« 大根の背比べ | トップページ | 今年もようこそ »

2006/02/21

かすみ草のリース

かすみ草でリースを作ってみました。 
 
060203kasumisou_wreath
 かすみ草 約10本 
 ワイヤープランツ 5本
 リースベース 直径約15cm 
 (ありあわせの蔓を丸めたもの) 
 
 短く切って数本ずつまとめた
 かすみ草とワイヤープランツを、 
 糸でベースに巻きとめて完成。 
 
 
 
かすみ草で作ったリースをそのままドライにしたらどんなふうになるかを見たい、
と思ったのです。 かすみ草もドライになるお花ですから… 
 
060211kasumisou_wreath
結論はといいますと、何だか 
もしゃもしゃになっちゃった(^^;)
       (こんな感じです →) 
吊るして乾かして、 
茎がまっすぐのドライ状態に 
してから作った方が 
見栄えよく仕上がりそうです。 
 
 
 
 
すぐ萎びてしまったけれど、生花のかすみ草のリースはなかなか素適でしたよ。
 

|

« 大根の背比べ | トップページ | 今年もようこそ »

コメント

なるほど。何事も手順によって、仕上がりの状態が変わってくるんですね。
多くの先人が見つけてくれた良い手順を、我々はたくさん享受しているようです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/21 11:28

キャー、素敵ですーーー

カスミソウは可憐でいつも脇役だけど
しっかり主役もはれるのですね
ポージィさんの手にかかったら
どんなお花も輝いてみえます^^

投稿: glenn | 2006/02/21 11:36

あら、素敵♪
先日行ったレストランで、薄ピンクのバラだけで作ったリースが飾られていました。
アレンジメントというと、どうしてもいろんな種類のお花を使いたくなるけど、
一種でまとめるのも素敵ですよねぇ~!

投稿: tomona | 2006/02/21 14:24

まあ、何て素敵なのでしょう。
ただ1種類でしかも白というところがいいですね。
まだ1度もリースを作ったことがないので、拝見させていただいて、作ってみたい!と心に決めたのですが、自信がないです。

投稿: tona | 2006/02/21 14:48

とってもいい感じじゃないですか~♪
清楚な感じがGOODです♪
リース作りって未知の分野なのですが、同じ花材を使ってもそれぞれ個性が出るようですね。
面白いような怖いような(笑)
ドライになったらまた違う表情を見せてくれるのでしょうか?
楽しみです。

投稿: ちょびママ | 2006/02/21 15:12

リースはどのお花でも素敵ですよね。
形が和らげてくれるからかもしれません。
このカスミソウでのリースは考えもしないようなものと思いましたが何時も脇役なのに
とても生き生きしているではありませんか。
他に入れないのも個性が有り白い小さな花たちが、それぞれの顔でムードもありますね。
ドライになるとまた趣きあるでしょうね。
何処へ飾ろうかなど考え始めました。

投稿: koiredawa | 2006/02/21 15:30

まぁ,なんということでしょう!

もしかして,ポージィさんの結婚記念日がもうすぐとか?
そういうのに似合いそうですよ.

投稿: LiLA管理人 | 2006/02/21 15:36

こんな素敵なリースを作るなんて、ポージィ
さんの人柄がうかがわれます。こんなリース
をつけられたら、さぞやよく似合うと思います。
人柄がそのままこの作品に出ているようです。
これは本来どんな目的で作るのですか?
結婚式とか、そういう時使うのですか?

投稿: 茂彦 | 2006/02/21 19:47

大好きです
かすみそう うれしい!
でも、ワイヤープランツは 何処?

こでまり も 好きです
とんがり帽子をかぶった はなびし も
手をかけないと
ごちゃごちゃになっちゃう ゴテチャも
どうして ゴテチャ なんて 名前なのかな?

投稿: 753 | 2006/02/21 20:07

花嫁さんの頭に飾ってあげたいようなリースです。白いカスミソウというのがぴったり。
なんで花嫁さんか?
それはつい先日、甥っ子の結婚式があったばかりなので。
ま、私の想像力ってこんなもんです(笑)

大阪城公園梅林の記事をUPしました。
ポージィさんの梅の記事「紅と白」をTBさせていただきました。よろしくです。

投稿: あまもり | 2006/02/21 20:11

「かすみそう」その名の通り主役に隠れた脇役、それでもなくてはならない存在。
蕾はたくさんあっても最後まで咲くこともなく、主役がすたれば共に捨てられる。なんともはかない運命。

ポージィさんによって一躍主役に躍り出た彼女、生き生きしてます。誇らしげに見えます。
すばらしい。

投稿: 夢閑人 | 2006/02/21 21:20

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

生花をリースにしてそのままドライにしてもきれいに仕上がるものも
あるのですが、カスミソウはあまりに繊細すぎて重力に逆らう
力が足りませんでした。(^^)

おっしゃるとおり、手順で仕上がりが変わってくること色々ありますね。
それを見つけ出してくれた先人に感謝です。


◆glennさん ♪

素適と思っていただけて嬉しいです(^^)
暗い色のバックに引き立ててもらってます~

そうなんですよね。小さな花のカスミソウもぎゅっと集まれば結構華やか。
でも、決して派手過ぎない清楚さ…立派に主役を張れますね!


◆tomonaさん ♪

薄ピンクのバラだけのリースというのも優しげでいいですね~

そうそう。アレンジメントにはついついたくさんの種類の花を
入れなきゃいけないような気になってしまうけれど、ときには1種類だけで、
あるいは活け花のように余分を削いで少ない花で活ける良さに、
最近ちょっと憧れてます。


◆tonaさん ♪

案ずることはありません。簡単ですよ~。
ほんの少し根気があれば大丈夫です。(^^)
カスミソウの場合は保水しないと、ほんとにすぐ萎びてしまいますけれど
つかの間を楽しんで、後はドライのひなびた感じを楽しむのも
いいかもしれません。ぜひ作ってご覧になってくださいね(^^)

最初からドライのものを使われるのもいいですよ。
ベースに着ける方法は、私がしたような巻きとめる方法以外に、
ボンドやグルーで貼り付けていく方法、リング型の給水スポンジに
生花を挿していく方法などいろいろあります。


◆ちょびママさん ♪

うふ、GOODですか?ありがとう(^^)
この記事の、上の写真が作りたての生の花の状態で、
下の写真が数日後にパリパリに乾いた状態なんですよ。
乾いたらもしゃもしゃした感じになっちゃったんです。(^^;)
まぁ、こういうものと思えば、そのひなびた雰囲気もいいのですけれどね。

手作りのものは何でもですが、同じ材料を使ってもひとつひとつ
全部違った表情が出ますね。それがまた面白いところ。
ちょびママさんも何か作ってみてくださいな。


◆koiredawaさん ♪

リース飾りは、koiredawaさんがおっしゃるように心を和ませてくれる
ものがありますね。やはり円という形のせいかも…。
リースの円は永遠を表しているのだそうですよ。

下側の写真が、完全にドライになった状態ですが、
例えば、納屋のくすんだ木の扉、なんて場所に似合いそうな
ひなびた感じになりました。


◆LiLA管理人さん ♪

>まぁ,なんということでしょう!

日本で放送されている、ある番組のナレーションを思い出しました(^^;)

作り立てで生き生きしていたときの様子は、そうですね、新婚さんにでも
あげたいような感じでした。

私の結婚記念日はもうちょっと先でーす。その頃には、ますますドライになって
ふれなばポロポロ崩れん、てな状態になってるかも~


◆茂彦さん ♪

いやぁ… 清楚なカスミソウのリース、私じゃもうトウが立っていてだめです。
背中に羽根が生えていそうな可愛い少女の頭に乗っけてあげたいです。

特にコレ、と決まった目的はないんですよ。
でも、リースは壁などに飾ることが多いです。


◆753さん ♪

カスミソウ、お好きですか?ワイヤープランツは間近で見るとわかりますが
この写真の大きさでは、どこへ行ったやら~です(^^;ゞ

カスミソウ、コデマリ、ハナビシ、ゴテチャ、みんなどこか優しい
表情のある花ですね。
ゴテチャは和名をイロマツヨイというそうです。「ゴテチャ」は学名からきた
呼び名のようですが、どういう意味なのでしょうね。


◆あまもりさん ♪

まぁ、甥ごさんのご結婚式が!おめでとうございます(^^)

ちゃんと保水して作ったら、花嫁さんの髪も飾れますね、きっと。
臭いのないカスミソウを選ばなくちゃいけませんが。
ベールの上に留めてもいいし、シニヨンに結ってその周りを飾るのもいいかも。

梅林の記事、TBしてくださってありがとうございます。
あとで拝見しに伺いますね。楽しみ~(^^)


◆夢閑人さん ♪

この頃では、脇役としても活躍の場が少なくなっているように思える
カスミソウですが、まとめて使うと別の表情が見えてきて、
なかなか素適でした。
主役としても十分存在感を発揮してくれますし、私もすっかり見直しました。(^^)

投稿: ポージィ | 2006/02/21 22:46

かわいい。
カスミソウだけでもこんなに可愛いのができるんですね。
カスミソウってどうしても引き立てやくみたいな所があるから、あまり主としては使わないですよね。
でも、よけいなお花がないとすごく可憐でかわいいなって思います。

投稿: てる | 2006/02/21 22:56

ずるいよ~~、ポージィさんずるい!って、画面に突っ込みいれてしまいましたよ。
???根拠は?
何故でしょうか?
あんまり可愛いから?
わけわかんないですね。
でも何故だか言っちゃいます。
ポージィさん、ずるいよ~~~~~

投稿: goro's | 2006/02/22 03:27

こういうの、好きです。
華やかではないけれど、可愛い〜。
こんなのを玄関先に飾ったら、春はもうすぐそこ♪って感じで、出かけるのもウキウキしちゃいますね。

ポージィさんのログにお花の写真が増えて、なんだかこちらもウキウキ・ワクワクです。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006/02/22 05:47

★コメントありがとうございます★


◆てるさん ♪

ね、可愛いよね。想像以上でしたよ~
ひとつひとつの花の主張が強くないから、集めちゃうことで
お互い引き立てあってる感じかな。
しかもうるさくはならないし。イケますよね(^^)v


◆悟郎さん ♪

ええぇ~っ、ずるいですか~? (^^;ゞ
悟郎さんのココロの琴線に触れちゃったかしら?
カスミソウリースの可憐さに身悶えしてくださったのだとしたら
とっても嬉しいですよん(^^)


◆SAKURA-MOCHIさん ♪

飾らない美しさ、素朴な可憐さ、そんな感じですよね。
予想以上に皆さんが気に入ってくださったので、給水スポンジに挿して
作ってみたくなりましたよ。それだとしばらくもちますもんね。

(^^)花の写真増えてきていますよね。一時は花写真の在庫が尽きて
焦ってましたが、また少しずつ撮れるようになってきて私もウキウキ・ワクワクです。

投稿: ポージィ | 2006/02/22 10:31

なんとも贅沢なリースですね。
ステキです☆

投稿: Hiromi | 2006/02/23 12:28

◆Hiromiさん ♪

たしかに! (^^)
カスミソウって、脇役扱いだけれど決して安価な花ではないので、
そればっかりを集めて作ったリースは、なかなかの贅沢品です。
…って、現実的過ぎたかしら。ハハハ

投稿: ポージィ | 2006/02/23 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8547558

この記事へのトラックバック一覧です: かすみ草のリース:

« 大根の背比べ | トップページ | 今年もようこそ »