« たんぽぽ似?ノゲシ -道端の草花- | トップページ | ハハコグサ(母の愛?) -道端の草花- »

2006/05/11

リラの思い出

この春、おなじみ近くの造園屋さんのストック場に、「リラ(ライラック)」の苗木が
登場しました。そうと気付いたのは、4月に入ってからたくさんの蕾を付けた木を
見つけてからのこと。 4月下旬になって一斉に咲き始めていました。
何年ぶりかで間近で見るリラの花は、やはり素適でした…
リラの花にはちょっとした、小さな思い出があるのです。
 
060425lilac1 060425lilac2 
 (4/25 撮影)

私がリラの花をちゃんと知ったのは、確か高校生の頃だったと思います。
母が欲しがって庭に植えたのです。
それまでにも、多分小説や漫画の中に登場したリラあるいはライラックという
名前は目にしていた覚えがありますが、庭に登場し自分の目で見たことで
いっぺんに好きになりました。
優しい紫味を帯びたピンクの小花、ほのかな甘い香り…ハート形の葉も可愛い…

今そのリラがどうなったのか分かりませんが、もしかしたら人知れず毎年花を
咲かせてくれているかもしれません。
どうということのない思い出ですが、私にとっては大切な思い出のひとつです。 
 
「リラ」は「ライラック」のフランス語読みです。
昨日通りかかったら、花はもうすっかり終わっていました。

|

« たんぽぽ似?ノゲシ -道端の草花- | トップページ | ハハコグサ(母の愛?) -道端の草花- »

コメント

ライラックをフランス語読みでリラというなんてお洒落~。
漫画や小説から花の名前を知るというのはよくありますよね。
私の場合、名前だけで形は想像するのみが多かったですが。
思い出のリラ、人知れず毎年咲かせているかも・・・
う~ん、小説を地でいくポージィさんの話、グン(ジンじゃない)ときます。
人知れずと言えば、ゴミ溜めの桃、小さな実を付けていたのを今朝発見。

投稿: あまもり | 2006/05/11 11:40

ライラックの花を見てお母様を思い出すポージィさんの気持ち。
心にしみました。そういうこと、ありますよね。

ライラックは私も大好きです。
こちらでは今咲いています。
庭が持てたら真っ先に植えたい木です。
鉢植えでも育てられるものでしょうか?

投稿: koko | 2006/05/11 12:06

「リラ(ライラック)」の名前、私もマンガで覚えました。(意外と同じマンガ読んでたりして。)
以前、友達から庭の切り花を分けてもらった事があるのですが、全然水を吸ってくれなくて、すぐにシオシオになってしまいました。水揚げするいい方法、ご存知でしたら教えて下さい。(今は我が家にもライラックの木がありますが、こちらももう花は終わりですけど。)

投稿: LiLA妻 | 2006/05/11 12:27

ライラックといいますと、札幌を思い出し、
リラと言いますと、子供のころ近所に住んでいた
ステキな女の子を思い出します。
リラちゃん今どうしているかな?
当時ではしゃれた名前にあこがれました。
きっとこのお花のように、優しいステキな女性に
なってるだろうな

投稿: あやや | 2006/05/11 12:58

リラの花は、ポージィさんにとって思い出のある花なんですね。
紫味を帯びたピンクをリラ色とかって言いますけど、まじまじと見たのは初めてかもです。
花の付け根が細長くて、金木犀みたいに十字になってたり、五枚に分かれてたり。
優しいニュアンスのある花で、ポージィさんやお母さまがお好きだったというのも分かるような気がしました。(^^)

投稿: nanbu | 2006/05/11 15:04

リラの花というと、50年以上前の子供のころラジオで聞いた歌謡曲に出てきたものです。どんな花かは知らず、名前だけ覚えました。
うちの近所のライラックも終わっていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2006/05/11 20:11

こちらもライラック、終わりました。
画像の花、とってもいい色~♪(これもポージィカラーですよね)
お母様、リラの花に何かしら思い入れがあったんですかね?
今、ポージィさんがお庭にひとつだけ何かを植えていいって言われると何植えますか?
私はユリノキを植えたいけど、夫に、家より立派になる木を植えてどうするって叱られそうです(笑)

投稿: ちょびママ | 2006/05/11 21:23

今晩は。
ポージィさんらしい思い出一こまですね。
名前もロマンチックに聞こえるし歌や小説など随筆など、
出てきますので、想像だけは逞しく、
しかし自分の庭にないと良く見ていないです、
色もお花の形も名前の通りステキですね。
少女の頃のあの気持ちが甦るようです。

投稿: | 2006/05/11 21:26

★コメントありがとうございます★


◆あまもりさん ♪

漫画や小説から花の名前を覚えても、私も想像するだけがほとんどでしたよ(^^)
漫画は「絵」付きで、なぁんとなく雰囲気はわかりましたしね。

あはは、そんな小説になるような思い出話じゃないですよ~
漫画にしても4コマで終わっちゃうほど些細な思い出です。
でも、咲いていてくれたらいいな。

ゴミ溜めで美しく咲いた桃、実を付けてましたか!
わーい、食べられるまでに育つか楽しみですね。袋をかけたり消毒したり
しなくちゃだめかしら?


◆kokoさん ♪

子供の頃はまるで意識していなかったのですが、30代半ばを過ぎてからの
自分の花への関心の高まりのベースには、母の影響があったんだなぁと、
今になって感じます。実はライラック以外にも色んな花が結びついてます(^^)

kokoさんもライラックをお好きなんですね!
鉢植えもできるようですよ。ただ、根が張るので2年おきくらいに植え替えが
必要らしいです。なんと、姫ライラックという、1mくらいにしかならない
品種があるんですって!コチラ↓に出てました。一例として
http://herb.hanagokoro.co.jp/t_talk.nsf/d33b2052a7648b5d4925684e000b998f/63184fcc5aa67d694925715d000f416a?OpenDocument


◆LiLA妻さん ♪

あらっ、マンガで覚えられたご記憶が?同じマンガだったらなんか楽しい~
と思いましたが、年齢差があるからどうでしょう(^^;)

ライラックは切り花にすると、すぐ水が下がっちゃって、しかもなかなか
吸い上げてくれないと聞きます。切り花で売られているのを見ても、
私は恐れをなして買ったことないです~。
そんな繊細で頑固な(?)ライラックの水揚げ方法、色々あるみたいですよ。
切り口を叩き潰して(接水面積を多くする)アルコールや酢に浸ける。
(アルコールや酢の効能に付いては聞かないでくださいまし…)
いったん水切りをした後、切り口を10秒くらい熱湯に浸け、素早く深水に浸け
1~2時間おく、などがあるようです。
でも、そこまでしなくても木に咲いているのをそのまま愛でるのが
いちばんかもしれませんね。


◆あややさん ♪

「ライラック」にも「リラ」にも思い出がおありなんですね。
「ライラック」は札幌の市の花でしたっけ?たくさんのライラックが、
咲き競う様子はさぞかし素適でしょうね。

なんと、かってリラちゃんという名前のお友達がいらしたんですか。
素適な可愛い名前(^^)ご両親がリラの花が好きで付けられたのかも
しれませんね。きっと花と同じく素適な女性になられたことでしょう。


◆nanbuさん ♪

リラ色…そんな色の呼び方、ありましたね。素適な色(^^)

まじまじとご覧になるの初めてですか?同じモクセイ科だけあって、
金木犀などと花の形がよく似ていますよね。花の先が5枚に分かれているものは
幸運を呼ぶといって喜ばれるとか… あっ、この写真にも5枚のものが!
撮るときに気付かなかったから効能なしかなぁ(^^;)
えへ、優しい風情の花、私好みとお見通しですね。


◆横浜のおーちゃんさん ♪

お子さん時代に、歌で覚えられたんですか。その「リラ」と実際の花が
結びついたとき、どんなお気持ちでしたか?
感動で胸が震えたり、語感に違わない花だと思われたりしたでしょうか(^^)

もう少し長く咲いていて欲しい花ですが、すっかり終わってしまいましたね


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

松山でもやっぱり終わっちゃってますね。仙台では今盛りだそうです。
そのうち海を越えて、札幌でライラック祭りが開かれるのでしょう。

ムフ(^^) はい、これもポージィカラーです。
母が色々な草花や花木を、どういう思いで選んでいたのかは知る機会が
なかったんですよ。私がもっと早く植物に目覚めていたらねぇ…残念。

え~1本だけ植えてもいいと言われたら?究極の選択ですね。
実は何年か前、考えに考え迷った末、狭い庭にナツツバキを植えました。
彼女(かってに女性にしてます)も大好きな大切な木ですが、
今さらに1本と究極の選択を迫られたら…、ライラックも有力候補でしょうね。
… … あ~ん、とても数分じゃ決められません~っ。
ちょびママさんはユリノキ?すくすくと育ったら60mにもなるんでしょう?
そいつぁ、広大な庭じゃないとちと無理かもしれませんよ。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

またもや思い出話をご披露してしまいました(^^;)
植物にまつわる思い出話は、私の場合90%が母に関係するような気がします

リラ、ライラック、 ほんとにどちらの響きもロマンチックなら
姿形も色もロマンを誘います。
だからこそ作家さんたちにも多く取り上げられているのかもしれませんね。

私も久し振りにリラの花を間近で見て、しばし少女の頃に立ち返りました。 

投稿: ポージィ | 2006/05/11 22:28

リラの花、そしてポージィさんの思い出、とても素敵なお話ですね。
花にまつわる思い出などがあると、
余計その花がいとおしくなるのでしょうね。高校生の時といえば、
多感な青春時代。なんとなく、ポージィさんの可愛い高校生姿を連想したりして、
一寸ロマチックな気分になりました。

投稿: 茂彦 | 2006/05/11 22:45

ポージィさん こんばんは

ライラックは鉢植えで育てたことがあります
花が咲いたのは一回だけ
今では、接木した元の木のほうが元気で大きくなっています
ライラックはいつのまにか消えてしまいました

ポージィさんはリラ派ですか?
どちらの呼び方も素敵ですよね

投稿: glenn | 2006/05/11 22:49

 こんばんは。
 4月から職場が変わって・・・今まで「田畑」の間を縫っての通勤から一変・・・「街中住宅地」を走って通っております。
 おかげで見る風景も、なんだか味気ないものばかりだったのですが・・・4月に(桜以外で)唯一見かけたのがこの「ライラック」・・・中学校の門の横、街路樹として咲いておりました。
 しかも「ムラサキっぽい花」やら「ピンク」「白」となかなかカラフル・・・近くに車を止めるところがあれば写真撮ったのですがねぇ。
 しかし、街路樹に「ライラック」なんて・・・なかなかハイカラな中学校だなぁと思うのでしたw

投稿: もりかみ | 2006/05/11 23:04

私もリラという名前から入りました。
その繊細な響きに、どれだけ憧れたことか…
初めて実物に出会ったときは、感動しました。
イメージ通りの花でしたから。
ライラックという名前にも、この頃は違和感なくなってきてます。
ただ今年は、あまり大きな木には会えずじまいでした。

お母さまのお庭のリラの木、今年の花を咲かせ終わり、若葉たちは来年の春に向かって、たくさん栄養補給してると思いますよ。

投稿: goro's | 2006/05/12 01:58

★コメントありがとうございます★

みなさん、お返事が遅くなってごめんなさい。

◆茂彦さん ♪

母は、病気でかなわなくならなかったらガーデナーのはしりになって、
私もさらに影響を受けたかもしれないな、などと思います。(^^)

キャッ高校生時代の私、どんな姿をご想像くださったのでしょう?
黒地に白襟のセーラー服に、卒業の頃は長い髪を垂らし、黒ストッキングに
黒革の通学靴を履いて、川沿いの道を徒歩で通学していました。
な~んて書くと、なんだかロマンチックな香り。実際は田舎の垢抜けない
高校生でした(*^^*)


◆glennさん ♪

こんばんは!
ライラックはたいてい接木の苗なんだそうですね。(なんでかしら?)
ちょっと検索してみたら、鉢植えだと花が咲きにくいとか、根がはるので
大きな鉢に植え替える必要あり、台木から出た芽は摘み取り、台木の勢いが
強くなってライラックを凌駕しないようにする、などが載ってました。
glennさんのライラックは、台木に負けちゃったんですね。残念。

はい、私は最初に「リラ」で覚えたせいかそっちの方が好きです。
どちらも響きがいいですけれどね(^^)


◆もりかみさん ♪

こんばんは。
通勤途中に○○を見かけて…という記事たくさんありましたよね。
4月からは通勤路が街中に変わってしまったのですか。
走りながら目の端に映る光景だけでも四季の移ろいがはっきり感じられた
楽しみがなくなってしまわれた?それはちょっと残念~~。
でも、学校のライラック並木を発見できたのはラッキーでしたね。
なんかおしゃれな校風を感じます。うちの近くの中学の校庭と道路の境に
ずらりと植えられた木はサンゴジュです。ちょっと野暮ったいかも(^^;)


◆悟郎さん ♪

悟郎さんも最初は「リラ」だったのですね。 リラ…繊細な響き…ええ確かに
ロマンチスト悟郎さんは「リラ」の響きから正確にイメージを広げて
いらしたのですねぇ。
母のリラの木にも花を咲かせてくださってありがとうございます(*^^*)

リラの木って、育つとどのくらいの大きさになるのでしょうか。
5~6m? 2~3m位でいてくれたほうが花が楽しみやすそうですね。 

投稿: ポージィ | 2006/05/12 22:18

お久しぶりでございます。

リラの思い出といえば、10年以上前に聞いた光ゲンジの「リラの咲く頃バルセロナへ」です。

全然花関係でなくなんなのですが、当時このタイトルを聞いてバルセロナよりリラって何? と気になり花の名と知った次第。

でもコレ光ゲンジの人気が落ち目頃のバルセロナオリンピック当てつけソングなので、誰も知らなくて正解、かく言う私も全然ファンではないけどテレビで曲名を聞いて気になっただけ。

写真を見て自分が薄ピンク-薄紫が好きだと判明、確かに藤とかも好み。

投稿: くさなぎ | 2006/05/14 17:48

◆くさなぎさん、こんばんは ♪

コメントありがとうございます。お久し振りです~(^^)

「リラの咲く頃バルセロナへ」←『う…知らない』と思いましたが、
そもそも歌に非常に疎い私は、光ゲンジの歌はほとんど知らないんでした(-_-;)
くさなぎさんは、この歌から「リラ」をお知りになったんですか。
「リラ」に疑問を持たれたことで、花の名前も光ゲンジの曲名も
しっかりインプットされましたねー。

薄ピンクや薄紫の色がお好きですか?優しくていい色ですネ。
花の色の好み、共通点ありです(^^)

投稿: ポージィ | 2006/05/14 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/9864267

この記事へのトラックバック一覧です: リラの思い出:

« たんぽぽ似?ノゲシ -道端の草花- | トップページ | ハハコグサ(母の愛?) -道端の草花- »