« ゆべし | トップページ | 脳トレーニング »

2006/01/12

ツタの実

実は、昨年末に見つけたものです。
夏の青葉と秋の紅葉をご紹介したツタ(多分ナツヅタ)のそばを通ったところ…
「んん?何かぶら下がってるゾ。」 というわけで近づいて見てみました。
 
051221natuduta_mi 051221tuta_mi
 
こんなのが付いていました! これ、ツタの実ですよね。 
冬は軸だけになっていると思い込んでいたのに、意外な発見。 
これまで何年も気付かずにいたのか、今回初めて実ったのかはわかりません。 
 
もう少し早い時期には、もっとたくさん、こんなふうにしなびる前の実が
付いていたのでしょうね。 その様子は見逃してしまって残念です。
でも、思いがけない発見が嬉しかったので、皆さまにもご紹介させていただきました。
って、嬉しさの押し売りです(^^;)

|

« ゆべし | トップページ | 脳トレーニング »

コメント

ポージィさん、こんにちは。(^^)
この前のキヅタや、今回の記事で、ツタについて何も知らなかったんだと痛感しました。
ナツヅタの葉は葡萄の葉に似てるし、実がついてもおかしくありませんよね。(蔓性のことを葡萄性って言ったりするし。)
今まで、ツタ=アイビーだと思ってましたが、ウコギ科のアイビーより、こっちの方が御本家って感じですね。

投稿: nanbu | 2006/01/12 14:49

初めて知りましたが、当然実もなるわけですよね。
近所で探してみます。
もしかしたら葉が落ちる前は葉の裏側にあって気づきにくいのでしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/01/12 15:14

私も実がなるなんて知りませんでした。
葉がなくなくならないと気付きにくいかもですね。
私も昨日、黒い実の塊見つけたんだけど
何かな~っと検索中。
分かんないままお蔵入りかも。

投稿: ちょびママ | 2006/01/12 15:42

この実はよく見るのですが、ツタですか?
裏庭にあるのですが、ここにツタがあったのかな?
葉が落ちてしまって解りませんが、私は、山葡萄のようなと思っていました。
葉がすっかり落ちてしまうと、また違った光景が見られます。
先日UPしました。赤い実もそうなのです。

投稿: あやや | 2006/01/12 18:51

面白い写真ですね。種明かししないで、「この実、なんの実?」とクイズを出されたら、もっと面白かったのに、です。私だったら、なんと答えたかな?うーん、まだ考えつきません。

投稿: 茂彦 | 2006/01/12 19:57

さすがポージィさんが初めてでは私はぜんぜん気がつきませんでした。
秋から実の色々を見せていただいて随分勉強になりました。そして面白いものですね。
ブログは写真入の説明入りですのでお得?です。特にポージィさんさんのお部屋は。

投稿: koiredawa | 2006/01/12 20:24

★コメントありがとうございます★


◆nanbuさん ♪

こんばんは(^^)
私もツタはすべて「ツタ」でしかなかった人ですから、今回も真ん丸お目めの
びっくり顔でしげしげと眺めてしまいました。
(通りすがりのあんちゃんにしっかり目撃されました ^^;)

ナツヅタにだって、花が咲いて実がなっても不思議はありませんよね。
(そうそう、匍匐:ほふくって葡萄:ブドウと同じ字ですね。
 それにナツヅタはブドウ科なので、葉っぱの形も葡萄に似ているのです。)
でも、花にも全く気付きませんでした。今年はもう少し頻繁に通って
葉をめくって観察してみなくちゃ。(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんもご覧になったことないですか。
葉が落ちて軸←葉柄だけになった光景を離れたところからは見ていたのですが、
たまたま近づいてみたらこんな実がぶら下がっていたのです。
紅葉を撮ったときですら気付かなかった私って…
おーちゃんさんも、探してみてくださいね。
(まだ付いてるかな…。10月頃が実りの時期だそうです)


◆ちょびママさん ♪

ちょびママさんもご存じなかったですか。
大きな葉の影でひっそり花をつけ実りのときを迎えているのかもしれませんね。
今度の春と秋は忘れずにもっとよく見てみましょう。

ちょびママさんが見つけられた黒い実の塊って何でしょうね。
答えが見つかるといいですね(胸のつかえがすっきりします ^^)


◆あややさん ♪

あややさんのお宅の裏庭にありますか。葡萄の葉に似たツタが
秋に紅葉していたでしょうか?
ヤマブドウの実もこんなふうに黒い実がなりますね。
葉っぱは切れ込みが少ないようですが。

葉っぱがすっかり落ちてしまうと、実が、特に赤い実がよく目立つようになり、
緑が青々としていた頃とは全く違う趣でしょうね。


◆茂彦さん ♪

あはは(^^)。実はクイズにすることもちょくちょくあるのですが、
今回はストレートに行きました。
クイズにしていたら、茂彦さんはどんな答えを思いつかれたでしょうね。
お聞きしてみたい気がします。


◆koiredawaさん ♪

さすがだなんて、いえいえ。私も初めて気が付きましたもの(^^;)
花が少ない時期で、何かないかとキョロキョロすると、目に飛び込んで
くるのは「実」ということに。結構いろんな実や種を見つけられて
自分でも楽しめました。

でも、説明に関しては私は省略することが多いですから(^^;)
詳しい説明は横浜のおーちゃんさんにお任せですぅ。


投稿: ポージィ | 2006/01/12 22:10

こんばんは。
夜中に失礼します。なんちゃって。

冬になると、ときどきこんなふうに実をみつけること、ありますよね。
子どもと一緒に拾ってみたり、つまんでみたり。
それが何なのか知る手段がないのがとても残念です。
これからは、ポージィさんにきいてみようかな!

投稿: koko | 2006/01/12 23:16

お隣さんが蔦屋敷(今は蔦なし)なんで実は知ってましたが、今年は見てませんね。
見当つく蔦があるので、チェックしてみます。
写真だと、干し葡萄のようですね。
ついつい摘みたくなっちゃいそうですよ。
しません。

投稿: goro's | 2006/01/13 02:49

◆kokoさん、コメントありがとうございます ♪

こんにちは。昨夜くださったコメント、私はお昼近くの今、拝見してます(^^)

秋から冬の実たち、鳥たちの貴重な食料でもありますよね。
うちの近くの道路にも、そんな鳥たちの落し物が赤や紫のシミをつけてます。

人間にとっても、実ものってなぜか心がワクワクするんですよね。
私も見つけるとついつい引き寄せられていきます。
え?kokoさんが拾われた実の名前を私に?あ"~それはダメよ。
私が知ってる実って、すごく少ないんですもの。ごめんちゃい。


◆悟郎さん、コメントありがとうございます ♪

悟郎さんはご存知でしたねぇ。私は初めてで、わーっこんなん生るんだー!
ってワクワクしちゃいました。
見つけたときが、もう12月末でしたから、萎びちゃって
ほんと干し葡萄みたいですね。
ぶどう科だから案外食べられたりして… いえいえ誘惑なんてしてません(^^)

投稿: ポージィ | 2006/01/13 12:02

ポージィさん、こんにちは。(^^)
ワハッ!またまた大ボケかましちゃいましたぁ♪

実は、「匍匐」って漢字知らなかったんですよぉ。
だから、「ほふく性」(ほふく前進なら知ってる)とか「葡萄性」とか、いろんな言い方があるのかと思ってました。
いや、一応念のために検索はしたんですよ。
そしたらヒットしたので間違いないだろうと…。(745件も!)

つまり、私みたいな人が少なくとも745人はいるって事で。
救われるような、救われないような(日本も)…。(笑)

PS.「脳を鍛える大人のDSトレーニング」貸して下さい。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/01/13 14:43

◆ひゃぁ~~!nanbuさ~ん ♪

私も脳の鍛え方が全然足りないようで…やっぱりサボリがきいてるか?
いやいや私のは天然 ぼけ ですな。

匍匐(ほふく)って葡萄(ぶどう)と同じ字ですね、っていうの
nanbuさんの誤りをやんわり訂正したわけじゃなく、クソマジメに書いてましたー!

いやぁねぇ、まったくぅ。
nanbuさん、お互い様です。今回は相打ちでしたね。
お仲間も大勢いらっしゃるし。ハッハッハ(と、笑ってごまかす ^^;)

投稿: ポージィ | 2006/01/13 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8073875

この記事へのトラックバック一覧です: ツタの実:

« ゆべし | トップページ | 脳トレーニング »