稿: megumi | 2005/12/19 23:39

ポージィさん、こんばんは!

>繰り返し聞いたのに忘れて・・
に、にやり・・です
あります、あります 後ろを向いた瞬間に
忘れてしまいます ;;

ムクロジ・・羽根突きの木なんですかぁ
珍しいです・・って、私が知らないだけかも・・
ブログを見ていると自分がいかに物を
知らないかっていうのがわかります ;;

投稿: glenn | 2005/12/20 00:10

megumiさんのコメントを読んで意を強くしました。
私たちはムクロジのことを、ムクと呼んでました。
黒い硬い実が羽根突きの羽根に使われているのは知ってました。
後年ムクロジの話になって、泡のこと話したことがあります。
子供のころ、種を包んでいる少々柔らかい皮を水につけてもむと、石鹸のような泡がたって、シャボン玉を作って遊んだといっても、誰も信じてくれなかったのです。
実際に洗濯をしたという、megumiさんの伯母さまのような経験はありませんが、これで私の体験がほんとだったんだなと、嬉しくなりました。
あとは、ポージィさんがいつの日かやってみてくださるといいのですがね。

投稿: goro's | 2005/12/20 01:25

★コメントありがとうございます★


◆あまもりさん ♪

私も初めて知りました。疑問次々と湧いてきますね~。(^^)
羽根突きなんて私も何十年も昔に1回したことがあるだけ。
以後、羽子板も追羽根も手にとって見たことすらありません。
来年、実を手にとって見る機会があったら、よくよく眺めてみなくっちゃ。

葉っぱの形は…ふむふむ、細長い形がアラカシとちょっと似てますね。
葉の付き方や質感などにはだいぶ差があります。


◆ちょびママさん ♪

私も、木のオーナーさんに教えていただいて「200ヘェ」ものでした。
皆さんのブログで教わることもなんと多いことか。
ちょびママさんのところでも、いつも勉強させていただいていますよ。
すぐ忘れちゃうのが情けないですけど…(^^;)

羽根突き、私もはるか昔に1回したきりです。球がどんなだったかなんて
全く覚えていません。
来年、運良く実が落ちてきたら、拾って観察してみますね。


◆megumiさん ♪

お久し振り~(^^)
もう1回ムクロジを検索してみたら、出てました。
サポニンというシャボンの成分が含まれているので、水に溶けると泡立つんですって。
学名は、Sapindus mukurossiの「Sapindus」は「インドの石鹸」の意味とか。
サポニン含有量の多いエゴノキやムクロジの果皮を使って洗濯をしたことは
物資の乏しかった戦時中の体験として語り継がれているのだそうですよ。
私は、この話は母からも伯母ちゃんからも聞いたことがなかったなぁ…
現在私たちは、石鹸や合成洗剤を使っているけれど、世界各地では
今でもサポニンを含む植物を使って洗濯をしている民族もたくさんいるそうです。
界面活性作用は石鹸よりかなり弱いそうですが、そのほうが自然には
優しそうですね。
(そういえば、重曹活用してる?)

megumiさんのおかげで、また一つ賢くなれました。ありがとう(^^)
来年実を拾えたら、観察するだけじゃなくて水に浸してこすってみるわネ。


◆glennさん ♪

いやぁー私ってほんと物覚えが悪くって…(^^;ゞ ポリポリ
glennさんも、即!忘れちゃうこと、おありですか?ちょっと安心したりして…

世の中知らないことだらけですよね。いかに、日常を狭い世界で生きているか
しみじみ感じてしまいます。それで済んでしまうし。
新しいことをどんどん知ることは、脳の活性化に大いに役立ちそうですね。
(例え、即忘れたとしても ^^)


◆悟郎さん ♪

悟郎さんはご存知だったのですね。ご存知なだけじゃなく、
なんと、ムクロジでしゃぼんだま作って遊んだ経験までおありとは。(^o^)

ムクロジのこと、もう一度検索してわかったことを、
megumiさんへのお返事コメントの中に書きました。
猿のことといい、ムクロジのことといい、へぇーっ!て言いっぱなしです。

投稿: ポージィ | 2005/12/20 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/7647896

この記事へのトラックバック一覧です: ムクロジの黄葉:

« ススキきらめいて | トップページ | キヅタ (花から実へ) »