« ハナミズキの開花 | トップページ | 今年のキランソウ -道端の草花-  »

2006/04/26

ニオイイリス

「ニオイイリス」の花が咲き始めました。
アヤメ類の中で最初に咲くのがシャガで、次がニオイイリスかなと思っています。

「ニオイイリス」は聞きなれない名前ですか?

050416nioiiris_up 060418nioiiris

でも、見たことはあるぞ、とお思いではないでしょうか。
かって実家にも植えられていて、母が「イチハツ」と教えてくれたのを覚えています。
早い次期に咲くことから「一初(いちはつ)」と呼ばれることが多いのだそうですが、
実は「イチハツ」は別物で、こちらの本名は「ニオイイリス」なのです。

本物の「イチハツ」は紫の花がほとんどで、背が低く葉も垂れ下がるのに対し、
「ニオイイリス」は白花が多く、すっくと花茎を伸ばし、葉も剣先のように上を向きで
シルバーグリーンの色合いをしています。

「ニオイイリス」とは根っこに芳香があることから付けられた名前で、
ヨーロッパ(イタリアやフランス?)では香料用としてさかんに栽培されているようです。
皆さんがご使用のフレグランスの香り成分にも含まれているかもしれませんね。
どんな香りなのでしょう…
 
060425nioiiris_murasaki
 
 
 
 ←紫花 
 
 
 ※「ニオイイリス」と言い切っていますが、 
  実を言いますと私は「ニオイイリス」と 
  「ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)」の
  区別がちゃんと付いていません。 
  間違っていたらごめんなさい。
  ただ、両者はかなり近い関係にあるようです。

|

« ハナミズキの開花 | トップページ | 今年のキランソウ -道端の草花-  »

コメント

いずれがあやめ、かきつばた?。しょうぶにアイリス。
花は似てるけど、葉っぱが違うと言う。
植えるところも土か、湿地か水の中、何度教えてもらってもまた忘れる。あーややっこしい。

うちの「アイリス」も大きくなってもうそろそろ花芽が出てきそう。

投稿: 夢閑人 | 2006/04/26 15:09

こんばんは
今朝方2度ほどお訪ねしたのですが、メンテナンス中でした。
ニオイイリスは始めて聞く名前です。
あやめ、しょうぶ、かきつばた、くらいしか知りませんが、
その見分け方も解らず、箱根湿生花園に行きましたときに
あやめ類の見分け方と言う看板を写して来ました。
もう色あせていましたが、花と葉の形と生えている場所
により見分けるそうですが、
外国名になるとますますわかりません。

投稿: あやや | 2006/04/26 19:34

アヤメの仲間は、私にはまだよく区別できません。
ニオイイリスという言葉をはじめて知り勉強になりました。
イリスはアイリスのラテン語だそうですね。
ニオイイリスはもともとジャーマンアイリスの変種だとか、こうなると区別も難しいと感じてしまいます。
いよいよ名前に悩む季節が近づいてきました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/04/26 20:09

ニオイイリスって初めてです。
アイリス・ジャポニカがシャガのことだそうですね。
似ている名前のジャーマンアイリス。イチハツでもなくニオイイリス。なんだかややこしいですね。
下の写真の花はもう先日見ました。
しかし白いニオイイリスは見たことがないような。
これから気をつけて見てみます。
新しいのを教えていただきありがとうございます。

投稿: tona | 2006/04/26 20:09

ポージィさん、こんばんは~

名前を見た時に、花がいい匂いするのかしら?
と思ったら、根っこに芳香があるのですか~
今日もまた へぇ~です^^
どんな香りなんでしょうね?
興味津々です

投稿: glenn | 2006/04/26 21:58

★コメントありがとうございます★


◆夢閑人さん ♪

夢閑人さんのお宅にはアイリスも?
アヤメやらショウブやらの見分け方は、私も何度見てもすぐに忘れてしまいます。
最初から頭が覚えるのを放棄しているのかもしれません(^^;)
区別方法を読んだときは、ほぉ~なるほど~と思うのですけどね…
みんな「きれいだなー」でいいやと、やけっぱちです(笑)


◆あややさん ♪

朝のうち、メンテナンスしていたみたいですね。全然知りませんでした。
あややさん、せっかく書いてくださったコメントが消滅されたのでしょうか。
スミマセンでしたm(_ _)m

実は私もアヤメやショウブなどの見分け方がサッパリわかりません。
見分け方は何度も読んでいるのですが、即行で忘れてしまうのです…
私の脳はてんで覚える気がなさそうで困ったもんです(^^;)


◆横浜のおーちゃんさん ♪

アヤメの仲間、実は私はからしきダメなんです。見分け方は何度読んでも
覚えられませんし、覚えようという気もないみたいです(^^;)
おーちゃんさんは今年辺り、しっかり見分け方をマスターされそうな気がします。

ジャーマンアイリスとニオイイリス、近しい間柄のようですね。
検索で登場するジャーマンアイリスは、もうちょっと華やかに見えたので
今回はニオイイリスの名前の方をとったのですが、我ながら曖昧な判断基準です。


◆tonaさん ♪

シャガのことを「アイリス・ジャポニカ」というのですか。それは知りませんでした。
教えてくださってありがとうございます。ふ~む、アイリス・ジャポニカ…なるほど~(^^)

アヤメの仲間達、ややこしいですね。
今回、私も確信をもって「ニオイイリス」と言えているわけではないのですが、
少なくとも本物の「イチハツ」やアヤメと異なることは確かですね。


◆glennさん ♪

小さいとき毎年当然のように眺めていたこの花の根が、フレグランスの原料に
なっていたなんて、ずーーーっと知らずにいました。
もし知っていたら、庭のを一部掘って嗅いでみましたものを…(^^)
私も興味津々です。
でも、まさかよそ様のを掘ってみるわけにはいかないですものね。(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/04/26 22:29

ニオイイリスというんですか?
私はジャーマンアイリスだとばかり思ってました。
というか、イチハツのほうが、子供の頃から馴染みはありましたが。

少し検索してみましたが、ニオイイリス、イチハツ、ジャーマンアイリス、何が何やら、さっぱりわからなくなってきました。
アヤメ科の花でひとまとめというのも、いかにも乱暴ですよね。
勉強します。

メンテナンスで遅れなかった花水木への記事、再度送っておきます。

投稿: goro's | 2006/04/27 02:08

◆悟郎さん、ありがとうございます ♪

悟郎さんがジャーマンアイリスでアップしていらしたのも、拝見してました。
でも、ニオイイリスとジャーマンアイリスの区別、かなり曖昧なので
黙ってたんです(人が悪い? ^^;)
「イチハツ」だけは別物のようですね。俗称でそう呼ばれていたといったところでしょうか。

私の本音は、アヤメ科でひとくくりにしたいです~~笑

投稿: ポージィ | 2006/04/27 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/9666911

この記事へのトラックバック一覧です: ニオイイリス:

» 一初とテッセン [■お絵かき画像通信■ - Artist image communication -]
狭い庭ですが一初とテッセンが咲き始めました、八十八夜、立夏も過ぎこれからは花盛りですね。 [続きを読む]

受信: 2006/05/10 09:18

« ハナミズキの開花 | トップページ | 今年のキランソウ -道端の草花-  »