« ひろいもの | トップページ | 大根の背比べ »

2006/02/18

紅と白

先日の、一足飛びの暖かさに、それまで咲き渋っていた梅の蕾たちも
一斉にほころびました。 梅一輪一輪ほどの暖かさ
 
春到来を祝して縁起よく紅白で登場してもらいましょう (^o^)

060216ume_aka
 
 まずは 「紅」 
 
 とても濃い花色 
 小枝がたくさんの 
 小さな木に 
 咲いていました。 
 
 
 
060215ume_siro
 そして 「白」 
 
 柔らかな白色の梅も 
 いいものですね   
 青空によく映えます
 写真がいまひとつで 
 お伝えしきれていないのが 
 残念です
 
 
 
今回撮ってきた紅い梅の花色が、あまりに濃く黒っぽく見えたので、
少し梅について調べてみました。 

梅を分ける系統の中に「緋梅系(ひばいけい)」というのがあり、
「緋梅系」はさらに「紅梅性」「緋梅性」「唐梅性」の3つに分かれるのだそうです。 
「緋梅系」とは、『野梅系から変化したもので、枝や幹の内部が紅く、花が白くても
枝の内部が赤いものは「緋梅系」に含まれる』とのことです。
上の写真の紅い梅花は、その「緋梅系」の中の「緋梅性」かもしれません。
というのは、「緋梅性」の説明に『花色が濃く、紅色~緋色で、新梢は日焼けすると 
黒褐色になり、多くは樹勢が弱い』とあったからです。 
梅のこと、何にも知りませんでしたが、ちょっとだけ利口になった気分です(^^)

よそ様の梅の枝を折って内部を確かめるわけにはいきませんから、確証は
ないのですけれどね。

|

« ひろいもの | トップページ | 大根の背比べ »

コメント

白い花を咲かせる梅でも枝の内部が赤いものは緋梅系・・・関係ないですけど、昔、赤い色をつけた水をコップに入れて葉脈が赤く染まっていく実験を見たことを思い出しました。
白い花を咲かせる緋梅系の梅の木の土に赤インクを撒いたらどうなるか・・・なんて私はあほですね(笑)
濃い紅の梅、大阪城公園にある紅千鳥もこんな色をしていました。血を吸ったような色、そんな感じでした。これも多分緋梅系の中の緋梅性なんでしょうね。
明日、大阪城公園の梅林に行きたくなったなぁ。でもあそこは出店も多くて梅の香りよりイカやトウモロコシの焼く匂いのほうがきつくてね(^_^;

投稿: あまもり | 2006/02/18 16:06

お目出度い様な紅白の梅の花、綺麗ですね。

こちらは20日から梅まつりが始まります。
まだ良く咲いていませんので、咲き始めれば私も写して来ようと思っています。
それこそ種類は多く良く、見ればなるほどですが、今度よく見てきたいと思いますね。

投稿: koiredawa | 2006/02/18 20:02

きれいに咲き始めましたね。
枝や幹の内部が紅いものがあって、花が白でも緋梅とは知りませんでした。勉強になりました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/18 20:30

やっと梅もほころんできましたね。
あまりにいろいろ種類があってさっぱりわかりませんが、毎年少しづつでも分かればいいです。で、今日また少しわかったような気になりました。
東風吹かば においおこせよ 梅の花
あるじなしとて 春な忘れそ
菅原道真の歌を思い出します。そして天神様には何処にも梅があることを。大宰府には梅が枝餅がありました。

投稿: tona | 2006/02/18 20:35

★コメントありがとうございます★


◆あまもりさん ♪

うふふ、楽しい想像。ピンクの花になるかも~。やってみたくなっちゃいますね。
土が真っ赤に染まるほど撒かなきゃいけなさそうですけれど。
色の着いた水を吸わせて花色を変えること、スイートピーの
切り花なんかにありますよ。
不自然で私は好きじゃないですけれど、実験としては興味津々です。

紅千鳥の写真を探して見てきました。きれいな「紅」ですね!
私が見たサイトさんでは、紅千鳥は緋梅系の中の紅梅性となっていました。
新梢が、日焼けしても緋梅系ほど黒くならず、青みが残るのですって。
もし、大阪城公園へ行かれたらその辺りに注目してご覧になってみてください。
でも…せっかくの梅の香が、イカやらトウモロコシのにおいに
掻き消されているのは、ちょいと残念ですね。(^^;)


◆koiredawaさん ♪

梅祭りは全国的に超有名な「偕楽園」のものでしょうか? 
20日といえば明後日、まだ咲き始めたばかりで寂しいかもしれませんが、
きっと色々な梅の花と香を楽しめるでしょうね。
koiredawaさんのお写真楽しみにしています。

競い合うように咲き誇っている梅園を、私も歩いてみたいです。
花に酔ってしまうかしら…?


◆横浜のおーちゃんさん ♪

急激に開花が進みましたね!やっぱり梅にとって気温は
大きな条件の一つなのですね。

緋梅系のなかの白花のものは、紅梅性にごく僅か見られるそうす。
白い花を見て緋梅なんて、絶対思えませんよね。(^^;)


◆tonaさん ♪

先日の暖かさで待ってましたとばかりに咲き始めました。(^^)
私も種類が多すぎて何がなにやら。そういうものは種類の特定は
人さまにお任せすることにして、自分は「好きな色だなぁ」とか「綺麗だなぁ」で
よしとすることにしていますが(^^;)、特性などがわかると
ちょっと得したような気分になるものですね。

菅原道真の梅に対する愛情が伝わってくる歌です。
そんな彼をを慕って後を追って飛んでいった梅が「飛梅」ですね。 
20歳のとき、私も太宰府天満宮へ行きました。たぶん梅が枝餅も食べたと
思うのですが、もうゥン十年前のこと、すっかり忘れてしまいました。

投稿: ポージィ | 2006/02/18 21:32

先日スーパーで・・・「一粒100円」の梅干しを発見!
それはまるで「高級和菓子」のような個別のケースに「大きめの梅干しが1個だけ」入れられて売られておりました・・・買ってみるべきだったろうか?

ゴメンナサイ。花と関係のない話で・・・いぇ、我が家の近くの梅園・・・入場するとおみやげに梅干しをくれるものですからw

投稿: もりかみ | 2006/02/18 22:50

今まで、花期と、色と、八重一重くらいの差でしか見ていませんでしたが、この記事で、ひとつ賢くなりました。
薀蓄を語るほどではまだないので、もう少しオベンキョウして、いづれ披瀝してヘェ~~~っていわせてみるつもりです!

今日あたり、あちこちで開花してる木をたくさん見かけました。
あともう少しですね。

私のナギイカダの記事の文章中に、ポージィさんのページをリンクさせていただきました。
後許可で、すみません。

投稿: goro's | 2006/02/19 01:17

ここ数日の間に、あっという間に梅が次々開花してます。
急に華やかになるからビックリしますよ。
でも、散歩が楽しくなります♪
私は枝垂れてるのが好きなんですが、まだまだ咲きそうもないです。
枝垂れたのは少し遅めなんですかね?
ウンチク話、タメになります!
ポージィさんは何色のどんな梅が好きなんでしょ?

投稿: ちょびママ | 2006/02/19 03:20

紅白の梅、見事ですね。なにごとによらず
紅白というのはお目出度くそして縁起が
いいようです。写真の梅は紅白が並んで
咲いているのでしょうか?それだとなお
素晴らしいと思います。自分で、何を云おう
としているのか?植物オンチの私としては
ポージィさんのブログ、ものすごくために
なります。これからもいろいろ教えてください。

投稿: 茂彦 | 2006/02/19 14:58

★コメントありがとうございます★
 
お返事が遅くなってゴメンナサイ


◆もりかみさん ♪

えっ、スーパーでそんな高級和菓子みたいな梅干を売ってたんですか?
多くは、庶民が生活のためのお買い物する場でそんな高級梅干…
ただでさえ、この頃梅干ってずいぶん高いのね、って思っていたのに。
そういえば、デパートのお中元・お歳暮のカタログには、
一粒あたり約¥300相当の梅干詰め合わせが載ってました。
ひゃぁ~(^o^)でも、どんなお味か試してみたい気もしますね。

お近くに梅園があって、しかもお土産付きですか?いいなぁ~~


◆悟郎さん ♪

梅について、私もほとんど何も知りませんから、そのうち
悟郎さんの知識の詰まった記事を拝見してヘェ~~と
机を叩かせていただきます(^^) なかなか奥深そうですよん。

リンクありがとうございます。ってことは、アップされたのですね。
楽しみ~~今日はブログめぐりの時間がなかなか取れないのですけれど
そのうち伺います!


◆ちょびママさん ♪

ほんと、おっしゃるとおりですよね。あれ?ついこの前まで何も
咲いていなかったのに…ってびっくり。ただの枯れ木のように見えていた
枝が一気に華やぎますよね。花咲か爺さんの話を思い出します。

枝垂れ梅の開花はもう少し後かな。私も毎年楽しみにしているのが
よそ様の畑の隅に「1本」あるんですよ。
繊細な枝に揺れる花ってステキ(^^)

私が好きな梅の花の色は… うぅ~ん…淡いピンク。豊後梅みたいなのかな。
ちなみに、豊後系の梅はアンズとの交雑種が多く花が大きめなんだそうです。


◆茂彦さん ♪

梅園だと、紅白梅が並んで植えられているのも珍しくないかもしれませんね。
上の写真の二つは、別々のところで撮りました。

紅白って、どうしておめでたい色ということにされているのかと
ふと疑問に思って調べたところ、赤と白は晴れを意味するという
記述を見つけました。わかったようなまだよくわからないような…(^^;)

植物や花を載せているブログをご覧になって、茂彦さんの中に
潜在していた植物達への関心が、むくむくと目覚め始められたのでは
ないでしょうか?若い頃植物に無関心だった男性も、多くは
年齢を重ねるにつれて関心をもたれる方が多いように感じます。
(私の父もそうだったんです ^^)

投稿: ポージィ | 2006/02/19 15:35

家の梅もやっと咲き出しました。遅い春。
これから花いっぱいの春、大好きです。
そして忙しくなります。花も大好き、世話も大好き。花いっぱいにしたい春。

投稿: 夢閑人 | 2006/02/19 17:03

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

さっそく夢閑人さんのブログへお邪魔して、お庭の梅の花を
拝見してきました。きれいでした…(^^)

花いっぱいの春は、私も大好きです。
夢閑人さんはガーデニングの方もかなりなさるのですね。
見せていただけるのを楽しみにしています。

投稿: ポージィ | 2006/02/19 19:43

もう梅の季節なんですね〜
来月の中旬に京都へ行く予定ですが、その頃はもう終わってしまってるのでしょうか? 桜にはまだ早い、梅には遅過ぎ・・・って感じかも。ちょっと残念。
こっちはやっと!?冬到来。−10℃まで一気に下がりました。
ムートン活躍♪でも寒いのは嫌いです〜。。。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006/02/20 08:30

ポージィさん、こんにちは。(^^)
初めて所帯を持ったのは、小田急線の梅ヶ丘でした。
(初めての「私鉄沿線」住まい♪)
駅の近くにある羽根木公園には梅林があって。
徒歩圏の税務署に行った帰りには、毎年そこを通って梅を見たのを思い出しました。
(「思い出は美し過ぎて」…。)(T_T)

投稿: nanbu | 2006/02/20 08:50

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

日本は、気温乱高下期に突入です(^^;)。
ぼんっ!と暖かくなったかと思うと、真冬に戻ったり。
ぼんっ!のときに一気に梅の開花が進みましたよ。
遅れてやってきたロング・アイランドの冬…ギョギョッ -10℃!?
そんな寒さはスキー場でしか味わったことありません。
ムートンコートが大活躍ですね。でも寒いのはやっぱり辛いですよね。
お気をつけて。

いよいよご帰国が間近になって来たんですね♪
3月中旬の京都ですかぁ… 
もしかしたら、遅咲きの梅、早咲きの桜(緋寒桜など)、椿、アセビ、などが
見られるかもしれませんよー。(^^)


◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

nanbuさんご夫妻と「梅」にはそんな深い繋がりがおありでしたか。
「梅が丘駅」降り立ったことがありませんが、駅名になっているくらいですから
梅がたくさんありそうですね。
(余談:最寄り駅から2つ先に「桜ヶ丘」という駅があり、近くに千本桜有)
あ、もしかしたら、その公園で梅の香をかぎながら奥様の自転車の練習を
なさったのだったりして…
甘い香と結びついた甘い新婚時代。ロマンチックですぅ (*^^*)

投稿: ポージィ | 2006/02/20 09:35

スミマセン!誤解を招くような書き方しちゃって。(^^;)
初めて東京に住んだ所って意味です〜。

羽根木公園は、一画に梅園があるくらい広大な公園で、
自転車の練習をしたのは近所のちっちゃな公園です。

ちなみに、税務署は一人で行ってました。
確定申告の帰りに、憂さ晴らし?に寄り道してたんです。
(それだけのために出かけるのはクヤシイでしょ?(^^;))

投稿: nanbu | 2006/02/20 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8719516

この記事へのトラックバック一覧です: 紅と白:

» 2月の大阪城公園梅林 [あまもりのなんやかんや]
今にも泣き出しそうな空模様でしたが19日の日曜日に、何年ぶりかで大阪城公園の梅林に行ってきました。(実はポージィさんのブログを見て急に行きたくなったのでした) 夕方から「ゆず」のライブがあるとかで若者で一杯の大阪城ホールの横をすり抜け大阪城青屋門へ。 ↑大阪城天守閣(青屋門より)マウスポインタオンで内濠のカモたち 青屋門をくぐると、正面に見える内堀でカモたちが気持ちよく泳いでいました。神崎川にいないキンクロハ... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 20:06

« ひろいもの | トップページ | 大根の背比べ »