« 今年最初の ホトケノザ | トップページ | 紅と白 »

2006/02/17

ひろいもの

散歩途中の道端に、枝ごと落ちているのを見つけました。
ぱりぱりに乾燥していて、手のひらに痛かったけれど、そっと握りこんで 
一部いただいてきました。
 
060210sugi_mi 060210sugi_mi_up

さぁて、これはなんでしょう?
ヒントは左の写真に写っているトゲトゲした葉っぱと、その先っぽの蕾。
おわかりですか? 思わずパソコンから後ずさりしたアナタは、 
花粉症に苦しめられていらっしゃるのですね… 
 
杉の実です。右手前の黒い小さな粒2つは、中から出てきた種です。 
面白い形、飾り物にできそうです。難点は触ると痛いこと。 
 
ちょっと調べてみましたら、こんな短歌を見つけました。

 古(いにしへ)の人の植ゑけむ杉が枝にかすみたなびく春は来ぬらし 
                           (柿本人麻呂 万葉集) 
 
 
この「かすみ」って、水蒸気でできた霞でしょうか、それとも…花粉 ? 
 

|

« 今年最初の ホトケノザ | トップページ | 紅と白 »

コメント

花粉症の私としては、花粉だったように思いますが、そのころにもスギ花粉症の人がいたでしょうか。興味深いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/17 11:02

「杉が枝にかすみたなびく」は、私も横浜のおーちゃんと同じで花粉だと想像しました。
杉花粉症が杉林から遠く離れた都会に多いというのも空気の汚れと関連があるのでしょうか。戦前に、早く育つ杉を植林しすぎたのも原因のひとつと言われていますよね。
私は5年ぐらい、花粉症とよく似た症状に悩まされ続けました。でも今は治っています。突然に始まり、突然に収まる。不思議でした。花粉ではなく他の原因だったのかもしれません。
杉の蕾の拾い物、どんな飾りになるか楽しみ(^o^)
もう花粉がないので、毒をもって毒を制するで花粉症の方のお守りにするとか(無責任)。

投稿: あまもり | 2006/02/17 12:17

私も花粉のようにおもいますが・・・
おかげさまで私は花粉症にはかかっていませんが、
ある日急にかかるとか
昔、花粉症が無かったのは、お腹の中に回虫がいたからなんてテレビで見たことありますが
本当かしら?

投稿: ayaya | 2006/02/17 15:04

花粉症です ;;
でーーも、今年はまだ大丈夫です
年をとると花粉症が治ると聞いたのですが
どんなんでしょうね

杉の実の写真きれいですね
散歩のとき、まだ青い実をみつけたことがあります
もしや、これがシダーローズか!と思ったのですが違っていました
でも、これはこれで味わいありますね

柿元人麻呂の短歌、水蒸気と思いたいけど・・
黄色い霞なんでしょうか・・・ おぉ、怖っ

投稿: glenn | 2006/02/17 15:40

杉の実でしたか。わからなかった。
葉っぱはライスフラワーとかワックスフラワーに似てるなぁなんて思ったんですけど、実がでかいし。
ここ2~3日花粉症の初期症状があらわれました。今日も朝くしゃみを連発してました。
あ~ヤダヤダ。
まだ軽いからいいけど、本格的にならない事を祈ります。

投稿: てる | 2006/02/17 16:49

★コメントありがとうございます★


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんの花粉症、春は少し軽くなってきたということでしたが、
今年はいかがですか?
本来花粉は人体に悪さをするものではないはずですから、
万葉の時代には花粉症の人はほとんどいなかったかもしれませんね。
実際のところ、どうなんでしょうか。興味深いですね。


◆あまもりさん ♪

あらら、「似た」症状が出ていらしたのですか?治ってよかったですね!

昔々、杉の枝にたなびいて春を感じさせたのは、はたして杉の花粉でしょうか。
この歌からすると、柿本人麻呂よりさらに古の時代にも
人の手によって杉が植えられていたということですよね、たぶん。

花粉症は、花粉が多くなりすぎたせいだとか、花粉にディーゼルなどの
粉塵がくっつくのがいけないんだとか、日本人が清潔になりすぎて
身の回りから細菌等が激減したせいで攻撃しなくてもいいものまで
攻撃するようになったのだ …など色々言われていますね。
真相は果たしてどこにあるのやらです。

ん?杉の実でスギ花粉症を封じ込めるお守りですか?
なるほど~、バリバリの花粉症の夫に持たせようかしら(^^)


◆あややさん ♪

あややさんも花粉のかすみを想像されましたか。
水蒸気でできた浮遊物の「霞」は春の季語にもなっているようですし…
真相を柿本人麻呂さんに聞いてみたいです。

あややさんが書かれた寄生虫説、私も読んだり聞いたりしたことありますよ。
ほんとかなぁ~ でも、清潔になりすぎたことで、免疫系等に狂いが
生じてくるというのは、うなずけるような気もしますね。


◆glennさん ♪

あーglennさんも花粉症なんですか。うちは夫が20年以上のベテランです。
年とともに出なくなる方もいらっしゃると聞きますね。万人に当てはまると
いいのですけれど、どうなんでしょう。
glennさん、今年はこのまま症状が出ないといいですね。

柿本人麻呂時代にも、きっと杉は春になると花粉を飛ばしていたでしょうけれど、
この短歌に歌われているのはどちらでしょうね~。
私は水蒸気の霞みのような気がしますけれど…(^^;)
作られた日付がわかるとはっきりするかもです。


◆てるさん ♪

あ、ほんと。このツンツンの葉は、ライスフラワーなんかと似てる。
写真だと触感まではわからないもんね。杉でした~(^^)

花粉症の症状現れ始めました? うーん、2~3日異常に暖かかったから、
ここぞとばかり飛んだかも。むちゃくちゃ多かった去年と比べると
今年はずいぶん少ないそうですけれど、少なくてもアレルギー反応は
でちゃいますよね。
てるさんの症状も、他の花粉症の方の症状も軽くてすみますように。
そして私は今年も発症しませんように~~

投稿: ポージィ | 2006/02/17 19:11

ポージィさん、面白い実をご存知なのですね。
芸術的といっていいくらいの面白い形の実ですね。
こんな柿本人麻呂の和歌があって花粉を歌ったのだと想像すると楽しくなります。
昔「お山の杉の子」を歌ったのです。知らないでしょう?

リース向きでしょうか。

投稿: tona | 2006/02/17 19:55

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あ、ちょっと誤解を招いてしまいましたね。
私も杉の実をまじまじと見るのは初めてでした。
枝ごと落ちているのを見て「これって杉の実?」と
持って帰って調べました(^^)
リースにしても面白いかもしれませんが、あまりにトゲトゲで、
作り終わる頃には手が傷だらけになっていそうです(^^;)

もし、柿本人麻呂が歌ったのが杉花粉だったとしたら、昔々はただ春の訪れを
知らせるだけのものだったのが、今では人を怯ませるものになっているの
ですから、おかしなものですよね。

「お山杉の子」たぶん聞いたことがあると思いますよ。

投稿: ポージィ | 2006/02/17 21:53

私なぞ、道端にころがっている杉の実など
多分目もくれなかったことでしょう。見る人
は見ているのですね。なんでも、芸術作品
にしてしまう感性はすごいです。

投稿: 茂彦 | 2006/02/17 21:59

花粉症のかたにとっては、憂鬱な季節のはじまりなんですね。
取り敢えず発症は免れていますが、こればかりはなんとも言えませんからね。

杉の実、使えそうですね。私も拾いました。
檜の実も小さいけど、なかなか可愛いですよ。

投稿: goro's | 2006/02/18 00:44

◆茂彦さん、コメントありがとうございます ♪

人って変わるものですね。
何年か前の私なら『あ、実が落ちてる』とは思っても、
拾ってまじまじと眺めたり、持って帰って調べてみようとかは
思いませんでした。
どんどん関心が高まったのはブログを始めてからです(^^)
そのうちに、茂彦さんもふと気付かれたら道端にしゃがみ込んで
しげしげと草花に見入ってた、なんてことになるかもしれませんよ~


◆悟郎さん、ありがとうございあます ♪

うちの夫も、もうすっかり始まっています。今なんて、風邪と花粉症のダブルで
だるいとかボーっとするとか、しきりに訴えています。

杉の実、悟郎さんはきっと拾っていらっしゃるだろうと思いましたよ。
近所では檜の実の方がよく見かけます。
しばらく前、散歩後にクックの足を洗っていたらなにやら硬い物が
指の股に挟まっていて、何かと思ったら小さな小さな檜の実でした(^^;)

杉の実も檜の実も、なかなか芸術的で、何か作りたくなりますね。

投稿: ポージィ | 2006/02/18 15:15

杉の実って分りましたよ(田舎ものですから(*^_^*))。昨日実は実家に久々に顔を出しました。杉林が目の前にあって緑が濃いなぁ~と思ってましたら、次に少し離れた場所から杉並木を見てびっくり。少し茶色?
葉も新旧交代かな?。春から夏にかけて淡い緑色から濃い緑色に変わるけど。今の時期は茶色ぽいですね。

投稿: てるてる | 2006/02/20 22:04

◆てるてるさん、ありがとうございます ♪

さすが、お分かりでしたか!(^^)

冬の時期は、常緑の木たちも、全体に葉の色が茶っぽいような
くすんだ色に見えますよね。
新緑が萌え出す時期の、あの柔らかで初々しく明るい緑、
そして夏の盛りにむかって力強い緑に変化していくさま、
その頃の緑が大好きです。
早く新緑の季節よ来い来いです。

投稿: ポージィ | 2006/02/20 22:13

 これは私の、強敵ですね。
以前、奈良県吉野に住んでいた頃、窓の外を「あれは何かなぁ~」と思って見たのが、花粉が風に飛ばされているのだと分かった時には、身震いしました。
杉、檜、大嫌いだぁ~~!!

投稿: Hiromi | 2006/02/23 12:34

◆Hiromiさん ♪

この季節になると、必ず一度や二度、TV画面に映し出される
黄色く煙るアレを、間近でご覧になったのですね!
しかも、Hiromiさんご自身が花粉症でいらっしゃる!?
うわぁ…ひどい目に遭われたんでしょうね…
(ちなみに夫は杉から始まって梅雨に入るまでダメです。ついでに秋も。)

投稿: ポージィ | 2006/02/23 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8652865

この記事へのトラックバック一覧です: ひろいもの:

« 今年最初の ホトケノザ | トップページ | 紅と白 »