« 出てきたのは何の芽? | トップページ | 春は名のみの立春 »

2006/02/04

立春

昨日は季節の分かれ目の節分で、今日は立春。
「暦の上では春」ってことですが… 空気が冷たいよぉ 寒いよぉ~
お日様の光の加減を見、木々の小さな芽を見、春は近いぞもう少しの辛抱だ
そう自分に言い聞かせています。

      060111mitumata_tubomi 三椏の蕾

           木瓜の蕾 060202boke_tubomi

      060202zintyouge_tubomi 沈丁花の蕾

  春まだ遠い?  春は遠からじ?

|

« 出てきたのは何の芽? | トップページ | 春は名のみの立春 »

コメント

蕾ちゃんたちのお出ましですね。
でも今日はまた特に寒いからかわいそう
でもこういう風景は確実に春が
近づいているのを感じます。
待ち遠しい

投稿: あやや | 2006/02/04 10:42

蕾が固いといいますが、この写真、本当にぎゅっと固く固くまだ開きませんよと言っているようです。
植物は人間と違って寒さに必死で耐えているのですね。いとおしいです。

投稿: tona | 2006/02/04 11:43

 昨日UPされていたアネモネといい、気付かないような小さな場所でも春がチラホラ顔を出し始めていますね。
木々や花々は、寒さに負けずに頑張っているんですね。
負けてちゃダメだぁ~と思うけど、やっぱり寒い。。。
「三椏」←なんて読むんですか?
 Topのお花は菊?
淡いピンクが清楚な中にも、華やかです。
ポージィさんは、ピンクがお好き・・・かな?

投稿: Hiromi | 2006/02/04 13:40

どの蕾も固めでしょうか。待っているとなかなか開いてくれないですが、いつの間にかほころんだりしますから、目がはなせませんね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/04 17:57

今日は立春とはいえ、一日中風が強く
寒かったですね。それでも、お花さん達は
春を忘れず、ちゃんと蕾をつけてくれます。
一日々々、日が長くなって、あちこちで
春の兆しが感じられます。「春遠からじ」、
自然の移り変わりは素晴らしいです。

投稿: 茂彦 | 2006/02/04 18:07

暦の上では春ですね。今は蕾も時間待ち状態でいつか一斉にまってました~と喜びの一声があがるでしょうね。
三椏と沈丁花は同じ時期なのですね。(蕾)
私も偶然そうでしたから。
そう家の木瓜も同じように蕾でした。

投稿: koiredawa | 2006/02/04 18:23

★コメントありがとうございます★


◆あややさん ♪

金曜の昼間、ちょっとほっとした蕾ちゃんたち、今日の寒さには
震え上がったでしょうね。雪まで降っちゃって!!

ほんとに、こうして少しずつ準備をしている姿に、じわじわと春が
近づきつつあるのを感じますね。早く来~い(^^)


◆tonaさん ♪

早くから準備しているのに、まだまだギュッです(^^)
今回の寒波が去って、また暖かな日がきたら少しふくらみを増すのでしょうね。
それにしても今日は寒かったです(; ;)
蕾たちはますますギュッと縮こまったかもしれません。


◆Hiromiさん ♪

厳しい自然の中に身を置かざるをえない植物達、寒さに耐え、
春の兆しの陽射しや気温に敏感に反応して、準備を進めているようです。
でも、今日はめちゃ寒かったです。「寒いよぉ~」と何回も泣いてました、私。

「三椏」←「みつまた」でーす。三叉とも書きます。
カタカナ表記にすることが多いんですけど、今日は何となく
みんな漢字表記にしてみました。

トップのピンクの花は、ガーベラなんですよ(^^)
八重咲きの品種で、菊みたいに見えますよね。先にアップした「マリモ」と
一緒に仲卸さんの通販で買いました。ちょっと珍しい品種のようですよ。

私が好きな色は、いちばんがイエロー系、次がブルー系。
そしてこんな感じの淡いピンク系ですね。全般的に淡い色が好き(^^)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

うちの近くで見かける花木の蕾は、どれもこれもまだまだ固いです。
日当たり抜群の所のものなんかは、もう少しふっくらと
ほころびかけているかもしれませんね。今回の寒波が去ったら、
案外一斉にほころび始めるかもしれず、目が離せません(^^)。


◆茂彦さん ♪

今日はほんと冷たい日でしたね。こちらでは夜になって雪まで降りました。
蕾たちは身を固くしてじっと耐えていることでしょう…
陽射しや気温の微妙な変化、そしてそれらををたちどころに捉えて
春を迎える準備を進める植物達。自然の移り変わりは本当に素晴らしいですね。


◆koiredawaさん ♪

暦の上では春に入りましたが、今日は思い切り寒かったですね(^^;)
蕾たちも縮み上がったことでしょう。
でも、この寒波が去って暖かさがきたら、koiredawaさんがおっしゃるように
一斉に待ってましたとほころび始めるような気がします。
三椏の蕾はずいぶん早くからできるようで、晩秋の頃からもう
ぶら下がっていました。
いまは沈丁花も三椏もじっと咲く時期を待っています。
koiredawaさんのおうちの三椏も沈丁花も木瓜も、皆待っているんですね。(^^)

投稿: ポージィ | 2006/02/04 21:58

ほんとに寒かったですね。
雪も降ったんですか?
蕾たち我慢我慢ですね。
気温の変化に耐えながら、開花のそのときをじっと待っているんでしょうね。
今年初めて三椏の画像を撮ったのですが、いつまでも開かないので、このままの状態が完成形なのかと思い始めていたところでした。
このあと開くのですね?
楽しみに待ってます。

トップの写真、てっきり菊だと思ってました。
マリモちゃんといい、この菊咲きのといい、ガーベラの世界も凄いことになってるんですね。

投稿: goro's | 2006/02/04 23:15

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

雪、新宿では降りませんでした?
海よりほどよく降ったのかな…八丈島では60年ぶりくらいに
積雪3cmと言ってました。

三椏は蕾の状態がすごく長いですね。でもこの変化無しに見える蕾も
僅かずつ大きくなっているみたいですよ。やがて時季が来ると
先っぽが分かれて花開きます。お楽しみに~~(^^)

トップのピンクの花、やっぱり菊に見えましたか。
花の世界でも、どんどん新しい品種が生まれては消えていくようです。

投稿: ポージィ | 2006/02/05 17:01

 Topのお花は、ガーベラですか!!(驚)
どう見ても、菊かダリアにしか見えませんでした。(^^ゞ
お花の世界も、凄いんですね~。
それだけ、需要がある・・・ってことでしょうか?
 あっ!私もイエロー系のお花、大好きです♪
ブルーもいいですよね。
お花に限らず、イエロー系が好きなんですよね。
ちょびママさんが紹介されていた「色占い」でも、キャンディイエローが私の色でした。(^^ゞ

投稿: Hiromi | 2006/02/06 12:11

◆Hiromiさん ♪

そぉなの、ガーベラだったのです。
菊に見えるだろうなーとは思っていたのですが、なるほどダリアにも
見えますね。でもガーベラには見えない(^o^)

需要があるから新品種を生み出すのか、需要を上げようとしてそうするのか。
どちらともいえるかもしれませんね。
新品種は次々に生まれては消えていくので、とても覚え切れません。
洋服などの世界と一緒で、人々の好みの動向に目を光らせている
人たちがいるんでしょうね。

Hiromiさんもイエロー系がお好きですか(^^)
ちょびママさんご紹介の色占い、私はBRIGHT YELLOW でしたよ。
Hiromiさんのキャンディ・イエローってどんな黄色かな?可愛い響きですね!

投稿: ポージィ | 2006/02/06 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8482078

この記事へのトラックバック一覧です: 立春:

« 出てきたのは何の芽? | トップページ | 春は名のみの立春 »