« 立春 | トップページ | シクラメンの憂い »

2006/02/04

春は名のみの立春

いやはや、寒い立春でした。
 
060204simobasira
 午後3時、 
 クックの散歩に出かけたとき、 
 日陰になった場所で霜柱発見。 
 朝からずーっと解けてないって 
 ことね。 
 周りの地面、ガチガチでした。 
 
 
 
 
060204yuki
  
 
 
  夜には、雪まで… 
  
  (窓からフラッシュ焚きで 
   撮った写真です)

|

« 立春 | トップページ | シクラメンの憂い »

コメント

寒そうですね。
こちらも寒いです。
お昼過ぎに雪がちらついていました。

霜柱を見つけるとつい踏んじゃいたくなります(^^ゞ
バリッ!

投稿: mone | 2006/02/04 23:34

松山も午後3時過ぎ、短時間だけど吹雪ました。
ちょうど買出しに出てたんですよ。
寒かったけど嬉しかったりして。。。
やっぱ雪見るとはしゃいでしまう。
雪化粧を落とした山もまた白くなってきてるみたいです。
今も寒いです。
が、午後3時でもまだ解けない霜柱があるって。。。
そういえば夕方5時前に散歩に出た時
よそのお宅のバケツの中の水が凍ってたっけ?

投稿: ちょびママ | 2006/02/05 00:21

 日陰に置いてあるバケツの中に、厚さ1センチほどの氷が・・・朝、子供達と割って遊びました。
 昼頃、もう一度そのバケツを見てみると・・・なんと、うっすらと「氷の膜」が張っているじゃありませんか!・・・これって、気温が「0℃以下だった」ってコトですよねぇ・・・

投稿: もりかみ | 2006/02/05 00:25

霜柱ですね・・ライトを当てると輝きそうですね・・歩くとカサカサと音が聞こえるようです。

投稿: | 2006/02/05 01:09

わぁ~~
霜柱、とんとみかけることなかったのに・・・
これから帰宅です。
外、大丈夫かな。

投稿: goro's | 2006/02/05 01:17

最近見かけなくなりました。
でも見たらきっと踏んでみたくなります。
風さんのおっしゃるように、光が当たったら
キラキラ輝いてきれいでしょうね。

投稿: あやや | 2006/02/05 08:15

ほんと、昨日は寒かったです。
バイトでお店にいたんだけど、「なんか下半身が寒いね、暖房ついてるよね?」って話してました。
そしたら雪がふってるし。
寒いわけですよね~。

早く暖かくなってほしい。でも花粉はいやだな~。

投稿: てる | 2006/02/05 13:34

霜柱ですか?こんなにまじかで観察
したことなかったです。マクロで見ると
こんな風に見えるのですね。自然の現象
面白いですね。あっ、すみません、面白
がっている場合ではなかったです。
寒い、寒いという実感が伝わってきます。

投稿: 茂彦 | 2006/02/05 14:10

霜柱がばっちりと。雪ですか!
こちらも冷えますが、ポージィさんのところのほうが冷え込みがきつそう。
春を待つ蕾と霜柱と雪。この対象がいいですね。
今日はいいお天気なのですが、冷え込んでブルブルしています。
買い物に出るのも億劫です。誰か代わりに行ってくれないかなぁ。

投稿: あまもり | 2006/02/05 14:13

「春は名のみの」 ほんとに今年の立春は寒い一日でした。
霜柱、名前の通りまさしく氷の柱、頭に土の帽子をかぶって。こんなにはっきり見たことはなかったです。踏むと「バリバリとかザクザクとか音がする。

雪、フラッシュで撮ると粒がきれいに写りますね。いずれも寒い冷え込んだ立春の表情を捉えて「ウーン」すばらしい。

投稿: 夢閑人 | 2006/02/05 15:59

霜柱が綺麗ですね。
しみじみ見ていませんでした、昔は踏んで遊んでいたような気がいたしますね。
その後がぬかるんで困りましたが、今は~
昔は裏の方の道とか勝手口の通路とかに、炭俵など引きつめてその上を通ったりしました。
アスファルトやなにかでその様な道が少なくなったように思います。

投稿: koiredawa | 2006/02/05 16:15

★皆さま、コメントありがとうございます ^^ ★


◆moneさん ♪

昨日はそちらでも雪がちらつきましたか。全国的に寒かったようですね。

霜柱、踏んじゃいたくなる気持ち、わかりますよ~。
私も子供のときは必ず踏んでました。滅多に味わえない足裏感覚~(^^)
あ、バリッって、だめだめ。これも自然の芸術作品、
もうちょっと見て楽しんでからにしましょうよ。


◆ちょびママさん ♪

全国的に寒い立春だったようですね。
松山でも降りましたか。吹雪いたとは!
こちらの雪は暗くなってからだったので、今朝は積雪1cmほどになってました。
私たちも出かけている間に降り始めていて、帰りの車の中から、
落ちてくる雪が街灯に照らされるのを見上げると、ふわふわと無数の
綿のかけらが水中を浮遊しているみたいに見えました。幻想的でしたよ。


◆もりかみさん ♪

朝割ったのに、昼の間にまた氷が?ぅわーん、いかにも寒そう!
1cmの厚さの氷っていうのもすごいです…ブルブル
うちのじょうろに張っていた氷はどのくらいの厚さだったのかしら。
午後になっても解けてませんでしたが…


◆風さん ♪

かなり大きくはっきりと育った霜柱でした。
ライト当てたらキラキラときれいでしょうね。幻想世界が広がりそう…
残念ながら、カメラ以外なぁんにも持ってなかったので、
ひたすら低くしゃがみこんで撮るだけにとどまりました。(^^;)


◆悟郎さん ♪

お帰りの道中、どうでしたか?無事帰られましたか?

霜柱は、水分を含んだ土と冷え込みがないと見られませんものね。
アスファルトの道路がほとんどの現在、なかなかお目にかかれませんね。


◆あややさん ♪

霜柱ができるには、柔らかく水分を含んだ土じゃないとだめですよね。
霜柱を見つけると踏んで感触をを確かめたくなるの、わかります~
今回はそっとそのままにしてきましたけれど(^^)
光が当たったら、キラキラした幻想世界が生まれそうです。(やってみたかった)


◆てるさん ♪

昨日の冷え込みはきつかったですねー。お店の中では特に
足元の方ほどしんしんと冷えていたでしょうね。

今日はきのうより少し暖かかったかな。
花粉は、先週暖かかった頃から飛び始めているんじゃありません?
ある、知り合いの花粉症もちの人が「もう来た~!」って言ってましたよ。
うちの夫もくしゃみし始めてるし… (-_-;)


◆茂彦さん ♪

うちのカメラのマクロの限界一杯で、こんな感じです。
いえいえ、これも寒さの中でしか見られない自然の造形美ですもの、
大いに面白く観察しなくては(^^)
でもやっぱり寒い~!


◆あまもりさん ♪

こちらも今日はよく晴れて、昨日より暖かくなりました。
じょうろに張った氷も、午後には解けていましたし(昨日は凍ったまんま)

あまもりさんはお買い物もバイクで?バイクは体はじっとしたまま
風を切って走るのですから、そりゃもう寒いですよね!
冬にバイクの方を見かけると、手足も体もかじかんで、またがったままの形で
動かせなくなるんじゃないかと見ていて心配になります。(^^;)


◆夢閑人さん ♪

霜柱を間近からじっくり見たのは、私も久し振りかもしれません。
まさしく柱の形をしていますね。頭に土の帽子を乗せているのは、
持ち上げながら成長した証。
私も子供のころは踏んでザクザク・バリバリ言わせたものです。
昨日は、自然の造形美をそっとそのままにしておきました。

雪は、本当は、オレンジ色の街灯に照らされながら舞い落ちる姿を
撮りたかったです… (^^)


◆koiredawaさん ♪

霜柱をじっくり間近で見るのは、私も久し振りでした。
この霜柱はよく成長していましたし。
子供の頃は、霜柱を見つけると必ず踏んづけて感触を楽しんでいました(^^)

霜柱ができるような地面は、いつまでもジュクジュクとぬかるんだままですね。
炭俵を敷き詰められたのは、そのぬかるみ対策だったのでしょうか?
いまでは、土のままの地面そのものがずいぶんと減りましたね…

投稿: ポージィ | 2006/02/05 17:51

ポージィさん、こんにちは。(^^)
昨夜の雪には気がつきませんでしたが、霜柱はありました。(氷もツルツルで)
あのぉ…、霜柱を踏んで感触を楽しんだ事、言い出しにくくなっちゃいました。(笑)

今日は、いつもの食糧の買い出しの後、土手でウォ−キングしてきましたが、頬に当る川風が痛いくらい冷たかったです。(T_T)

投稿: nanbu | 2006/02/05 20:08

すごい霜柱、こちらにも畑にありますが、写すとこんなだったのですか?素晴らしい!
湘南地方に雪が降ったんですってね。
今年はそちらの勝ち。
クックちゃん駆け回って喜んでいるのでしょう?

投稿: tona | 2006/02/05 20:18

◆nanbuさん、ありがとうございます ♪

昨夜の雪は海に近い方だけだったのかもしれませんね。
明日の晩、また降るという天気予報が出てます…今度は東京も。

>あのぉ…、霜柱を踏んで感触を楽しんだ事、言い出しにくくなっちゃいました。(笑)

エヘッ、霜柱も自然の造形美だから残しておきましょう、って
書いたからですか?
じょーだんですよー。冗談っぽくなかったかもしれませんけど(^^;)
私も子供のころは、見つけたら必ず踏んづけて感触楽しんでましたもん。
サクサク・ザクザク・ジャリジャリ・バリバリ・ガリガリ…etc.

川面を渡る風はいっそう冷たかったことでしょうね。
耳、ちぎれたりされませんでしたか?


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

この場所は、前の雪とその後の雨とでずっとぬかるんでいた場所
だったんです。それで、今回の冷え込みでこんなに見事な霜柱に
なったんじゃないかと… 結晶が柱を作っていて面白かったです。(^^)

天気予報によれば、明日の晩は東京も雪かもしれませんよ~。
積もらずにすむといいですけれど。
クックは雪はちょっと…(^^;) 
寒がりですし、やっぱり足の裏が冷たくて嫌みたいです。

投稿: ポージィ | 2006/02/05 20:44

あっはっはっは・・・・家での買い物はあるきで〜す。近いですから。荷物が増える見込みの時は自転車。
冬のライダーは悲惨です。ヘルメットの中は鼻水と涙目。クシュンクシュンしながらバイクを走らせて。降りてからバイクのミラーを見ながら鼻ふきふき(笑)
ライダーにとって絶好の季節はほんのわずかの間のみ。鼻水垂らしているか髪の毛が汗で蒸れているかのどちらかがほとんど(。ヘ°)

投稿: あまもり | 2006/02/05 20:53

その霜柱はたぶん今朝も残っていたことでしょう。私も今朝写した時には雪のオマケがついていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/02/05 21:05

◆あまもりさん、ありがとうございます~ ♪

お買い物は歩きですか。よかった…(何がいいのかよく分かりませんが)
しかし。あ~~やっぱりバイクに乗って颯爽と走る姿の影には辛い現実が…。
冬は涙鼻水、夏は蒸れと汗ですか。それでもバイクにまたがるのは、
それらを打ち消してなお余りある魅力があるからなんでしょうね!


◆横浜のおーちゃんさん、ありがとうございます ♪

きっと解けずに残っていたでしょうね!
今日はその場所を通らなかったのですが、おーちゃんさんがご覧になったのと同様、
綿帽子をかぶって可愛らしくアピールしていたことでしょう(^^)

明日も寒いそうで、晩にはまた雪が降るそうです…

投稿: ポージィ | 2006/02/05 21:52

こんばんは~

こちらは雪は降らないものの北風ピューピュー
私は木の葉のように飛ばされそうでした(嘘です)
霜柱はやっぱり踏みますか?
私は踏むほうです^^
じょうろの中の水が凍って一日中融けませんでたよ

投稿: glenn | 2006/02/05 22:05

隣が空き地なので 霜柱はしょっちゅうできてます
朝起きて カーテン開けて見ると
それだけで さぶっ(>_<)

でもこうやって間近で見ると綺麗なもんですねぇ。。
やっぱり ポージィさんは お茶目な人だ(^_^)

投稿: miki | 2006/02/05 22:44

◆glennさん、ありがとうございます ♪

千葉は全体的に風が強く吹くことが多いという印象がありますよ。
昨年のお正月に南房総へ旅行に行ったときも、たまたまだったかも
しれませんがすんごい風に翻弄されました(^^;)

霜柱、この頃は見つけても踏みませんが、子供の頃は必ず(^^)d
あの独特の感触、けっこう癖になりますよね。

今日も寒そうですね。また雪が降るとか…じょうろの氷もとけそうにないです ブルッ


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

霜柱、mikiさんにとっては、毎度おなじみさんでしたか。
綺麗ですけど氷の柱ですもんね~。
見るからに冷たそう、目からも寒さがきます。ブルル

いい歳こいたおばはんが、地面に向かってしゃがみ込んでる姿って
やっぱちょっとヘンですよね。(たぶん目撃者はいないと思うけど…)
お茶目といっていただくと救われま~す アハハ(^o^)

投稿: ポージィ | 2006/02/06 09:03

 あ~~、見ているだけで寒いよ~~!!(><)
今朝の大阪は、うっすらと雪が地面に残っていました。
そして、子どもの登校する頃に、少し降り出しました。
今は晴れ間が射していますが、まだまだ降りそうな空の色です。
 それにしても霜柱、キレイに撮れていますね。(^^)v

投稿: Hiromi | 2006/02/06 12:06

◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

大阪は今日は晴れたり雪が降ったりですか?寒々としていますねぇ。
全国的に寒いんですね、きっと。
こちらは今夜また雪だとか。いやだなぁ…

霜柱、見事な結晶がきれいでしたよ。でも、こういう光景は
見るだけで寒いですね。(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/02/06 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/8504843

この記事へのトラックバック一覧です: 春は名のみの立春:

« 立春 | トップページ | シクラメンの憂い »