« 花のしらべ | トップページ | シキミ(樒)の花 »

2006/03/20

毛深いオランダミミナグサ

道端で、僅かな隙間から生えてきていたオランダミミナグサも咲き始めました。
去年は花が開いた状態を確認できなかったのですが、今年は撮れましたよ(^^)v

060308orandamiminagusa 060308orandamiminagusa_up

060311oba_orandamiminagusa ↑花びらの先端に切れ込みが 
 入っています。
 
 ちょっとハコベとも似ていますね。
 ハコベとの大きな違いは、
 オランダミミナグサの毛深さ(^o^) 
 だと、私は勝手に思っています。
 でもなかなか可愛い花です。 
 


名前の由来は、「葉の形がネズミの耳に似ている帰化植物」との説がありますが…
どうでしょ、似てますか?
 

|

« 花のしらべ | トップページ | シキミ(樒)の花 »

コメント

お早うございます。
オランダミミナグサと云うのですか。
良く見かけますが花までは見ていませんね。
葉の様子ですぐ分かりましたが。
意外と花は繊細な、花びらが2つに分かれていたり、アップの写真が素敵ですね。
毛深いのもアップでなければわからないですもの。凄いと思います。
撮影の様子も^^♪大変でした?

投稿: | 2006/03/20 09:51

ちゃんと名前があるんですね。「オランダミミナグサ」。オランダから来た帰化植物?
三角にとがったような葉っぱはネズミの耳みたい。

何処にでも生えてる雑草、花の咲く前に抜き取ってしまう。花なんて見たこともなかったです。なかなかかわいらしい、先に切れ込みまであってこれから花の咲くまで少しばかり残しておこう。

投稿: 夢閑人 | 2006/03/20 11:53

毛深いというとこに、毛が寂しくなった我が夫だったら異常に反応するとこですが(笑)私、このオランダミミナグサ、かなり好きです。
花もネーミングも可愛いです。
雑草と呼ばれるものたちは、むしってしまうのがもったいないくらい可愛いのが多くて、私の草引きの手はしょっちゅう止まるのでした。

投稿: ちょびママ | 2006/03/20 13:18

この花はブログでは見ても実物はまだです。
これからどんどん増えるんでしょうね。
花も葉もよく分かる写真を見せていただいたので、すぐ気づけそうです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/03/20 19:33

このお花がこんなに毛深いとは。
お花の先端が割れていたのですね。
まだ今年は見かけません。
ネズミの耳に似ていますね。

そちら方面に墓参に今日出かけましたが、雪柳がもう満開なのですね。

投稿: tona | 2006/03/20 20:30

★コメントありがとうございます★


◆玲さん ♪

玲さんもまだ咲いているところをご覧になっていませんか?
私も、去年は見るたび見るたび、いつも蕾か閉じた状態ばかりでした。
ですから、今年はちゃんと開いているところを見られて感激でした~(^^)

うふふ 私の撮影のときの格好、想像されちゃいました?
しゃがみこんで膝まで付いて、カメラを低くに持っていって…
後ろから見たら、何しているのかとっても不審な姿でしょうね。


◆夢閑人さん ♪

なにやらハイカラな名前ですよね?「オランダ」と名指ししてますが、
ヨーロッパ原産を象徴してオランダとつけたようですよ。
三角っぽい葉は、やはりネズミ似ですか。(^^)
そうですね、どちらにしろ抜かなくてはいけないものなら、
花をご覧になってからにしてみてください。可愛いですよ~


◆ちょびママさん ♪

あら~っ、気にしてる方にとってはマズイタイトルだったかしら (^^;ゞ
ちょびママさんも以前アップしていらっしゃいましたよね。
ひょっとして、生きた野草コレクションに入ってます?
特に春の小型の草花には可愛らしいものが多いですから、
抜いてしまうの躊躇われますよね~~ちょびママさんの葛藤が…


◆横浜のおーちゃんさん

あったりなかったり、場所によりけりなんですね。
うちの近くでは、ハコベと同じくらいの頻度で見かけます。
まだずっと咲き続けると思いますから、発見されることもあると思います(^^)


◆tonaさん ♪

そうなんです。とっても毛深くて、帰化植物ということと共に
ヨーロッパの異人さんの毛深さも思い出されたのかしらん、なんて
余計なことまで考えちゃいました。

今日は湘南の方へいらしていたのですか。ちょっと風の冷たい日となりました。
雪柳、いつの間にかもう満開の時期です。
この頃は、色んな花があっという間に満開を迎えるようになりましたね。

投稿: ポージィ | 2006/03/20 21:04

随分とご無沙汰していたような・・・と言っても2、3日ぐらい(笑)
私と違って毎日更新されるポージィさんのブログだから、ちょっとさぼっていると、しまったなぁと思います。今じっくりと花たちを拝見しました。
この花は初めて・・・・じゃない!
今月の初めに淀川の堤防で写真に撮った野草とそっくり。名前が分からずそのままにしていたのですが、今度UPしてみますから見ていただけませんか?
この野草、先日の日曜日に再び見に行ったのですが、きれいに抜かれていました(-.-)

投稿: あまもり | 2006/03/20 22:33

こんばんは!

みなさんのコメント同様、
「オランダミミナグサっていうんですか?」
よく目にする草ですよね。
小鳥を飼っているときは、ハコベをさがして与えていましたが、
この「毛」がいっぱいの草は、
「これ、ちがう。だめ」という存在でした(^^;

なのになのに、ポージィさんにかかると、
こんなに可憐な花の写真になっちゃうんだから、
まいりました~

投稿: koko | 2006/03/21 00:14

よくみると可愛い花びらですね。
切れ込みがいいですね。
きっとどこかにはあるのでしょうが、出会っていません。
桜が咲き出してから、足元をおろそかにしてるのかもしれません。
明日は上下左右を確認してみます(笑)。

投稿: goro's | 2006/03/21 01:07

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

そうですよね2~3日くらい。なのに長く感じました。心待ちにしているせいかな。
(暗に強要してる?いえいえ、決してそんなことはないですから~ ^^;)

淀川の堤防もだいぶ賑やかになってきたようですね と書こうと思ったら、
あらら、そちらも早くもむしられてしまいましたか…。
お花見シーズン前にきれいにしとかなくちゃ!といったところでしょうか。

あまもりさんが記事をアップされたらじっくり拝見させていただきますね。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

アハ、おんなじです!
子供のとき、私も小鳥にハコベを摘んでやるとき「これ違う!」でしたよ(^o^) 

花も葉の形もなかなか可愛いですけど、実は私はハコベびいきです。
毛深くても柔らかいといいんですけど、オランダミミナグサの手触りは
あんまりよくないですもん。(^^;)


◆悟郎さん、ありがとうございます ♪
 
ハコベは深ぁ~い切れ込みだったのに対して、こっちは浅め。
これ、花びらのアクセントになっていますね!
悟郎さん、まだ見かけていらっしゃいませんでした?
うむ、たしかにこの時季はどうしても視線が上へと向きがちになりますよね。
足元では、カラスノエンドウの葉もすくすくと成長中でーす。
上下左右の確認はいいですけれど、くれぐれも前方不注意にならないよう
お気をつけくださいまし。

投稿: ポージィ | 2006/03/21 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/9068977

この記事へのトラックバック一覧です: 毛深いオランダミミナグサ:

« 花のしらべ | トップページ | シキミ(樒)の花 »