« 春は名のみの立春 | トップページ | 侘助 -早咲きの椿- »

2006/02/06

シクラメンの憂い

わがやのシクラメンが、このごろ元気ないのです。どうしたの…? 

060203cyclamen 葉は色濃く繁っているから 
 日照不足ではなさそうね 
 肥料切れかと思って
 肥料を置いてみたけれど 
 遅きに失してしまった…? 
 寒さが厳しすぎた?
 
 以前は5月まで咲き続けたのに 
 今回はとてもそこまで
 咲き続けられそうには思えない 
 
    …貴女の憂いがなんなのか、私に教えて欲しい

|

« 春は名のみの立春 | トップページ | 侘助 -早咲きの椿- »

コメント

 我が家のシクラメンも、半月ほど前にダメになってしまいました。
難しいですねぇ~。。。
以前冬越しできたモノは、どうやって育てたのかしら???と、自分でも思うほどです。
我が家の場合は、室内の気温変化と、水やりがマズかったようです。
ホント、難しいです。
ダメになったシクラメンにごめんなさいm(_)mです。

投稿: Hiromi | 2006/02/06 12:03

シクラメンちゃんも憂う年頃なんですね・・・きっと。

やっぱり今年の日本の寒さは植物達には辛いのかもしれませんね。
そして、こちらはやはり今日も暖かい・・・。
出番が無いぞ!!私のムートン!!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006/02/06 13:36

◆Hiromiさん、コメントありがとうございます ♪

あらら、Hiromiさんちのもですか?残念でしたね…
夏越しはできなくても、冬の間に調子悪くなったことなかったのに、
今年はよれよれしてきてしまいました。やっぱり気温のせいかもしれませんね。
暖房入れているときの気温と明け方の気温に差がありすぎるなど。
持ち直してくれることを祈ってます。


◆SAKURA-MOCHIさん、コメントありがとうございます ♪

憂えるお年頃、一過性だといいのですけれどね。
そうですね、今冬はいつにない寒さにダメになるのが幾つか出ています。
でもシクラメンには立ち直ってもらいたいなぁ~~

こちらは今日も「ど寒い」です。夜にはまた雪かも。
そちらは相変わらずの妙に暖かい冬、ですね。
おぉ、ほんと!暖冬じゃムートンの出番がなかなかないわね!
ラボ内の極寒のお部屋で着る、ってわけにはいかないですよねぇ、やっぱ。

投稿: ポージィ | 2006/02/06 15:12

ポージィさん 5月までとはどうやったら長持ちさせられるのー?
シクラメンに語りかけ、うなだれるシクラメン、やさしいご主人に今にまた元気になるわよと言っているように見えます。
今年は室内の観葉植物が本当に元気ありません。

投稿: tona | 2006/02/06 15:23

◆tonaさん、コメントありがとうございます ♪

以前、毎年のようにシクラメンの鉢を買っていた時は、特に何もしなくても
5月頃まで咲いていたんです。
それで、それが普通なんだと思ってました。なのに今冬は…(-_-;)

また持ち直してくれないかと、まだ希望を捨てずにいるんですけれどね。
tonaさんがおっしゃって下さったように、シクラメンが応えてくれると嬉しいです。

tonaさんのお宅の、観葉植物たちも元気ないですか。
やっぱり寒さが応えているんでしょうね。
家の中でも外でも、ダメになるものがいくつかありそうです。
寒さも、あと少しの辛抱でしょうに…残念です。

投稿: ポージィ | 2006/02/06 15:36

ポージィさん、こんにちは。(^^)
それは絶対寒さの影響だと思います。
ウチのミニシクラメンも、土が濡れてるのに葉がグッタリして。
回復したのもありますが、見込みのないものもあります。
(去年、雪が積もって花が咲かずに終わったのもあったんですが、枯れはしなかったんですよ。)
今年の寒さは、やっぱり違うんですよ、きっと。

投稿: nanbu | 2006/02/06 16:45

私も寒さだと思います。
うちは今年買わなかったので何とも言えないのですが
去年までは毎年買ってました。
やはり寒さが厳しい年はダメになるのも早かったです。
調子良かったら春過ぎまで咲いてくれるのにね。
もうしばらくシクラメンの憂いは続きそうですね。

投稿: ちょびママ | 2006/02/06 16:50

我が家のシクラメンもフニャっとなったり、元気になったりを繰り返しています。
気温なのか水遣りなのか難しいものですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/06 17:10

やっぱり寒さのせいでしょう。
シクラメンは駄々っ子。最低5℃以上は必要。
理想は10℃は欲しい。それかといって暖房の効いた最低15℃以上が続くと咲かなくなってしまう。(休眠する)昼は日当たりのよい窓辺に置き夜は冷えないようにダンボール、ポリ袋などに入れて昼と夜との温度差を10℃以内に保つようにするといいです。

室内の湿度が不足すると蕾が干からびたようになる。昼間の暖かい時間に葉全体に霧吹きで葉水を与える。花にかけないように注意。

水はやり過ぎないように。鉢土が乾いたら鉢底から水が流れ出すくらいたっぷりと与える。
球根には絶対に水をかけないように注意。
要は温度差を少なくすること。
私の体験から申しました。

サーモスタット付きの温室があれば言うことなし。

投稿: 夢閑人 | 2006/02/06 17:25

シクラメンというと、すぐ「シクラメンのかおり」
小椋 桂の歌を思い浮かべます。それほど
シクラメンという花はロマチックですよね。
それにしても、いい写真です。一寸憂い
があったりして・・・。なんとなくポージィさん
のイメージにオーバーラップします。

投稿: 茂彦 | 2006/02/06 18:38

ポージィさんてどんな花にもこうして声をかけているんでしょうか。優しいなぁ。
この優しさが花を育てる重要ポイントね。
一度ダメにしてからシクラメンは私にとってタブーの花になりました。優しさが足りなかったんですね。

投稿: あまもり | 2006/02/06 18:38

★皆さま、コメントありがとうございます★


◆nanbuさん ♪

あ~ん、nanbuさんのミニシクラメンも元気ないのがありますか…
どうやら、寒さが大きな原因の一つであることに間違いなさそうですね。
うちは、帰省のとき1週間もの長い間、かなりの寒さにさらしましたし。
今のところ葉っぱは元気なので、そこに希望をもって、見守りたいと思います。


◆ちょびママさん ♪

ちょびママさんのご経験からも、寒さが厳しいとダメでしたか。
以前私が毎年買っていた時は、たまたま暖冬続きだったのかもしれませんね。

まだ続きそうな、シクラメンの憂い…このまま憂いに負けちゃうか
ひょっとしたら回復するか、見守ることにします。


◆横浜のおーちゃんさん ♪

そうそう、おーちゃんさんも、シクラメンの水遣りのタイミングを
迷っていらっしゃいましたよね。
うちのは、葉っぱはしゃんとしているのに花だけ全体的にフニャラフニャラ
してきてしまったんです。初めての経験です~~。


◆夢閑人さん ♪

ご体験に基づくアドバイスをありがとうございます。
今冬はいつになく夜の冷え込みが激しいせいで、「昼と夜との温度差を
10℃以内に保つ」というのができていないような気がします。
もう少し夜の保温に気を使ってやればよかった…(; ;)
今からでも回復してくれると言いのですけれど。

温室は、なかなか持てそうにないです…


◆茂彦さん ♪

はい、シクラメンというと、反射的に「シクラメンのかおり」を思い出しますね。
それくらい、あの歌は私たちに浸透してしみこんでしまっています。名曲ですね。

写真、憂い顔のシクラメンに見えましたか?実際力なくうなだれていて
憂い顔なんです、かわいそうに…

(私にはこんな美しさはないです、残念ながら ^^;)


◆あまもりさん ♪

いやぁ、どんな花にでもっていうわけでもないです。
それに、口に出してはほとんど言いません。心の中からテレパシーで(^o^)

優しさも過ぎたるは及ばざるが如しで、水のやりすぎで枯らしたことも
何回もあるんですよ~~
逆に、してやるべきお世話を怠って瀕死の状態にしたり。
結構いい加減です、私(^^;ゞ

あまもりさんのシクラメンがダメになってしまったのも、寒さのせいだったのかも。
一度ダメにされただけでタブーの花になってしまうところなんて、
あまもりさんこそ優しい方なんだなぁと思います。

投稿: ポージィ | 2006/02/06 21:44

1つの鉢をちゃんと育てるのは、なかなか大変なんですね。
温度、水遣り、肥料と、神経使いますね。
このシクラメンには、何が足りないのでしょうか?
葉っぱは青々と育ってるんですよね。
株は大丈夫だとしたら、いったい何なんでしょうか。
ポージィさんの愛情で、復活するでしょう。
厳しい寒さで、人間さまもおかしくなってるんだから、シクラメンも少しお休みが欲しいのかもしれませんよ。

投稿: goro's | 2006/02/07 02:34

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

>シクラメンも少しお休みが欲しいのかもしれませんよ。

きっとそうですね。苛酷な環境にさらされて、ちょっと疲れてしまったのかも…

植物達、ほとんど何もしてやらなくてもいつも元気一杯のものもあれば、
気を使って世話しても枯れてしまうものもあったり…
多分、その株の持つ生命力も関係するのでしょうけれど、
そう思っていてもおろおろしてしまうことがあります。
見守っていきます。

投稿: ポージィ | 2006/02/07 09:37

こんにちは
マイ切手にはコメント有り難う御座いました。
この分の代金払って使えたら、最高ですね。
我が家のシクラメンは何とか、元気にきれいさを保っています。
でも、私ほとんど面倒見てないのですよ。
お水だけは、気をつけていますが、
肥料はなにをあげてるのですか?

投稿: あやや | 2006/02/07 10:22

◆あややさん、ありがとうございます ♪

あややさんのシクラメンは元気ですか。よかったです(^^)
うちのシクラメン、室内の気温差が大きすぎたのが一因かなと思っています。
寒さが厳しくなければ、室温差がここまで開くこともなかったでしょうから
寒さのせいでもありますね。
以前同じ場所に置いていたときは放任で春まで元気一杯だったのです。

肥料はごくありふれた、なんにでもOKの置き肥です。
先日、これまたなんにでもOKの差し込み式の液肥を追加しました。
夜は、寝る前に、気温が下がり過ぎない場所へ移動させるようにもしました。
これで復活してくれますように。

投稿: ポージィ | 2006/02/07 11:58

シクラメンと言えば、年末花屋でバイトをしていたときに、弱ったシクラメンを抱えてきた2人のおばさん達が、こう言ったんです。
「このシクラメン、この前ここで買って人にあげたんだけど、すぐに弱ってこんなになっちゃったから取り替えてほしいんだけど」
私が「環境や育て方によっては、どうしても弱ってしまうので…」と言いかけたら、2人そろって「違う違う!お花育てるのが上手な人だし、他にもシクラメンは持ってて、これだけがだめになっちゃったのよ。買った時に鉢の下に水をためる所があるでしょ、そこにいっぱい水が入ったままだったからじゃない?普通はもって帰るのにあふれちゃうから、捨ててから売るものよね?それはお店が悪いでしょ?」
こんな感じでした。
でも、あげた人がそのシクラメンを渡してから海外に行ってしまい、帰ってきたらシクラメンが元気がないから連絡したんだけど、海外で連絡が取れなかったと言われた。とも言ってたので、お花育てるのが上手な人がわざわざ相談するのかな?と思いました。
結局、私ではらちがあかないので、店長に代わってもらったんですけど、半額返金とゆう形をとっていました。
それでも、納得いかなかったみたいで「人にもいろんな人がいるようにお花も弱いお花もあるのをわかってもらいたかったわ。ここではよくお花を買ってたから残念だわ」と。
それを聞いて私は、選ぶのはお客さんの自由なんだから、何でもっと活きのいいのを選ばなかったんだろうと思いました。
ポージィさんは、どう思いますか?

投稿: てる | 2006/02/07 15:39

◆てるさん、ありがとうございます ♪

ほぉ~、そんなことがあったんですか。ちょっと嫌な思いしちゃったね。

私だったらどう思うか… 真っ先に思ったのは「ひぇ~、よく言うわぁ…」(^^;)
私は、買ったものが弱ってきたらまずは自分のせいだと思うたちだから、
そのお客さんたちのような言い方・責め方はしないしできないな。

でもま、公平を期すなら、売れるまでの間に弱って限界直前になっていて、
本当に買ってすぐに弱ってしまったのかもしれない。
本音ではシクラメンの鉢植えが、そんなにすぐに弱るとは思えないけど、
真相は不明だよね。まぁ、店長さんの半額返金が妥当だと思う。

だけど、お客さんの方も、頭からここの花が悪かったんだ!と決め付けないで
自分に非があった可能性も考えてみて欲しかったよね。
てるさんが言うように、その花を実際に見て選んだのは自分なのだもの。

色んなお客さんがいるのね… 

投稿: ポージィ | 2006/02/07 22:14

やっぱりそうですよね。
私も、自分の育て方がわるいのかな?と思うタイプです。
もともと弱ってたのかもって思っても、自分がそれを選んだからしょうがないと思いますね。

投稿: てる | 2006/02/08 23:05

◆てるさん ♪

てるさんと私は同じようなタイプだね。
弱ってるのを選んじゃったかなぁ、というときはへこみます~(^^;)

もしかしたら、そのお客さん、自分用に買ったものだったらそこまで
言って来なかったかもしれないね。
プレゼントした人への手前、責任を花屋さんに持っていって、
自分を守りたかったのかも…、とも思いました。

投稿: ポージィ | 2006/02/09 09:10

そうですね。そうゆう考え方も出来ますね。
人それぞれで接客は難しいものですね。
そのシクラメン、もしかしたら店の子が選んであげたのかもしれないし。
そういえば「これならだいぶ長持ちしますよ」って言われた、とも言ってましたから。

投稿: てる | 2006/02/09 22:16

◆てるさん ♪

難しいね。でも、こういうことがみないい勉強にもなるね。
私も、てるさんのこの体験談で色々考えて勉強になりましたよ。
こういうことで、ちょっとずつでも自分の人間性が豊かになっていって
くれるといいなーと思ってます。

投稿: ポージィ | 2006/02/09 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8496998

この記事へのトラックバック一覧です: シクラメンの憂い:

« 春は名のみの立春 | トップページ | 侘助 -早咲きの椿- »