« 飛び入りさん | トップページ | まめまめしい花たち »

2006/04/12

花もぱっくり開きます

去年「ノブドウ」の蔓がびっしり絡み付いていたフェンスに、なぜか「アケビ」の蔓が
びっしり絡みついているのを見つけました。
去年はノブドウしか見当たらなかったのにどうしてかしら??

060406akebi2 060404akebi 

左上が蔓に咲いていた「アケビ」。右上はあまりに風に翻弄されて写真が撮れず
とうとう一房失敬してきてしまったものです。
こんなふうに葉と雄花・雌花がひとかたまりのセットになって蔓に付いていました。
小さくたくさんあるのが雄花、大きく1輪だけのが雌花です。
 (画像サイズを小さくしたら色が滲んだような写真に…見づらくてすみません)

060331mitubaakebi 
 
 ←こちらは「ミツバアケビ」です。
 「アケビ」が5枚葉なのに対し、
 3枚葉なので「ミツバアケビ」 
 だそうです。
 「アケビ」より小振りで濃い花色が
 なかなかシックです。
 あるお宅のフェンスに 
 絡ませてありました。

「アケビ」の名前は、熟すと果実がぱっくり開くのを「開実(あけみ)」と呼んだのが
「あけび」に変わったとの説が多いようですが、花の時代も風船のようだった蕾が
咲くと、ぱっくり大きく口を開けたように見えます。

|

« 飛び入りさん | トップページ | まめまめしい花たち »

コメント

アケビの花、うちの近所にも咲いています。
本当は今日の記事にしようと思っていたのですが、ちょっと写真が物足りなくて予定変更しました。
ミツバアケビとは花色も花(特に雄花序)のつき方も違って面白いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/04/12 11:35

ミツバアケビはまだ未見です。
こちらの色はかなり渋めですね。
最近の私、なにやら渋系のものに惹かれつつある今日この頃(笑)
散歩道にあるアケビ、段々と雌花の色が濃くなってきてます。
雌花だけ渋系の色に変わってるのはこれいかに?
それも全部じゃないんですよね。
夫は色が濃くなったものだけに実がなるんじゃないか?
なぁんていい加減な事言ってましたが真相は謎です。
見守りたいけど怖ろしいほどのクズが覆いかぶさってくるでしょうからね
どうなる事やら。。。

投稿: ちょびママ | 2006/04/12 11:54

アケビの花、はじめて拝見しました。
っていうか、アケビの花だとは気付いたことがありません。
こんなにきれいな花なのですね。
色も実を彷彿とさせます。

私の日常の行動範囲内には、あまり花などを見かけませんし、
それらをじっくり見ている余裕もありません。
ああ・・・これではいけませんね。
せめて休日くらいは緑の中に身を置きたいなーと思う私です。

投稿: koko | 2006/04/12 12:49

アケビにも雄花と雌花があるんですか。
普通のアケビは五枚葉で、ミツバアケビは三枚葉。なるほど(メモメモ)
以前住んでいた家のそばにアケビの木があったんです。(当然教えてもらったから知った)
花が咲いていたのは覚えていません。見ていても記憶ないだけですが。でも、実は興味があったので見ていました。確かにパカッと割れると。
なぜ興味があったか。
過去に読んだ推理小説の中に、頭がアケビのように割れていたたとの表現があり、それまでアケビの実を見たことのない私にはこの表現が理解できなかったからでした。
実もパカッなら、花もパカッなのね。

投稿: あまもり | 2006/04/12 14:10

こんにちは。
アケビの花は意外に(?)可愛いですね。
結びつかない感じ。それにしても雄花雌花と別々など
手が込んでいるというか不思議な自然の営みですね。
何かそれでいいことがあるのでしょうね。
他にも多種諸々ありましょうが、知らない事だらけです。

投稿: | 2006/04/12 14:20

★コメントありがとうございます★

◆横浜のおーちゃんさん ♪

まぁ、そうだったんですか。握手しそこないました(^^)
お天気も悪く薄暗いですし、微かな風にもプルプル揺れますし、
満足のいく写真を撮るのはなかなかかもしれません。
なんて、自分がそうだったからってこんなこと言っちゃいけませんね。
きっとおーちゃんさんはご満足のいく写真をお撮りになれます!

ミツバアケビ、葉の形も雄花もアケビとだいぶ違いますね。色もシックです。


◆ちょびママさん ♪

ミツバアケビの色、シックでしょぉ~?
アケビも渋系ですが、この色の濃さはさらに。そうそう、ちょびママさんは
黒に近い濃い色のクリスマスローズも狙っていらっしゃるんですね。
濃い渋系にはまりつつある… チョコレートコスモスはもちろん
黒百合やチョコレート色のヒマワリも大好きになりそうですね。

アケビの花色、だんだん変わってきてます?そこまで見ていませんでした。
咲き終わりってことかもしれませんね。
花の咲き終わりが近づくと色が変化することもよくありますから。

あぁ、葛…新芽を出し始めましたね。うちの隣も近い将来また葛とカメムシの海に(涙)


◆kokoさん ♪

アケビの花、初めてでしたか。見ていただけてよかった。
もうちょっと綺麗な写真でお見せできると良かったのですけどね。
そうですね!この薄紫のぼ~っとした色合いは実の色に繋がります(^^)

kokoさんの住んでいらっしゃるのは市街地なのでは?
公園などもちゃんと手入れが行き届いていて…
そうだと、なかなかこういった植物はないかもしれませんね。


◆あまもりさん ♪

そうなんです。アケビも雄花と雌花が別々。でも株は一つですね。
色々な形態があってややこしいです。(^^;)

アケビは実と比べると花の存在は目立たないかもしれませんね。
私も、あるお宅の玄関アーチにアケビの実がぶら下がっているのを見て初めて、
アケビだったんだ!と気付いたことがあります。花なんて全然気付かなかった。

殴られた頭がアケビのように割れた?凶器は一体なんだったんでしょ。
アケビの実がパカッと割れてるのを実際にご覧になって、その推理小説の場面、
リアリティーを増したでしょうね。
私が読んだことのあるのは石榴のように割れたっていう表現でした~
(私も推理小説好きなもんですから ^^)


◆玲さん ♪

大きな雌花と小さな雄花多数がぶら下がって揺れていて、可愛いです(^^)
植物達も子孫を残すために、あの手この手いろいろな形態に進化してきた
ようですね。一つの花の中にオシベもメシベも入っているもの、
雄花と雌花が別々に咲くもの、株が雄と雌に分かれているもの…
いろいろあってややこしいです(^^;)
そうやっていろいろな形態を持つようになったというの、面白いですね。
私もまだまだ知らないことだらけです。

投稿: ポージィ | 2006/04/12 18:43

ポージィさん、こんばんは。
アケビ・ミツバアケビ、初めて見ました。
アケビの淡いピンクがステキです。
ポージィさんは淡い色がお似合いのような気がします。

お誕生日を教えてくださいますか。
私は11/25です。ヨロシクです。

投稿: 未歩 | 2006/04/12 19:22

◆未歩さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
アケビの花、私は去年が初めての出会いでした。ミツバアケビは今年が初めて。
ブログを始めてから、キョロキョロしながら歩くようになったおかげですね(^^;)
アケビのピンクはパープル系で、落ち着いた雰囲気。
この写真はいまいちで、ほんとうは実物を見せてさしあげたいです。

私には…そうですね。濃い色はっきりした色より、淡い色の方が似合うようです。
好みの色も淡い色が好きで、特にグラデーションが入っているとめろめろになって
しまうものですから、ちょびママさんとgoro'sの悟郎さんは、
そういう色合いをポージィカラーと呼んで下さってます(^^)
お二人には私の好みをすっかり読まれてますね。

私の誕生日は5/21です。未歩さんと約半年違いですね。

投稿: ポージィ | 2006/04/12 21:22

ご無沙汰しております・・ようやくブログ復帰できました・・又よろしくお願いします。

投稿: | 2006/04/12 21:42

ポージィさん、勘違い勘違い。
小説は、ザクロです、ザクロ。
近所にあった木もザクロです。
う~ハズカシイ。穴はどこ?

投稿: あまもり | 2006/04/13 00:34

その節は大変お世話になりました。
アケビの花を見るたびに、気を引き締めております(笑)。
涼やか揺れる姿があるからこそ可愛いんですが、それがまた曲者だったりとね。

ミツバアケビ、未見です。
出会えるかどうか…難しそうです。

ウーーン…TBさせて下さいね。

投稿: goro's | 2006/04/13 02:57

 ここにも、アケビの花が…。
アケビの花って、案外見つけやすいものなのですか?
私は、食べるのは好きなのですが、花を見たことがありません。
花が咲くことも、去年、他の方のブログで初めて知った次第です。
一度見てみたいです。

投稿: Hiromi | 2006/04/13 08:43

★コメントありがとうございます★

お返事遅くなってすみませんでした。

◆風さん ♪

ご無沙汰しています。充電おできになりましたか?
また、ほ~っと溜息つかせていただきに伺います(^^)


◆あまもりさん ♪

ウホホ(^o^)なぁ~んだ、石榴だったんですか?
その作者、石榴じゃ飽き足らなくてアケビにしたのかなって思ってました。
いやほんと「アケビのようにぱっくり割れていた」って表現が
あってもおかしくないですよ。

あまもりさん、あまもりさん、穴になんか入らないでくださいな。


◆悟郎さん ♪

いえいえどういたしまして。お互い様です。
私も間違えていたらご指摘くださいね。

ミツバアケビ、私の狭い行動範囲で2ヶ所見つけました。
どちらも一戸建てのお宅で、片やフェンスに、片や門のアーチに絡ませてありました。
シックな色の花がおしゃれ感を醸しだしているからでしょうか。
悟郎さんもひょいと発見されるかもしれませんね。

あ、TBしてくださったのですね。ありがとうございます。


◆Hiromiさん、ありがとうございます ♪

アケビ… どうでしょう。私は去年生まれて初めて見たんですけど。
今年は野生のアケビをたくさん見かけます。アケビにとっての当たり年なのかしら?
どこかで実物をご覧になれるといいですね!

実は食べたことありません~
好きな方はとても好きみたいですね。イチジクが苦手な私には無理かも(^^;)

投稿: ポージィ | 2006/04/13 13:49

アケビの花は結構小さいと思っていたのですが、
写真を拝見すると葉の割合には大きいですね。
雄花と雌花が一緒に咲いているのですね。
気がつきませんでした。

ミツバアケビは初めてです。
葉がなるほど違っていますね。

もう久しくアケビを食べていません。

投稿: tona | 2006/04/13 16:22

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

多少大小がありますが、私が見たものは咲いた状態で、
雌花が直径2cmくらい・雄花が直径1cmくらいが多かったです。
ミツバアケビの雄花はもっと小さかったです。
ミツバアケビの葉ももうちょっとちゃんと写してくればよかったのですけれどね…

アケビの実、お好きですか?私は食べたことないんです。
イチジクの実が苦手なので、アケビも苦手かなーと思っています。

投稿: ポージィ | 2006/04/13 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/9471521

この記事へのトラックバック一覧です: 花もぱっくり開きます:

» つる、ツル・・・蔓 [goro's Diary]
ここでは蔓性の植物の花たちをお見せします。         雌花                     雄花 「アケビ・通草・木通」アケビ科です。 同じ株に、雄花と雌花があります。 なんとも涼やかな花ですよ。実からのイメージでは、こんな花が咲くとは・・・つながりませんね。色はあってましたね。     同じアケビ科の「ムベ・... [続きを読む]

受信: 2006/04/13 02:59

« 飛び入りさん | トップページ | まめまめしい花たち »