« 華やか花桃 | トップページ | アオキの花・雌雄そろい組み »

2006/04/05

ムラサキハナナの似合う風景

060324murasakihanana_enkei ちょっと見づらいですけれど 
 この写真で紫色に見える部分が
 ムラサキハナナです。
 (別名:ショカツサイ、ハナダイコン 
           オオアラセイトウ)
 かって流行り、競って植えられた
 というこの花、今ではこぼれ種から
 自然に生えてくるものが毎年春を 
 彩っているものの、手を掛け育てて 
 いるお宅はほとんどないようです。
 
 それどころか、今年の春は除草剤をかけられたり抜かれたりしたものを 
 ちょくちょく見かけました。 随分な待遇の変化ですな… 
 
060324murasakihanana
 けっこう草丈も伸び、ちょっと野菜の花の 
 イメージのこの花は、花壇に綺麗に植える
 というのではなく、広い場所に 
 自由にのびのび群生している姿が 
 似合うと思います。
 広い庭の木の根元、線路下の土手、
 原っぱ、 などなど… 
 
 この花の紫色はとても上品。
 もし、草姿が野菜のようでなかったら
 今でももてはやされているのでは
 ないかと思っています。
 
 (アブラナ科ですが、野菜ではないそうです)

|

« 華やか花桃 | トップページ | アオキの花・雌雄そろい組み »

コメント

先日教えてくださったお花ですね。
ハナダイコン名前は聞いたことあります。
我が家でも今年、突然庭の隅に沢山出てきました。
お花はきれいなのに、葉が菜っ葉みたいねと言っていたのです
でも、きれいなうちにお花は押花にして見ます。

投稿: あやや | 2006/04/05 10:24

私の一番愛する色なんですよ♪
こんな美しいのにムラサキハナナの扱いは低いですよね。
この花には哀しい言い伝えがあり、紫金草と呼ばれ平和への強い使命を担ってるんですよね。
その事を知ってからこの紫の色合いがますます格調高く見えて来た私です。

投稿: ちょびママ | 2006/04/05 11:10

桃の花ではお世話になりました。
ポージィさんの花桃を見てすぐにアップ写真を撮りにいったので雨に遭わずにすみました。今日も雨はまだ降り続いているので、助かった~
紫の花菜、そのまんまというネーミングで覚えやすいですね。
アブラナ科ということは、菜の花の仲間ですか?
菜の花も群生がきれい。このムラサキハナナも人間の気ままでいろいろ変遷があったみただけど、野にこそ似合っているのかも。

投稿: あまもり | 2006/04/05 12:12

ムラサキハナナ、きれいですよね。

前に勤めていた会社は、きれいな中庭のあるアパートの一室にありました。
公共事業関連の会社で、仕事の忙しい時期と暇な時期がはっきりしていました。私と上司は花が好きだったもので、暇な時期によく花を育てていました。
あるとき上司が種を蒔いたのが、ムラサキハナナだったのです。
苗が大きくなったとき、大家さんに申し出て、中庭に植えさせてもらいました。
そうしたら、毎年こぼれ種から芽を出し、それを会社に飾ったり、自宅に持ち帰ったりしていました。

なつかしい思い出です。
その会社には(支店)、その頃のメンバーはもう一人も残っていません。

投稿: koko | 2006/04/05 12:15

シミジミ見ると美しいエレガンスにも思えるのにひどいですね。
世の中の移り変わりもこのような小さい物にさえあるということですね。
せいぜいこぼれた種が頑張って子孫を残す事を期待したいです。
本当にいい色ですよね。

投稿: | 2006/04/05 14:09

ポージィさん、こんにちは。
ムラサキハナナの名前、今日偶然、ちょびママさんに
教えてもらったばかりです。
きれいですね。

昨日はリハビリ料金のこと教えてくださってありがとうございました。
検索エンジンで調べたら、基礎診療の点数は2点下がったのですが、リハビリは3倍、料金は5割り増しでした。
それに期限も切られているのには驚きました。まったく知らないことだらけで、世の中動いていました。おかげでちょっと勉強できました。ありがとうです。

投稿: 未歩 | 2006/04/05 15:48

この花が3月中旬に出始めた頃、何も知らない私は綺麗な花だが何という名前かなと調べたものでした。
ところが暫くすると、あちらこちらで群生のように咲き出して驚きました。
綺麗な顔して強い花ですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/04/05 16:44

ターシャテューダーのガーデンを思わせるような、奇麗な写真ですね。
公園なんでしょうか。無造作なようでいて、まとまっていて、こんな庭園が好きです。
たしか井の頭線沿いの土手にも、この花が群生してたような気がするんですが。

投稿: nanbu | 2006/04/05 21:02

★コメントありがとうございます★


◆あややさん ♪

はい、今年あややさんのお庭にも紛れ込んだお花ですね(^^)
種はどこから旅してきたのやら。来年はもっと増えるかも~
やっぱり菜っ葉みたいとお思いになりますよねぇ。
花色の品のよさと庶民的な葉っぱとがアンマッチという気がします。
きれいな押し花に仕上がるといいですね。


◆ちょびママさん ♪

ん、そうですね!ちょびママさんのお好きな色です。
品があってたおやかな淡い紫…(^^)
人の心は移ろいやすいのか、この頃は邪険な扱いうけることが多いようで可哀想です。

紫金草と呼ばれること、哀しい言い伝えのこと、知りませんでした。
検索して読みましたよ。戦争にまつわることだったのですね。
平和の願いの込められた花…ぜひ引き継いで行きたいものです。


◆あまもりさん ♪

お役に立ったなんてとんでもないです。他の方がご回答くださっていました。
雨の前に写真に撮れてよかったですよね。今日はこちらも雨でした。

「ムラサキハナナ」ウフフ、ほんと、まんまのネーミングですね。すぐ覚えられます(^^)
同じアブラナ科ですが、属は違うみたいですよ。
菜の花はアブラナ科アブラナ属、ムラサキハナナはアブラナ科オオアラセイトウ属と
書いてあるのを見つけました。

あまもりさんも、ムラサキハナナは野にこそ似合うとお思いになります?
人に邪険にされるなら、どんどん野に出て、人の手の入らない場所で
美しく咲き続けて欲しいものです。


◆kokoさん ♪

ムラサキハナナにそんな思い出がおありなんですか…
素適な思い出ですね。
そのときのメンバーはもうどなたもいらっしゃらなくなっても、
ムラサキハナナは今も毎年美しい花を咲かせ続けているのでしょうか。
なんだか、すこし哀愁も感じます。


◆玲さん ♪

ええ、本当にいい色だと思います。
人の心は移ろいやすく、好まれる花にも流行り廃りがあるんですね。
かってはもてはやされたものも、今では邪険に扱われることも少なくないようで
可哀想です。
人の手の届かない場所で、これからもこぼれ種から絶えることなく
咲き続けていって欲しいと、私も思いました。


◆未歩さん ♪

まぁ、そうでしたか。ちょびママさんのところで、未歩さんのコメント
拝見しました。この花の名前だったのですね(^^)
紫の花色がとても綺麗。名前も覚えやすいですよね!

リハビリ料金のこと、うろ覚えのことをあいまいなまま書いてしまって、
お恥ずかしい限りです。
お調べになったのですね。なんと、リハビリ料金5割増し!?
そうそう、リハビリで現状を保っていらっしゃる方もいるのにどうするのか
といった問題点も書かれていたように思います。
リハビリは継続的に続けていく必要があるケースの方が多いのではないでしょうか。
若い人がちょっと怪我をしただけのような場合なら、ある期間の
リハビリだけで大丈夫でしょうけれど。
日本の福祉面はだんだん冷たくなってきているように思えます。(~_~)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

おーちゃんさんは、この春がこの花との最初の出会いでしたか。
記念すべき2006年の春(^^)
綺麗な色で1輪咲いているだけでも目を引きますよね。
群生している様子はさらに綺麗です。こぼれ種からよく増えるようです。


◆nanbuさん ♪

あ、nanbuさんからもターシャテューダーの名前が。私も一度ほんを見てみなくては!
自然な感じがなかなか素適でしょう?でも、公園ではないんですよ。
近所の方の畑の一角なんです。そこのお婆さんがお花が好きで、
花木や草花を植えていらっしゃる場所。こぼれ種から毎年生えてくるものも多く、
それらが実に自然ないい雰囲気を作り上げていて…。通りかかるたびに
背の低い茶の木の垣根越しに眺めさせていただいています。

井の頭線沿いの土手に?綺麗でしょうねぇ…(想像中 ^_^)

投稿: ポージィ | 2006/04/05 22:23

こんばんは。おひさしぶりです。

「ムラサキハナナ」・・・今日、NHKのローカルニュースで流れていました。(ハナダイコンと紹介しておりましたが)・・・ムラサキや白い花がきれいに画面に映っておりました。・・・そのなかで、アナウンサーが「野生化したダイコン」と紹介しておりましたが??
「野生化」と聞くと、なんかたくましい花を想像してしまうのですがw

投稿: もりかみ | 2006/04/05 22:44

◆もりかみさん、ありがとうございます ♪

お久し振りです。新しい職場はいかがでしょうか?

ほぉ、ニュースで紹介されていましたか。
「野生化」はこぼれ種からあちこちに咲いていますから、まぁ合っていますが、
「ダイコン」と言ってしまっては、語弊が… 誤解招きそうです。
最近は「ムラサキハナナ」の名前がかなり一般的になってきたようですよ。
「ハナダイコン」というのは他にもあるそうで。←私は未確認です。
ひょっとして、ムラサキハナナとダイコンの花が入り乱れて咲いていた?
いやいや、花の大きさが違いますね。
見てみたかったです(^^)

投稿: ポージィ | 2006/04/05 23:07

このムラサキハナナってヤツは、どこに咲いてても違和感ありませんね。
こちらでもあちこちで咲いています。
花時期が長いのもいいですね。
逞しいこの花は、街のなかでも、しっかり自分の位置を確保していると思います。
白花、見つけましたよ~~

投稿: goro's | 2006/04/06 02:58

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんもたくさん群生して咲いている写真、アップしていらっしゃいましたね。
どこにあっても違和感ないのは、主張しすぎない花色のせい?
かなりまとまって咲いていても全然うるさくなくて、春霞のイメージです。
おや、白花を発見されたのですか?私は白いのはまだ一度もお目にかかってません。

投稿: ポージィ | 2006/04/06 10:24

ムラサキハナナ、通称花ダイコン。ダイコン花でも通る。
昨年、生垣の下に咲いたいました。こぼれ種で今年は一本だけ。何年か前は群生してたんですけど増えたり、減ったりしてます。なんともいえない薄紫色、好きです。

投稿: 夢閑人 | 2006/04/06 10:29

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

この花色、夢閑人さんもお好きなのですね。
ほんと、見れば見るほどいい色です。
ガクの濃い紫が引き締め、シベの小さな黄色が、花色を損なわない程度の
ちょうどいいアクセントになっていると思います。
そうですね。増えたり減ったり… でも毎年咲き続けていって欲しいです。

投稿: ポージィ | 2006/04/06 10:35

ポージィさんにかかると写真の中のムラサキハナナが本物よりも綺麗に見えます。
随分前遂に空き地からオオイヌノフグリを2株失敬して庭の片隅に植えました。強いですね。さすがです。すぐついて水をあまりあげなくても、ずっと咲いています。
それで今度はこの花の番と思ったのですが、やはり原っぱなどに咲いているほうがいいですね。

投稿: tona | 2006/04/06 20:42

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

え、実際よりよく見えちゃってますか? アハハ(^^)

オオイヌノフグリをお庭に移植されたんですね。可愛いグランドカバーになりそう。
もともと、手入れなどしてもらえない場所でちゃんと生きている野草は、
やっぱり強いんですね。
私も道端から採ってこようかと思っていたんですが、庭にどうもオオイヌノフグリじゃ
なかろうかと思える草が生えてるんです。まだ5㎝くらいで花も咲いていませんが。
抜かずにもうちょっと様子を見てみようと思います。

ムラサキハナナは草丈がけっこう大きくなりますけど、お庭の隅にでも植えられて
増えすぎるようなら間引きして数と場所を調整していらっしゃれば
大丈夫じゃないでしょうか。

うふ tonaさんのお庭がだんだん野草園化していきそう(^^)
うちはあちこちから飛んできた種で、すでにかなり野草園と化してます。
(実はたんにずぼらで、手入れをしないだけ~)

投稿: ポージィ | 2006/04/06 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/9424822

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキハナナの似合う風景:

« 華やか花桃 | トップページ | アオキの花・雌雄そろい組み »